2016年09月19日

ローズS&セントライト記念&阪神JS&レディスプレリュード結果

シンハライトが春同様末脚勝負に徹したのに対し、ジュエラーは秋華賞を見据えての先行策。対照的な作戦となった2頭の結果も対照的。
シンハライトが春同様にしっかり差し切ったのに対して、ジュエラーは最後に失速。この重馬場で33秒7、外から差し切ったシンハライトは別格。京都内回りの秋華賞は不安があるが、エリザベス女王杯なら問題なしだろうという見事な勝ちっぷりだった。
2着にはクロコスミア。雨実績のあるこの馬が逃げて、あわや1着の大駆けを見せた。ただ、次の秋華賞で狙えるかというと、同じように雨が降らないと狙えない。
3着にはカイザーバル。夏を超えての成長とみるか、母ダンスインザダークの血を受け継いだムラのある走りとみるかは難しい。ただ、力を出し切ればこれだけの走りができるということ。
デンコウアンジュが4着、アットザシーサイドが5着で結局春の実績馬での決着。デンコウアンジュも小回り京都は合わないだろうし、アットザシーサイドは距離延長が合わないだろう。
結局、勝ったシンハライトと先行策を試したジュエラー以外は秋華賞で狙いたいと思える馬はいなかった。
それにしても、11番人気クロコスミアがせっかく▲予想で、○▲△の決着となったにもかかわらず、なぜ当たっていないのか。予想は買い目を考えることが何よりも難しい。

4枠7番シンハライト池添54
1:46.7
1枠1番クロコスミア岩田54
1:46.7
2枠3番カイザーバル四位54
1:46.8
7枠12番デンコウアンジュ内田54
1:47.1
3枠4番アットザシーサイド福永54
1:47.6
5枠9番フロムマイハート和田54
1:47.7
7枠13番アドマイヤリードルメール54
1:47.9
3枠5番レッドアヴァンセ武豊54
1:47.9
6枠11番フォールインラブ古川54
1:48.1
8枠14番クリノサンスーシ54
1:48.1
4枠6番ジュエラーデムーロ54
1:48.3
6枠10番バレエダンサー松若54
1:48.6
5枠8番クィーンズベスト藤岡康54
1:48.6
8枠15番ラベンダーヴァレイ浜中54
1:49.2
2枠2番ヘイハチハピネス藤原幹54
1:50.5

結果:-800円


思いのほか辛勝。ディーマジェスティが後方から3、4コーナーで一気にまくって先頭に並びかけたが、最後はゼーヴィントと接戦に。ただ、強烈な切れる脚がない馬なので着差を広げて勝つタイプではないので不安はない。菊花賞でも問題なしに狙えるだろう。
2着ゼーヴィントはこのメンバー相手でも通用したのならこちらも次で狙いたい。戸崎は重賞10連続連対で記録を伸ばし続けている。
3着にプロディガルサン。兄リアルスティールに比べて切れる脚がなく、かといって長距離向きの血統でもないので菊花賞では狙いにくい気がする。
中山はディープインパクト産駒が少し苦戦していた印象があったが、この秋はどうも傾向が違うようで、またJRAが馬場をいじってきたのだろうか。

4枠4番ディーマジェスティ蛯名56
2:13.1
7枠10番ゼーヴィント戸崎56
2:13.1
7枠9番プロディガルサン田辺56
2:13.3
6枠7番ネイチャーレット野中56
2:13.5
8枠11番ノーブルマーズ高倉56
2:13.5
1枠1番メートルダール北村宏56
2:13.6
5枠5番マウントロブソン川田56
2:13.7
2枠2番ピースマインド大野56
2:13.7
3枠3番プロフェット石橋56
2:13.9
8枠12番ステイパーシスト吉田豊56
2:14.0
6枠8番ケンホファヴァルト柴田善56
2:14.2
5枠6番キークラッカー柴田大56
2:14.7

結果:ワイド390円的中 -110円


アップトゥデイトが今回はハナを奪って逃げたが、最後にニホンピロバロンが捕らえた。きっちり測ったように差し切ったニホンピロバロン、高田潤の障害での勝負強さは、他の騎手と一体何が違うのだろうか。ただ今後、距離が延びるとアップトゥデイトのほうが有利になるのではないか。ニホンピロバロンの距離適性は未知数。
そしてこの2頭に迫ったテイエムシシーポスがまさかの波乱を呼んだ。ムラのありすぎる馬で、強いのか弱いのかよくわからない。
あとは、6着のリスヴェリアートは直線最後の障害まではこの3頭と先頭争いをしていたが、最後に馬体がぶつかったのか大失速。次走で人気を落とすようなら狙いたい。

1着:ニホンピロバロン ◎
2着:アップトゥデイト ▲
3着:テイエムシシーポス
4着:アロヒラニ ○
5着:ツイセキシャ
結果:ワイド340円的中 -60円


春には地方交流重賞で通用しなかったタマノブリュネットが直線一気の外差しで初重賞制覇。
2着には、逃げたトーコーヴィーナスとホワイトフーガが同着。ホワイトフーガはスタートも悪く、直線では内を突いて前が詰まっての2着という散々な内容だった。どうして大野から蛯名に乗り替わってしまったのか。大野でよかったのではないか。
地元大井のララベルは好位から伸びてくる様子を見せたものの4着。ブルーチッパーは5着。
地方競馬で抜群の安定感だったタイニーダンサーはどうしてしまったのか。

3枠3番タマノブリュネット田辺55
1:54.7
5枠8番トーコーヴィーナス大山55
1:55.0(同着)
7枠11番ホワイトフーガ蛯名57
1:55.0(同着)
3枠4番ララベル真島大55
1:55.1
6枠10番ブルーチッパー森泰55
1:55.8
1枠1番フォローハート55
1:56.1
6枠9番タイニーダンサー内田54
1:56.4
5枠7番ミスアバンセ石崎隆55
1:56.5
4枠6番ユッコ高松55
1:56.5
2枠2番ディアマルコ佐原53
1:56.5
8枠13番サンソヴール戸崎55
1:57.0
8枠14番ジュエルクイーン服部茂55
1:57.5
7枠12番ケイティバローズ吉原55
1:58.0
4枠5番ヒットザトレイル瀧川55
1:59.2

結果:-400円
posted by ナイト at 18:18| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください