2016年09月05日

小倉2歳S&新潟記念&札幌2歳S結果

新馬でほとんど持ったままの快勝を演じていたレーヌミノル。重賞で少し本気を出したのか、それともまだ本気ですらないのか。小倉2歳S史上最大の、6馬身差の圧勝。台風が来なかったこともあり、最終週にしてやたらと時計が出ていた今週の小倉と言えど、新馬から1秒以上タイムを縮めての勝ちっぷりは、まだまだ上積みがありそうでこの先の期待が高まる内容だった。
2着はダイイチターミナル。前走は福島で、美浦所属の馬が小倉2歳Sで結果を残すというのはなかなかないことのように思う。
九州産ながら今年大注目のカシノマストは3着。今日は控える競馬を試したのか、それとも逃げられなかったのかは分からないが、スピード能力の高さは今後も注目したい。
フェニックス賞勝ちのクインズサリナは6着。馬体重プラス14キロで、軽めの調整だったというから前走のオープン勝ちで賞金を稼いだことだし一息入れてここは本腰ではなかったのだろう。

1着:レーヌミノル ◎
2着:ダイイチターミナル
3着:カシノマスト ▲
4着:キョウヘイ △
5着:シゲルベンガルトラ △
結果:ワイド820円的中 +320円


教科書通りの新潟芝外回り最終週の決着になったのではないだろうか。毎年おなじみの外差し祭り。
マイネルミラノが直線で先頭に立つも、上がりの早い勝負には対応できない馬なので外の差し馬に飲み込まれる。
勝ったのは17番、アデイインザライフ。3歳の頃から注目されており、休み休み使われてきた馬がようやく開花。苦にしない休み明けで見事に重賞勝利を決めた。横山典弘騎手は全10場重賞制覇達成となった。
2着は14番アルバートドック。外差しの切れ味勝負ならば当然のことながら、ディープインパクト産駒のワンツー決着となった。58キロのハンデでこれだけ走るのだからたいしたもの。
3着はロンギングダンサー。前残りの去年ですら差して4着のこの馬。得意の新潟で差し決着。ここしかないという舞台で馬券にきっちり絡んでみせた。
4着は外差し決着ながら最内のベルーフ。今回はまさかの最後方から直線で大外に回す驚きの策に出た。ハービンジャー産駒で切れ味に劣るので新潟ならこのあたりが限界だと思うが、思い切ったこの策で掲示板を確保してきたのは見事。
逆に間違った方向に思い切ったのはデムーロ。ダコールは道中内ラチ沿いの荒れたコースを走ってロスなく立ち回り2番手にまでポジションを上げる競馬をしたが、今回は完全に裏目。結局、1着から4着の4頭は道中最後方にいた4頭だったのだから、完全に騎乗ミス。ただ、内枠の時点でこのような思い切った競馬をしなければ勝ち目はなかっただろう。着拾いではなく勝ちを狙った競馬をしたことは評価しておきたい。 ディープインパクト産駒の外の追い込み馬がワンツーに来ているのだから、枠が逆ならこの馬にもチャンスがあったのだろう。

1着:アデイインザライフ ▲
2着:アルバートドック △
3着:ロンギングダンサー ◎
4着:ベルーフ
5着:ルミナスウォリアー
結果:ワイド4250円的中 +3850円


前走は折り合いを欠いたトラスト。今回は折り合いを放棄したか、逃げの一手で楽勝。期待通りの素質の高さを見せてくれた。しかしここで折り合いを無視した競馬をしてしまったことで、今後折り合いをつけられるのかどうか。そこさえクリアできれば期待通りに中央の重賞戦線で活躍できるのではないか。
2着はブラックオニキス。結局、勝ちタイムこそ遅かったがクローバー賞のレベルは高かったのか。ワンツーが入れ替わっただけとなった。
3着アドマイヤウイナー以下、このレースは勝ち馬が際立っていただけで、他に気になった馬はいない。
今週は3重賞全て本命馬が馬券に絡み、去年の夏競馬の不調からは考えられない好成績で今年の夏競馬を締めくくったものの、一番荒れたこのレースでのヒモ抜け予想はかなりもったいない。

1着:トラスト ◎
2着:ブラックオニキス
3着:アドマイヤウイナー
4着:エトルディーニュ
5着:フラワープレミア
結果:-600円
posted by ナイト at 16:16| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください