2016年09月03日

小倉2歳S&新潟記念予想&丹頂S裏予想

とりあえずダート勝ちの2頭と、フェニックス賞3、6着馬の2頭を消す。
そして新馬の勝ちタイムが1分10秒台のドリームアローとメイソンジュニアも捨てる。
ビーカリーは勝ち上がりまで3戦もかかっているし、厳しいか。
ドゥモワゼルはまさかの函館からの参戦。しかもそれが関東所属馬。2歳からこんなに厳しいローテーションで使われる意味が分からない。それに小倉は関東馬にとって遠征が厳しいし、狙おうと思えない。
同じく関東所属のダイイチターミナルも捨てる。福島で圧勝はしているが、少し時計のかかる福島が合っている印象で、小倉1200のスピード決着が向いている気がしない。どちらかというとしぶとい脚を使うタイプに見える。何なら、もう少し距離があったほうがいいのではないか。
本命はレーヌミノル。新馬戦はスタートこそよくなかったが、前半33秒台のペースに楽々と追走し、直線に向いても鞍上が外を見ながら持ったままの余裕の手ごたえ。最後に軽く追うだけで逃げ馬を差し切って楽々と勝った内容はインパクトがあった。
対抗はフェニックス賞勝ちのクインズサリナ。
それから、九州産馬ながら今年大活躍しているカシノマスト。新馬戦で九州産限定戦を除外になったかと思いきや、いきなり同日の九州産馬以外の馬も混じった新馬戦を楽勝。続くフェニックス賞でも2着と好走。しかも前半3ハロン32秒台で逃げ、短距離向きのスピードがあることを見せてくれた。
あとはオールポッシブル、キョウヘイ、シゲルベンガルトラあたりを押さえる。

◎レーヌミノル 4
○クインズサリナ 5
▲カシノマスト 3
△オールポッシブル 8
△キョウヘイ 13
△シゲルベンガルトラ 6
ワイド各100円 4-5 3-4 4-8 4-13 4-6
自信度★★☆☆☆


アルバートドック、ダコールが58キロ。七夕賞組のこの2頭は押さえまでか。人気だったルミナスウォリアーもメイショウサムソン産駒なら新潟の末脚勝負は合わないだろう。
小倉記念組も、クランモンタナがハンデ2キロ増なら狙いにくいし、ベルーフもハービンジャー産駒なら新潟で走るイメージはない。しいて狙うなら3着のエキストラエンドか。
ようやくオープンまで勝ち上がってきた弥生賞3着馬アデイインザライフも休み明けなので本命にはできない。
函館記念組のマイネルミラノ、ファントムライトは去年の2、3着馬だが雨でも降らないと狙えない。早い上がり勝負には通用できないだろう。
と書いているうちに、狙う馬がいなくなったので、本命はロンギングダンサー。去年の4着馬、新潟巧者に期待する。前走は前が詰まっての6着なので参考外。

◎ロンギングダンサー 12
○ダコール 3
▲アデイインザライフ 17
△アルバートドック 14
△エキストラエンド 2
ワイド各100円 3-12 12-17 12-14 2-12
自信度★★☆☆☆


絶対次走菊花賞で人気する馬やと思ったら、まさか札幌でもう1戦挟むとはな。カフジプリンス。ここでどの程度の実力か、見えてくるやろ。

◎カフジプリンス 9
複勝500円 9

結果:-500円
菱田のヘタクソが。こいつラストインパクトからなんも成長してへんぞ。こいつ51キロで乗せるくらいやったら60キロでモレイラ乗せるほうがええに決まっとる。騎手やめてまえ。
posted by ナイト at 20:58| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください