2016年08月27日

新潟2歳S&キーンランドC予想&小倉日経OP&朱鷺S裏予想

出世レースのはずの新潟2歳Sだが、これといった期待馬がいない。
アピールバイオは前走減量騎手での勝利。圧勝だが時計はそれほど早くなかった。
アンジュシャルマンはマンハッタンカフェ産駒なら距離延長もOKか。前走は3着以下をぶっちぎっており、軽視はできない。
イブキは東京1800mで1分50秒を切っているのでまずまず。
ウインシトリンは地味な内容だったが、2、3着馬も勝ち上がっているのでこれも怖い。
ヴゼットジョリーは、同じ中京1400mを勝っているマイネルパラディに時計も上がりも劣る。
そのマイネルだが、マイネルの主戦は柴田大知。マイネルバールマンのほうだけでいいだろう。
オーバースペックは新馬でも差し切れていないし、未勝利の福島はハイペースが味方しただけの印象。
キャスパリーグはそれなりに強そう。
クイントゥープルはタイムも上がりも物足りない。
サンライズソアは唯一の上がり33秒台。怖い。
チシャーキャットは大波乱の新馬勝ちだったが、減量騎手のおかげ。メイショウボーラー産駒なので距離延長も不安。
マテラフィールドは未勝利馬なので捨てる。
モーヴサファイアはハービンジャー産駒。新潟の瞬発力勝負が合うとは思えない。
ワールドツアラーはウインクリューガー産駒。なかなか地味なところだが、ウインクリューガー産駒の代表馬といえば、新潟1000mで無敗と、とにかく強かったエバーローズ。そうなると、産駒は短距離向きの馬が多いのかもしれない。それなら今回の距離延長は狙いにくい。

◎サンライズソア 9
○イブキ 3
▲キャスパリーグ 11
△ウインシトリン 7
△アンジュシャルマン 6
△マイネルバールマン 14
ワイド各100円 3-9 9-11 7-9 6-9 9-14
自信度☆☆☆☆☆


賞金別定からグレード別定になって、強い馬の斤量が減るというのはよくあることだが、3勝しかしていないのにG2勝利があるせいで、アクティブミノルは函館スプリントSから斤量2キロ増という面白い現象が起きている。58キロで来るような馬には思えないので捨てる。
本命はオメガヴェンデッタ。函館スプリントSは函館らしくない時計の早い決着。1200mの時計勝負に対応できるスピードがない馬なので、先週である程度馬場が荒れてそうな札幌で巻き返しがあるだろう。前走は4コーナーで大外に振られたのが痛かった。まともにコーナーを回ってこれれば2着争いはできていたはず。
函館スプリントS組からはシュウジとレッツゴードンキ。ソルヴェイグはアクティブミノル同様斤量2キロ増なので捨てる。
あとは内ラチ沿いをロスなく立ち回った時の前残りが怖いセカンドテーブルと、ソルヴェイグが馬券になるのなら同じ3歳牝馬ブランボヌールも来てもおかしくない。
サトノルパンは迷っているが、京都の超高速上がり決着で重賞を勝っているだけに、重い洋芝は不安。

◎オメガヴェンデッタ 6
○シュウジ 4
▲ブランボヌール 14
△セカンドテーブル 1
△レッツゴードンキ 12
ワイド各100円 4-6 6-14 1-6 6-12 4-14
自信度★★☆☆☆


このへんでテイエムイナズマでどうやろか。コーナー1回のコースで結果を残してばっかりやが、1800がベストのはずや。連戦連勝の馬やないから、ちょっと負けが続いたここらで狙ってみたいわ。まともに走ればウインフルブルームで間違いないんやろけどな。

◎テイエムイナズマ 2
複勝1000円 2

結果:複勝2100円的中 +1100円
テイエムイナズマが1800ベストなんは誰もが思っとるやろけど、この雨で来るとは思わんかったわ。それだけ周りのメンバーも弱かったいうことか。


破壊力でいうたらゴールデンナンバーやが、はまったらの馬や。はまらんかったらさっぱりや。それなら1400mの安定感あるタガノブルグや。

◎タガノブルグ 6
複勝500円 6

結果:複勝1100円的中 +600円
ゴールデンナンバーは今日ははまらんかったか。タガノブルグの安定感に賭けて正解やったわ。せやけどワキノブレイブが1400で来るのは予定外や。
posted by ナイト at 15:46| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください