2015年10月18日

秋華賞&府中牝馬S&東京HJ結果

ノットフォーマルが飛ばして逃げて、ローズSに続いて早いペースでレースが流れる。
それを予期していなかったか、スタートを決めたミッキークイーンは今日は中団につけて内に入れて、いつもより前の位置でレースをする。今回は前走と違ってハイペースに泣くのではないか。そう思ったのも4コーナーまで。直線に向くと外からいつも通りの末脚を発揮。後方待機の直線勝負に懸けたクイーンズリングが追い上げるものの、最後までミッキークイーンを捕らえることはできなかった。
結局、大外枠も問題なく、あっさりとミッキークイーンが2冠達成。エリザベス女王杯も距離が延びて外回りになるのはおそらくプラス材料。今度もいい勝負ができるだろう。
クイーンズリングは前走先行策で持ち味が出せず、今回は直線勝負に懸けたが、それが良かったのだろう。ただ、ミッキークイーンとの力の差は感じた。
3着にはマキシマムドパリ。前走も阪神の2200mを勝っているように長距離向きのスタミナのある馬。ハイペースの今回のような消耗戦はこの馬向きの流れだったのだろう。好位から上手く立ち回って、早めに動いてしぶとく3着に粘った。
アンドリエッテは今日は内回りということでいつもより早めに仕掛けていったが、それでも4着止まり。長く脚を使うタイプなのでゆっくり構えていては届かないし、内回りの今回はこの馬向きではなかったと思うが、4着は上出来だろう。間違いなく愛知杯で狙いたい馬。
同じように外からしぶとく追い込んだアースライズが5着。切れる脚はないので、マキシマムドパリ同様今回のような消耗戦は合っていたはず。マキシマムドパリと枠順が逆なら結果も逆になっていたのではないだろうか。
タッチングスピーチは前走のような強烈な末脚が見られず。最後は追い込んでは来ていたが、この京都内回り2000mで最後方からのレースでは通用しなかった。
トーセンビクトリーも見せ場なし。とはいっても、この血統特有の一瞬の切れる脚は前走と同じように使っている。重賞で狙うとなると今後は中山牝馬Sあたりではないだろうか。
キャットコインは結局馬体重が輸送で減ったのか、428キロと全然戻っていなかった。次はどこに出て来るのか知らないが、エリザベス女王杯なら全くいらない。そこをパスして、馬体重を戻して調整して年末のターコイズSに出てくれば全力で狙う。
レッツゴードンキは距離も長いし、展開も向かなかったし散々な結果だった。だいたい前走が好きなだけ行かせての4着というのは、逆に控える競馬をしていれば折り合いがつかずもっと悪い結果になっていただろうというのは容易に想像できること。そんな馬が距離延長でいい結果が出るとは思えない。

8枠18番ミッキークイーン浜中55
1:56.9
5枠9番クイーンズリングデムーロ55×
1:56.9
3枠6番マキシマムドパリ55
1:57.1
6枠12番アンドリエッテ川田55
1:57.2
8枠17番アースライズ川須55×
1:57.2
6枠11番タッチングスピーチルメール55
1:57.2
7枠13番アスカビレン池添55
1:57.2
4枠7番トーセンビクトリー武豊55
1:57.4
1枠2番クインズミラーグロ吉田豊55
1:57.6
3枠5番シングウィズジョイ内田55
1:57.7
4枠8番ホワイトエレガンス丸田55
1:57.8
2枠3番ディープジュエリー柴山55
1:57.8
2枠4番ディアマイダーリン福永55
1:57.9
1枠1番ココロノアイ横山典55
1:58.0
8枠16番ノットフォーマル55
1:58.2
7枠14番キャットコイン柴田善55×
1:58.4
5枠10番レッツゴードンキ岩田55
1:59.8
7枠15番テンダリーヴォイス松山55
2:00.9

結果:ワイド1170円的中 +570円


ケイアイエレガントが逃げて、ミナレットが続く。しかしこの2頭の脚色が鈍り、直線に入ったところではフレイムコードが抜け出し、その外からリメインサイレントが交わして行こうかという、とんでもない大波乱が起きそうな展開に。しかし、雨上がりの稍重の府中は、外差ししか決まらないような馬場状態になっており、この2頭も最後は外の馬にやられてしまった。
そうはいっても、まさかその外の馬というのがノボリディアーナとは予想できない。ノボリディアーナがここで控えて差す競馬をして、しかもそれが成功するとは全く思わなかった。確かに牡馬相手でも1800mならなかなかの結果を残していたので軽視し過ぎたとは言えるが、それにしても見事な差し切りの重賞初勝利だった。
2着には中団から伸びたスマートレイアー。ここにきて自在性が出てきたのは強みになる。今回は外差し馬場で内枠を引いてしまった枠の差の敗戦だろう。
3着はカフェブリリアント。時計のかかる馬場は合っているだろうから、あとは距離が不安というところだったが、1800mも問題なし。終わってみれば、ルメール、デムーロ、岩田という決着。こういう時こそ騎手で買うというのは正解なのかもしれない。
レッドリヴェールは直線で外の馬に寄られて完全に行き場をなくしての15着。次の巻き返しを期待したいところではあるが、エリザベス女王杯は距離が長いだろうし、マイルCSでは力不足。狙うとしても阪神Cあたりになるだろうか。

8枠15番ノボリディアーナルメール54
1:46.3
2枠4番スマートレイアーデムーロ54
1:46.5
8枠17番カフェブリリアント岩田55
1:46.5
3枠6番フレイムコード菱田54
1:46.5
4枠8番リメインサイレント柴山54
1:46.5
7枠14番トーセンソレイユ内田54
1:46.7
6枠12番スイートサルサ田中勝54
1:46.7
8枠16番カレンケカリーナ津村54
1:46.7
1枠1番ケイアイエレガント吉田豊54
1:46.7
5枠9番ゴールデンナンバー秋山54
1:46.8
3枠5番ケイティバローズ石橋脩54
1:46.9
1枠2番シャトーブランシュ藤岡康54
1:47.1
6枠11番パワースポット大野54
1:47.1
4枠7番メイショウマンボ武幸55
1:47.4
2枠3番レッドリヴェール戸崎54
1:47.4
7枠13番イリュミナンス横山典54
1:47.5
5枠10番ミナレット江田照54
1:48.6

結果:-400円


スタートから軽快に逃げたサナシオン。誰も捕まえに来ない楽逃げだったとはいえ、結局エーシンホワイティ、オースミムーン、サンレイデュークの実力馬を最後まで寄せ付けない一人旅。4連勝で強豪揃いのこの東京HJを制し、一躍障害界のトップに上り詰めたと言っても過言ではないだろう。
エーシンホワイティは今日はそれほど前を追いかけず、折り合いもついていた。それでも最後は前を捕らえられなかったのだから、勝ち馬が強かったというべきだろう。
サンレイデュークは後方待機から直線入り口では一気に前の集団に追い付いてきたが、最後の最後で伸びを欠いて、前を捕らえきれなかった。
アポロマーベリックは中山大障害が本番とはいえ、見せ場がなさすぎる内容。圧倒的な強さを見せていたころの調子には戻っていないのだろう。

7枠9番サナシオン西谷60
3:25.8
6枠7番エーシンホワイティ北沢60
3:26.2
1枠1番オースミムーン高田61
3:26.6
3枠3番サンレイデューク難波61
3:26.8
2枠2番スマートリバティー熊沢60
3:27.7
5枠5番マイネルアダマス石神60
3:28.7
8枠10番アシュヴィン60
3:29.0
8枠11番アポロマーベリック五十嵐62×
3:29.6
4枠4番マックスロノ金子60
3:32.2
7枠8番クリノテンペスタ大江原60
3:32.4
6枠6番ティリアンパープル山本58
中止

結果:ワイド490円的中 -10円
posted by ナイト at 19:03| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください