2015年05月10日

NHKマイルC&新潟大賞典&京都新聞杯結果

レンイングランドの逃げをアルビアーノが追いかけず、スローな流れになったNHKマイルC。
直線に向くと、その流れを味方にしてアルビアーノが抜け出して行く。ピンクカメオ以来、久々に牝馬がこのレースを制するのかと思ったが、その後ろに付けていたクラリティスカイが追い出しを始めると、アルビアーノを上回る脚色で追い上げてくる。
残り100mでアルビアーノを捕らえてもその脚色は変わらず。後続の追い上げも届かず、見事にマイルに戻ってG1制覇を決めた。いちょうSで見せた強い競馬をここでも再現。良馬場のマイルならやはり強かった。
2着にはアルビアーノ。展開が向いたとはいえ、これだけ強いとは思っていなかった。
3着には後方から追い込んだミュゼスルタン。展開に泣いたと言えるかもしれないが、それでもペースが早かったらクラリティスカイを捕らえられたかというと怪しいところ。
他に、内からグランシルク、外からヤングマンパワーやフミノムーンも追い込んできてはいたが、ミュゼスルタンと比べると末脚の違いは明らかで、最後にはミュゼスルタンに置いて行かれてしまった。
そんな中、後方からすごい脚で追い込んで来たのはアヴニールマルシェ。勝負どころの仕掛けも遅かったし反応も良くなかったが最後は4着にまで突っ込んできた。もしダービーに出れ来ればどうなるだろうかという期待は少しある。
アルマワイオリやヤマカツエースは、スローペースでかかってしまい大敗したが、そもそもグランシルクでも5着で、ニュージーランドT組のレベルが低かったということだろう。

4枠7番クラリティスカイ横山典57
1:33.5
5枠9番アルビアーノ柴山55
1:33.7
6枠12番ミュゼスルタン柴田善57
1:33.7
1枠1番アヴニールマルシェ北村宏57
1:33.9
1枠2番グランシルク戸崎57
1:33.9
7枠14番ヤングマンパワー松岡57
1:33.9
7枠15番フミノムーン57
1:34.1
8枠17番ニシノラッシュ田辺57
1:34.1
5枠10番アルマワイオリ勝浦57
1:34.2
7枠13番コスモナインボール柴田大57
1:34.3
8枠16番ダノンメジャー武豊57
1:34.4
2枠4番グァンチャーレ蛯名57
1:34.4
6枠11番ヤマカツエース池添57
1:34.5
2枠3番クールホタルビ吉田豊55
1:34.8
4枠8番ナイトフォックス田中勝57
1:35.0
3枠6番レンイングランド内田57
1:35.1
8枠18番マテンロウハピネス浜中57
1:35.4
3枠5番タガノアザガル松田57
1:35.5

結果:ワイド780円的中 +280円


スピリッツミノルがいつも通り先手を取って逃げるも直線で失速。その後ろ、好位に付けていたダノンリバティとサトノラーゼンが直線に入って追い出しを始めるも、ダノンリバティはいまひとつ伸びきれず、サトノラーゼンのほうが抜け出して行く。
そこに外から追い上げてきたのはポルトドートウィユ、アルバートドック、トーセンバジルの人気馬。
それでもサトノラーゼンはそのまま脚色衰えず、後続の追撃を振り切り重賞制覇でダービーへの出走権を手に入れた。
2着争いは大接戦だったが、クビの上げ下げを制したポルトドートウィユ。こちらもなんとか賞金を加算し、ダービーには出られそうか。
3着にアルバートドック。
ダノンリバティは5着。距離が少し長いかもしれないし、ローテーションも厳しかったうえ、ハイペースのレースで積極的な仕掛けと、今回は全く流れが向かなかった。
前走青葉賞2、3着馬に迫ったスワーヴジョージは今回は先行策をとったがそれが裏目に出たか、ペースも早く11着と大敗。東京でいい脚を使っていたのでここで結果を残せるようならダービーで少し気になる馬だったが、そこまで強い馬でもなかったか。

2枠4番サトノラーゼン川田56
2:11.3
1枠2番ポルトドートウィユ武豊56
2:11.4
8枠15番アルバートドック藤岡康56
2:11.4
2枠3番トーセンバジル岩田56
2:11.4
1枠1番ダノンリバティ浜中56
2:11.5
5枠9番スピリッツミノル酒井56
2:11.7
6枠11番レントラー北村友56
2:11.9
6枠12番シュヴァルグラン内田56
2:11.9
3枠6番シャッターチャンス小牧56
2:12.4
7枠14番ジェネラルゴジップ56
2:12.6
5枠10番スワーヴジョージ池添56
2:12.6
4枠7番リベレーター秋山 太宰56
2:12.6
4枠8番タイセイアプローズ松山56
2:12.8
7枠13番ゼンノブレーメン和田56
2:13.8
8枠16番ロードクロムウェル福永56
2:14.1
3枠5番ネオアトラクション武幸56
2:14.5

結果:-600円


予想通りのスローの上がり勝負となった新潟大賞典で、人気のデウスウルト先行して展開の利があるかと思ったが、前に行ったせいで逆に脚が溜まらなかったのか、直線の早い段階でもう手ごたえが怪しくなり13着と大敗。
レースは逃げたアーデントがしぶとく直線で粘るところに、好位のパッションダンスが追いかけるが切れる脚がない分なかなか前を捕らえられない。するとそこで外から先頭に立ったのはまさかのナカヤマナイト。2年以上馬券にも絡んでいなかったこの馬が復活勝利かという手ごたえで単独先頭に。
しかし、そこに一気に追い込んで来たのは末脚の破壊力で一枚上のダコール。今日は道中は中団待機。直線でも追い出しを我慢して、最後の最後に一気に末脚を伸ばすと、一気に突き抜けての完勝。36戦して掲示板を外したのはわずか4戦という善戦マンが、待望の重賞初勝利を決めた。
2着にナカヤマナイト。この馬は中山のような小回りコースが得意なのかと思っていたがもしかするとそういうわけではないのか。共同通信杯も勝っているし、東京の皐月賞も5着。雨で強いことは間違いないが、小回りの中山で一瞬の脚で抜け出すような競馬よりは、新潟や東京のような直線の長いコースでしぶとく脚を使うレースのほうが合っているのかもしれない。
3着にはアルフレード。距離が長いかと思っていたが2000mでも最後はきっちり追い込んで来た。
ラングレーは5着。直線で外に持ち出そうとしたのはいいが、そのせいでかなり外にまで行くことになり、そのロスが大きかったのではないだろうか。

1着:ダコール
2着:ナカヤマナイト
3着:アルフレード

4着:アーデント
5着:ラングレー ▲
結果:-500円
posted by ナイト at 20:31| Comment(2) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです!!
マイルカップはワイド的中、おめでとうございます!!
ミュゼの扱いがお見事でしたね~。
自分は相談役のどこからくるのか、あの自信に根負けしちゃいましたよ…。
グァンチャ-レも迷ったんですが、ナイトさんが書いていたように状態がよくないらしいを信じていればよかったです。
まさかのアルビアーノで当分立ち直れそうにありません(T_T)笑
密かに裏予想も毎週チェックしていますよ~。
レース回顧のつぶやきが面白すぎです!!
Posted by しげっぴ at 2015年05月10日 22:14
こんばんは。

結局終わってみれば2、3、4番人気が上位を占める本命決着。しげっぴさんの予想通りの形でお見事・・・と思いましたが。アルビアーノは僕も押さえられませんでした。
そういえば去年もNHKマイル、ヴィクトリアマイルと2週連続同じマイル戦で、どちらも逃げ切り勝ちだったんですよね。この時期の東京は前が残ることを覚えておかなければダメだったということでしょうか・・・。

裏予想のレース回顧ですが、レース後に一言のスタイルは、実はしげっぴさんの毎週のレース回顧の方法をパクらせてもらったものなんですよ。去年はしてませんでしたが、今年から取り入れてみました。
Posted by ナイト at 2015年05月11日 01:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください