2017年03月24日

日経賞&毎日杯予想&高松宮記念予想2&ドバイミーティング予想

ゴールドアクターの相手探しの一戦だと思っている。ディーマジェスティ、レインボーライン、シャケトラの4歳勢が有力か。4歳勢とは斤量差で逆転があるかもしれない。
あとはアドマイヤデウスとツクバアズマオーの古馬。ただ、この2頭がゴールドアクターを倒す姿は想像しにくい。

1枠1番フェルメッツァ戸崎56
1枠2番レコンダイト石橋56
2枠3番ヤマカツライデン津村56
2枠4番プランスペスカ江田照56
3枠5番ナスノセイカン横山典56
3枠6番ディーマジェスティ蛯名57
4枠7番マイネルサージュ柴田大56
4枠8番ジュンヴァルカン内田55
5枠9番レインボーラインデムーロ55
5枠10番アドマイヤデウス岩田56
6枠11番ミライヘノツバサ藤岡佑55
6枠12番ゴールドアクター吉田隼57
7枠13番シャケトラ田辺55
7枠14番ツクバアズマオー吉田豊56
8枠15番トーセンレーヴ石川56
8枠16番マイネルメダリスト大野56

ワイド各100円 9-12 12-14 12-13 10-12 6-12
自信度★★★☆☆


良馬場で、今度はサトノアーサーがきっちり決めるのではないか。
少頭数で相手が絞り切れないが、テイエムヒッタマゲはいらないだろう。
良血で人気のキセキは人気に応えるほどの実力はなさそうか。ここ2連敗に加えて鞍上シュタルケで狙えない。
それから、クリアザトラックとの直接対決で前走負けたプラチナムバレットも捨てる。馬体重マイナス10キロだったことも、続く今回での上積みが小さそうで狙いにくい。

◎サトノアーサー 1
○クリアザトラック 4
▲ガンサリュート 8
△アルアイン 3
△トラスト 5
馬連各100円 1-4 1-8 1-3 1-5
自信度★★★☆☆


メラグラーナを本命としたが、日曜は天気が怪しい。雨の京阪杯で大敗しただけに、不安が大きくなってきた。本命は仕方なしにレッドファルクスにする。
押さえにはシュウジ、セイウンコウセイ、ナックビーナスあたり。
阪急杯の1、2着馬がここでも突っ込んで来たら連続事故。
レッツゴードンキは扱いに困るのだが、最近は折り合いに専念して後方待機の競馬を続けている。今年も最終週にBコースを使うということで、去年と同じような馬場になると思っているので、追い込みが決まるとは思えない。
むしろ、京都牝馬S2着だったワンスインナムーンのほうが気になる。こちらは1200mで2戦2勝。一発あるならこちらか。
さっぱり分からないのは今さら1200mに挑戦してくるフィエロ。1400mなら実力上位なだけに、捨ててしまうのは気持ちが悪い。

1枠1番ティーハーフ国分優57
1枠2番フィエロ内田57
2枠3番レッツゴードンキ岩田55
2枠4番ラインスピリット森一57
3枠5番レッドアリオン菱田57
3枠6番セイウンコウセイ57
4枠7番レッドファルクスデムーロ57
4枠8番バクシンテイオーシュタルケ57
5枠9番シュウジ川田57
5枠10番クリスマス藤岡佑55
6枠11番スノードラゴン大野57
6枠12番メラグラーナ戸崎55
7枠13番ソルヴェイグ田辺55
7枠14番トーキングドラム藤岡康57
7枠15番ヒルノデイバロー四位57
8枠16番トウショウピスト吉田豊57
8枠17番ナックビーナス石川55
8枠18番ワンスインナムーン石橋55



まず、ドバイワールドカップ。
どうやらアメリカの最強馬アロゲートで間違いなしという状況らしい。このレースがオールウェザーからダートに戻ったのであれば、昔のようにアメリカ勢に日本勢が付け入るスキはないだろう。アウォーディーはそれなりに強いが、過去のダートの強豪と比べると少し力は落ちるし、ゴールドドリームは東京マイルというコースが合っており、2000mに延びるだけでもマイナス材料。アポロケンタッキーは海外で通用するようなスピードはないだろう。
もしもがあるとすれば、ラニではないか。まさかのライアン・ムーアが続けて騎乗するほど、この馬には何か魅力があるのだろう。去年のUAEダービーを制しており、ドバイ適性が問題ないのは当然のこと。それに加えて2000mという長い距離もプラス材料。
他には、アメリカの強豪ホッパーチュニティ、キーンアイス、ネオリシック。
同じアメリカのガンランナーも気になったが、勝ち星が1800m以下しかなく、距離が少し長いのではないか。
前哨戦のアルマクトゥームチャレンジラウンド3を制したロングリバーは、かなりのスローペースに恵まれた逃げ切りだった。力は劣るのではないか。
去年2着のムブタヒージは最近冴えないし、大外枠を嫌う。

◎アロゲート 9
△ホッパーチュニティ 12
△ムブタヒージ 14
△キーンアイス 10
△ネオリシック 11
ワイド各100円 9-12 9-14 9-10 9-11
自信度★★★☆☆


ドバイシーマクラシックはたったの7頭立て。ただ、ポストポンド、ハイランドリールといったヨーロッパの一流どころが顔を揃えた。
そんな中でもサウンズオブアースがまた2着を確保すれば面白いので期待したい。
あとは前哨戦でポストポンドを破ったプライズマネーと、チャンピオンズC以来だが実績はあるジャックホブス。

◎ハイランドリール 3
○ポストポンド 7
▲サウンズオブアース 4
△プライズマネー 5
△ジャックホブス 2
馬連各100円 3-7 3-4 3-5 2-3
自信度★★★☆☆


ドバイターフはリアルスティールの回避で日本馬はヴィブロスのみ。去年リアルスティールが手薄なメンバー相手に空き巣海外G1勝利を決めたが、さすがにヴィブロスでは勝負にならないのではないか。
今年は休み明けさえ気にしなければリブチェスターの実績が抜けているが、それ以外は去年同様手薄。
他には、前哨戦を制したデコレーテッドナイト、ブックメーカーの人気が高いザラック、ムタケイエフあたりだろうか。
あとは、名門A.オブライエン厩舎と鞍上R.ムーアのコンビ。これだけでドーヴィルは押さえる。

◎リブチェスター 1
○デコレーテッドナイト 4
▲ザラック 2
△ドーヴィル 12
△ムタケイエフ 6
ワイド各100円 1-4 1-2 1-12 1-6
自信度★☆☆☆☆


馬券の発売はないが、ドバイゴールデンシャヒーンには3歳馬ディオスコリダーが、ゴドルフィンマイルにはカフジテイクが、そして日本馬の連覇に期待がかかるUAEダービーにはアディラートとエピカリスのヒヤシンスS上位2頭が。
注目はまずエピカリス。ここまで3歳ダート路線で圧倒的な強さを見せつけてきた。その力を海外でも見せつけられるかどうか。
そして、カフジテイクの末脚はここでも発揮されるのか。海外の競馬ファンの度肝を抜くような末脚を見てみたい。
posted by ナイト at 21:28| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください