2015年11月01日

天皇賞秋&スワンS&アルテミスS結果

エイシンヒカリが無理に押して逃げるそぶりも見せず、クラレントに先頭を譲るというまさかまさかの展開でレースはスローペース。こうなるとエイシンヒカリが残るかと思ったが、意外にもあっさり直線で失速。やはり距離が長かったのだろうか。
そのエイシンヒカリを交わして早々と先頭に立ったのは、好位で折り合いを欠き気味にレースを進めていたラブリーデイ。しかし、折り合いの不安もなんのその。結局長い東京の直線をそのまま押し切る圧倒的な強さを見せた。重賞4連勝、今年重賞6勝目という破格の強さで1番人気に応えて見せた。
2着争いは外から追い込んで来た馬の争いに。
早めに抜け出してきたイスラボニータは最後が甘くなったが、それでも3着を死守。
2着に突っ込んできたのはステファノス。人気薄の戸崎。ここが狙い目だったか。そして、富士S勝ちに騙されていたが、香港で2着の実績からして、2000mという距離は実はベストの条件だったのではないだろうか。それくらい見事な追い込みだった。
4着にはショウナンパンドラ。前走に続いて外差しでこれだけの脚を使えるようになっているというのは、明らかに去年までのこの馬とは変わっている。前走のオールカマーの直線一気は本物だったということだろう。
ディサイファは切れる脚がないのにどうして前走や札幌記念のように前から競馬をしなかったのか。中団から末脚勝負で通用する馬ではないことは明白。
サトノクラウンは好位からの競馬で大失速。休み明けで仕上がっていなかったのか。あとは、東京コースが合っていないのではないかとも感じる。
ラストインパクト、スピルバーグ、ワンアンドオンリーは完全に去年の強さを失ってしまっている。
ラブリーデイ軸の予想でこれだけ手広く押さえておいて2、3着どちらも抜けているというのは情けない。

4枠8番ラブリーデイ浜中58
1:58.4
7枠14番ステファノス戸崎58
1:58.5
8枠16番イスラボニータ蛯名58
1:58.6
7枠15番ショウナンパンドラ池添56
1:58.6
1枠2番アンビシャスデムーロ56
1:58.6
3枠5番クラレント田辺58
1:58.8
5枠10番ペルーサ柴山58
1:58.9
1枠1番ディサイファ四位58
1:58.9
5枠9番エイシンヒカリ武豊58
1:59.1
8枠17番スピルバーグ北村宏58
1:59.2
8枠18番アドマイヤデウス岩田58
1:59.2
4枠7番ラストインパクト菱田58
1:59.2
3枠6番カレンミロティック福永 吉田豊58
1:59.3
2枠4番ダコール三浦58
1:59.4
6枠12番ダービーフィズC.デムーロ58
1:59.4
6枠11番ワンアンドオンリー内田58
1:59.5
2枠3番サトノクラウンルメール56
1:59.9
7枠13番ヴァンセンヌ横山典58
2:00.3

結果:-600円


いつの間にか外差し馬場になっている京都。アルビアーノがまさかの中団待機からの差す競馬を決めて快勝。ダートを使っていたりと、時計勝負では分が悪いと思っていたが33秒5の上がりで中団から突き抜けた。牝馬ながらもいかにも短距離向きの、スプリンターらしい馬体で、今年のマイルCSよりは来年の高松宮記念のほうが面白いのではないかという気がしてきた。
2着にはなぜか今回後方待機だったフィエロ。外差し馬場で最後は前が詰まりながらもきっちり伸びてきたあたりはさすがというところだが、またしても重賞制覇とならず。それでも前が詰まっていなければ勝てていたのではないかという内容。マイルCSは今年もこの馬中心か。
3着にオメガヴェンデッタ。京王杯SCに続いてここも3着。急に強くなった印象。
このコース得意のサンライズメジャーもフィエロ同様後方待機で追い込み届かず僅差の7着。この馬も直線で進路を見つけられずゴール前でようやく追い込んでくるようなもったいない競馬だった。

6枠11番アルビアーノ柴山52
1:20.2
8枠14番フィエロデムーロ56
1:20.4
5枠9番オメガヴェンデッタ岩田56
1:20.5
2枠3番バクシンテイオーシュタルケ56
1:20.5
7枠13番ダイワマッジョーレ蛯名56
1:20.5
7枠12番リトルゲルダ松山54
1:20.5
2枠2番サンライズメジャー池添56
1:20.6
1枠1番サトノルパン浜中56
1:20.6
6枠10番テイエムタイホー松田56
1:20.6
3枠4番フミノムーン54
1:20.7
3枠5番ベルルミエール川島54
1:20.8
4枠7番コパノリチャード藤岡康57
1:21.4
8枠15番ティーハーフ国分優56
1:21.4
4枠6番エーシントップ武幸56
1:21.7
5枠8番ローブティサージュ福永54
中止

結果:ワイド490円的中 -10円


スタートが不安だったエスティタートがスタートを決めて折り合いを欠き気味に逃げ、それを途中からメジャーエンブレムが交わして行くという予想外の展開ながらも、ペースはスローに落ち着いて直線の末脚勝負に。
逃げたメジャーエンブレムが逃げ込みを図るところに、外から飛んできたのはデンコウアンジュ。なぜにメイショウサムソン産駒のこの馬が、上がり33秒3のずば抜けた末脚で1頭だけ飛んでこれたのか。結局、メジャーエンブレムを交わし去って重賞制覇を決めるという、よく分からない波乱の決着となった。
2着にメジャーエンブレムが粘った。最後もこの馬が止まってしまったわけではないので、勝ち馬の末脚が上だったというしかない。
3着は札幌2歳S3着のクロコスミア。とはいっても、札幌2歳Sの2、5着馬はそのあと見せ場なく負けており、札幌組が強いとは思えない。かといって、新潟2歳S2着のウインファビラスは今回5着。これも勝ち馬以外はその後活躍しておらず、これも強い馬が出てきていない。今年の2歳はまだまだ力関係を把握しきれない。
人気のカイザーバルは見せ場なく7着。母がダンスインザムードなので、母同様ムラのある成績になるのは当然承知の上での予想なので、これだけ負けても驚かないが、この時期でこういう負け方をされると、気分屋でたまたま負けたのか、本当に弱いのか判断が付かないのが難しいところ。

1着:デンコウアンジュ
2着:メジャーエンブレム ◎
3着:クロコスミア

4着:ペプチドサプル
5着:ウインファビラス
結果:-400円
posted by ナイト at 16:27| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください