2016年10月01日

シリウスS予想&スプリンターズS予想2

よほどの雨にならない限り58キロのカゼノコは狙えないし、地方交流重賞でやたらと強いディープスカイ産駒なので中央ではキョウエイギアもそこまで信頼できない。
本命はダート替わりで2連勝のピオネロ。阪神芝2000mはスタートでしばらく芝なので、もともと芝で活躍していたこの馬にとっては有利。ヤマニンキングリーがこのコースのダートだけは走ったように、芝馬にとってはプラスのコース。
あとは、アポロケンタッキー、マスクゾロ、ミツバ、ランウェイワルツあたりか。
ランウェイワルツは去年のこのレースで見せ場なく7着だし、このコースが合わないのかもしれない。故障明けでもあるので捨てる。代わりに雨を警戒してカゼノコを押さえる。

◎ピオネロ 8
○アポロケンタッキー 9
▲マスクゾロ 1
△ミツバ 11
×カゼノコ 7
ワイド各100円 8-9 1-8 8-11 7-8
自信度★☆☆☆☆


高松宮記念の1、2着が中心だろうと思っていたが、雨予報で高速馬場での活躍が目立つビッグアーサーがどうも不安になってきた。
他にはネロ。前走はまさかの差しで驚かせたが、切れないじり脚タイプなだけに、1000万や1600万よりもペースの上がるオープンや重賞、そして序盤からスピードに乗る新潟1000mが合っていると見ている。中山なら去年のような直線勝負になることは滅多になく、序盤からある程度飛ばして上がりもそこそこかかる勝負になるとみるが、そういうレースがこの馬に合っていると思っている。
北海道組はシュウジとレッツゴードンキ。
シュウジはスピードなら同世代のトップレベル。最後の一押しがあれば勝ち負けだが、展開、枠に恵まれればチャンスはある。
レッツゴードンキは高松宮記念は直線で外の馬に寄られてまともに走れていない。北海道の2戦でともに古馬最先着なのでまずまず評価していい。洋芝巧者とも思えないので北海道に限らずそこそこはやれるだろう。今回は北海道で負けた3歳勢との斤量差が縮まるので狙い目だが、ただ雨が残ればこの馬にとってはプラスではない。勝ちきるまでは厳しいと見る。
ソルヴェイグは函館スプリントSがうまく行き過ぎた印象。キーンランドC4着が本来の実力だろう。
ブランボヌールは2歳の時も北海道で活躍していたので洋芝巧者ではないか。それにディープインパクト産駒で純粋なスプリンターが生まれるとは思っていない。北海道の少し時計のかかる馬場の1200mなら通用しているが、時計の早いスプリント戦は通用しないのではないか。
ベルカントは中山で狙う気はしないし、なぜか武豊が乗らないのも狙いにくい。
あとはダンスディレクター、スノードラゴン。
レッドファルクスはCBC賞から直行なのが気に食わない。去年のサクラゴスペルと同じ尾関厩舎で、同様に休み明け初戦がスプリンターズSだが、2年も同じ策が通用するだろうか。それにそもそもこの馬の強さ自体が半信半疑。中山というか右回りで実績がないのも不安。

1枠1番ビッグアーサー福永57
1枠2番ブランボヌール武豊53
2枠3番ティーハーフ池添57
2枠4番ソルヴェイグ田辺53
3枠5番シュウジ川田55
3枠6番ベルカント蛯名55
4枠7番スノードラゴン大野57
4枠8番サクラゴスペル横山典57
5枠9番サトノルパン和田57
5枠10番レッドアリオン川須57
6枠11番ダンスディレクター浜中57
6枠12番レッツゴードンキ岩田55
7枠13番レッドファルクスデムーロ57
7枠14番ウリウリ戸崎55
8枠15番ミッキーアイル松山57
8枠16番ネロ内田57
posted by ナイト at 00:28| Comment(0) | 2016年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください