2017年05月07日

NHKマイルC&新潟大賞典&京都新聞杯結果

さすがにこれはキレる。リエノテソーロ?2007年のムラマサノヨートー並にひどい結果になった。こんなダート馬が高速馬場の東京マイルで活躍するなんて、まともな競馬屋なら予想できるはずがないだろう。
勝ったのはアエロリット。実力、適性ともこの馬が一枚上なのは戦績を見れば明らかで、唯一の不安材料は枠だけだった。しかしそこは百戦錬磨の横山典弘。きっちりこの馬を勝ちに導いた。前走はスタートが悪く後方からの競馬でしかも大外を回るひどい内容だっただけ。まともならクイーンCを好タイムで2着の実績が黙っていなかった。
高速馬場への対応で不安があったボンセルヴィーソは今回もきっちり粘って3着に。この安定感はすごい。今後不安なのは、超スローペースの上がり勝負だろうか。ただ、逃げてペースを作れる馬なので、そうならないようにできてしまうので気にする必要がないとなれば、もう馬券からは外せない。
カラクレナイは過剰人気感はあったが、桜花賞4着ならここでも馬券圏内はあるかと思っていたがまさかのブービー。馬群に包まれる競馬、輸送、桜花賞からの調子落ち。このあたりが原因だろうか。ただ、桜花賞は頑張れたが古馬相手となる今後はもうマイルは厳しいと見ている。
モンドキャンノも距離が短いほうがいいだろうし、キンシャサノキセキ産駒ならパワーもあるだろうから、北海道のサマースプリントシリーズで是非とも狙いたい。

8枠16番アエロリット横山典55
1:32.3
7枠14番リエノテソーロ吉田隼55
1:32.5
3枠6番ボンセルヴィーソ松山57
1:32.9
7枠15番レッドアンシェル福永57
1:32.9
6枠11番オールザゴー内田57
1:33.0
4枠8番タイムトリップ戸崎57
1:33.0
6枠12番ミスエルテ川田55
1:33.1
7枠13番トラスト柴田大57
1:33.3
1枠1番モンドキャンノルメール57
1:33.3
5枠10番ディバインコード柴田善57
1:33.4
3枠5番プラチナヴォイス石川57
1:33.4
4枠7番ジョーストリクトリ57
1:33.6
2枠3番アウトライアーズ田辺57
1:33.6
1枠2番キョウヘイ高倉57
1:33.7
5枠9番タイセイスターリー北村宏57×
1:34.0
8枠17番ナイトバナレット藤岡佑57
1:34.0
2枠4番カラクレナイデムーロ55
1:34.2
8枠18番ガンサリュート池添57
1:34.3

結果:ワイド1000円的中 +400円


新潟大賞典はサンデーウィザードが制した。ネオユニヴァース産駒なので新潟の高速決着が不安と思っていたが稍重が味方したか。
2着はマイネルフロスト。切れる脚のない馬なのでこちらもこの馬場は歓迎のタイプ。ただ休み明けで調子が落ちているとの話があり狙いきれなかった。
メートルダールは大外から追い込むも3着止まり。4着のフルーキーはハンデ差を考えると、ようやく復調してきたと考えたい。
ジュンヴァルカンは最後方からのふざけた騎乗でブービー。藤岡康太は免許停止レベル。

1着:サンデーウィザード
2着:マイネルフロスト
3着:メートルダール ◎
4着:フルーキー △
5着:バロンドゥフォール
結果:-500円


プラチナムバレットが距離延長を克服して直線一気の追い込みを決めたが、残念なことに骨折していたようで、ダービーには出てこれない。
2着には内からしぶとく伸びたサトノクロニクル。もしやこの馬もダービーに出てくるのだろうか。この馬自身は力不足だが、サトノ軍団の一角として有力馬潰しの捨て駒出走をさせてくるかもしれない。

8枠11番プラチナムバレット浜中56
2:15.2
3枠3番サトノクロニクル川田56
2:15.2
2枠2番ダノンディスタンス和田56
2:15.2
5枠5番サトノリュウガ池添56
2:15.3
6枠8番ミッキースワロー菊沢56
2:15.3
5枠6番ゴールドハット56
2:15.4
4枠4番インヴィクタルメール56
2:15.6
7枠9番メルヴィンカズマ北村友56
2:15.7
8枠12番ウインベラシアス松山56
2:15.9
6枠7番ハギノアレス四位56
2:16.0
1枠1番カケルテソーロ56
2:17.1
7枠10番ユキノタイガ富田56
2:17.2

結果:ワイド350円的中 -50円
posted by ナイト at 23:23| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください