2017年07月30日

アイビスSD&クイーンS&小倉サマーJ結果

直線1000mの強さをフィドゥーシアがまた見せてくれるかと思いきや、最後の最後に差し切ったのはラインミーティア。直線競馬12回目というキャリア豊富な馬だが、7歳になったここで自己ベストの持ち時計で、前残りの流れの中で見事な差し切りを決めた。西田騎手に乗り替わってからの3戦が安定していい脚を使っていたが、今回も上がり3ハロン31秒6の強烈な脚で差し切りを決めた。
2着にフィドゥーシア。今日も完勝かと思いきや、最後の最後に失速した。正直、前走のレースを見てここも楽勝だと思っていただけに、意外な結果だった。
3着にはレジーナフォルテ。コース巧者っぷりを見せはしたが、51キロの斤量でこれなら今後の活躍を期待するのは厳しいかもしれない。
アクティブミノルは抜群のスタートから逃げたが4着。せっかくの大外枠で4着なのだから、このコース適性はそこまで高くなかったということか。
絶好調ともてはやされた戸崎はメインのここは当然のごとく大敗で10着。というよりも、千直巧者ネロと言えども58キロも背負ってはしんどいのだろう。
その千直巧者レッドラウダが11着で、シンボリディスコが15着といったいどうしてしまったのか。

1着:ラインミーティア
2着:フィドゥーシア ◎
3着:レジーナフォルテ ▲
4着:アクティブミノル
5着:アースエンジェル
結果:ワイド410円的中 -90円


まさかの大逃げからの逃げ切り。アエロリットの横山典弘、今日はここに全力投球だったようだ。右回り、距離とも問題なしとなれば秋のG1が楽しみになってくる。
2着にトーセンビクトリー。やはり中山牝馬Sもそうだったが直線の短いコースのほうが合うのだろう。一瞬の切れ味はさすがのもので、直線に向いた瞬間に一気に馬群を割って2番手に上がったものの、そこでこの馬の脚は止まって、アエロリットとの差は全く縮まらなかった。
3着はクインズミラーグロ。こちらも中団から内を突いて上手く追い込んだ。
一方で、後方待機から大外を回して見せ場なしのアドマイヤリードのルメールと、マキシマムドパリの藤岡佑介は6着と7着。何をしていたのか。
パールコードは休み明けのせいか、10着。去年の秋の成績を考えればもっとやれてもいい馬だと思うのだが、どうしてしまったのか。

1着:アエロリット △
2着:トーセンビクトリー △
3着:クインズミラーグロ
4着:クロコスミア
5着:エテルナミノル
結果:-500円


メイショウヒデタダは中山GJに比べると楽に逃げていたように見えたが、オジュウチョウサンはいなくともアップトゥデイトが終始2番手に追走してくる形に苦しんだか、最後の障害を飛越してから粘る力がなかった。
最後の障害を越えて、好位にいたアップトゥデイトが抜け出しその後ろのマイネルフィエスタが続く。しかし、平地力に物を言わせて外から追い込んできたのはソロル。最後の直線が芝という不安を払拭。強烈な末脚でゴール前で見事に先頭を捕らえ、平地のマーチSに続いて障害でも重賞制覇を決めた。
2着にはアップトゥデイト。こういうところで勝ち切れないのが衰えだと思うが、それでも斤量2キロ差でこの内容ならもうしばらくはやっていけそうか。
逆に今年4戦して5着までしか来れていないオースミムーンはもう完全に衰えてしまったのだろう。今回も5着で、これ以上は期待できなさそう。よっぽどメンバーが弱くなれば話は別だが。

1着:ソロル
2着:アップトゥデイト ○
3着:マイネルフィエスタ ▲
4着:メリーモナーク △
5着:オースミムーン △
結果:-400円
posted by ナイト at 16:02| Comment(2) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
新潟は西田雄一郎とかやけに地味な騎手がぶっ込んできましたね~。
障害の方もまだまだダート色が強いソロルが、最後いい脚で突っ込んできて夏競馬らしい結果でした。
ところで土曜小倉2レースのパトロールビデオ見ましたか?
デムーロ肘鉄で過怠金10万円!
やっぱりこの位自己主張が強くないとG1では通用しないんですかね~?
岩田のそれとは質が違うような気がしますが、型通りに人と同じようなことをしていると勝機を逃してしまうんですかね~(^へ^;)
日本中央競馬会の課題なのかもしれないですね。
Posted by しげっぴ at 2017年07月30日 22:30
こんにちは。

千直といえば昔は西田騎手と言われていましたが、えらく久々に脚光を浴びましたね。
上にも書いたように、そして予想の時の自信度が久々の★★★★☆だったように、フィドゥーシアにかなりの自信があったのですが・・・。いつもより一桁多い単勝を買っていただけに、ショックです。

デムーロ肘鉄は、もしかしたら馬群がかなり密集する外国ならよくあることなのかな、とは思ったりしますが、どうなのでしょう?ただ未勝利の2Rなんか、何が何でも結果を残したい場面でもないでしょうに、なぜ?という感じはしました。

デムーロは「つい熱くなってしまう」のに対して、岩田は「周りが見えていなくて気がついたらやり過ぎてしまっている」という印象ですね。少し前には菱田も荒い騎乗で有名になっていましたが、こちらも「周りが見えていない」タイプに見えますね。
デムーロは熱くなりはするものの周りは見えているので、ギリギリ大丈夫な程度で攻めているので、これまでに大きな事故は起こっていないのかな~と思っています。
Posted by ナイト at 2017年07月31日 15:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください