2016年09月25日

神戸新聞杯&オールカマー&東京盃結果

サトノダイヤモンドが前哨戦を勝利。着差は僅差だが、余裕を持って勝ったという印象で、ディーマジェスティと揃って菊花賞でも確実に狙える存在だろう。
2着はまさかのミッキーロケット。直線でサトノダイヤモンドとの叩き合いを演じた。これほど強い馬とは思っていなかっただけに驚いている。
3着はレッドエルディストが先に抜けて粘りこんだが、最後にすごい脚で4着に来たカフジプリンスのほうが距離が延びる菊花賞では狙いたい。
エアスピネルは直線で伸びを欠き5着。この結果を見ると、菊花賞ではおそらく距離が長いので狙いにくいのではないか。

8枠14番サトノダイヤモンドルメール56
2:25.7
8枠15番ミッキーロケット和田56
2:25.7
7枠12番レッドエルディスト四位56
2:26.2
3枠5番カフジプリンス岩田56
2:26.2
4枠7番エアスピネル武豊56
2:26.4
5枠8番ナムラシングン池添56
2:26.9
6枠11番アグネスフォルテ松山56
2:27.0
7枠13番イモータル浜中56
2:27.0
3枠4番ロードヴァンドール太宰56
2:27.1
2枠2番ジョルジュサンク56
2:27.1
2枠3番ロードランウェイ川田56
2:27.2
6枠10番ワンスインアライフ北村友56
2:27.8
5枠9番トゥルーハート秋山56
2:28.0
4枠6番マイネルラフレシア松若56
2:28.5
1枠1番ヒルノマゼラン古川56
2:28.6

結果:-400円


ゴールドアクターの完勝。
それよりも印象に残ったのは、今年になって阪神、中山で好走しているサトノノブレス。苦手と思っていた坂のあるコースでこれだけ走れるとは思っていなかった。
3着にはツクバアズマオー。いつの間にかこの馬も力をつけている。
マリアライトは休み明けは走らないし、良馬場なのでこの程度か。叩いて休み明け2走目を狙いたいが、良馬場でどこまで通用するかはわからない。

5枠6番ゴールドアクター吉田隼58
2:11.9
1枠1番サトノノブレス福永56
2:11.9
5枠5番ツクバアズマオー吉田豊56
2:12.1
2枠2番クリールカイザー田辺56
2:12.2
6枠7番マリアライト蛯名56
2:12.2
3枠3番ショウナンバッハ戸崎56
2:12.3
8枠11番ワンアンドオンリー内田57
2:12.3
7枠9番アクションスター大野56
2:12.9
8枠12番カレンミロティック柴田大56
2:12.9
7枠10番サムソンズプライド横山典56
2:12.9
4枠4番マイネルメダリスト松岡56
2:13.9
6枠8番エーシンマックス石橋56
2:14.3

結果:ワイド370円的中 -130円


月曜のレディスプレリュードでめちゃくちゃな前残りだったかと思いきや、木曜の東京盃は完全な外差し。地方のダートコースは雨に弱すぎる。
勝ったのは大外一気、ドリームバレンチノ。馬群から大きく離れた大外に直線で1頭だけ持ち出したかと思いきやそこから見事に差し切った。鞍上岩田とともに、久々の重賞勝利となった。
中央の人気のコーリンベリー、ダノンレジェンド、ノボバカラは内ラチ沿いに先行して直線での伸びを欠く。コーリンベリーが2着を死守したのが精一杯。ダノンレジェンドは5着、ノボバカラは9着と大敗。
ただその割に、地方馬で同じように先行したプラチナグロースは3着に粘っているのが不思議。この馬は果たして強いのか、それともこの馬場が合っていたのか。
4着には中央のキクノストーム。この馬もこの外差し馬場だから来れただけで、普段の大井の馬場なら用なしだっただろう。

8枠14番ドリームバレンチノ岩田58
1:11.9
2枠3番コーリンベリー松山56
1:12.3
4枠7番プラチナグロース真島大56
1:12.3
7枠13番キクノストーム内田56
1:12.4
2枠2番ダノンレジェンドデムーロ57
1:12.7
5枠8番ゴーディー赤嶺56
1:13.0
8枠15番サトノタイガー矢野56
1:13.2
3枠5番ロイヤルクレスト服部茂56
1:13.2
3枠4番ノボバカラルメール56
1:13.2
6枠11番メイショウパーシー宮川56
1:13.7
4枠6番ミヤジエルビス赤岡56
1:14.1
7枠12番コウギョウダグラス柏木56
1:14.2
6枠10番ルックスザットキル早田功56×
1:14.4
1枠1番メジャーアスリート和田譲56
1:14.7
5枠9番アメージングタクト中野56
除外

結果:-500円
posted by ナイト at 16:01| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください