2017年11月10日

デイリー杯2歳S&武蔵野S&京都JS予想&エリザベス女王杯予想2

ここは新潟2歳Sを勝ったフロンティアだろう。
ただ、相手が分からない。新馬勝ちのなかで注目されているのはジャンダルムだろうが、武豊が落馬負傷のためか、週刊誌報道から逃げるためか分からないが今週は乗り替わってしまい、その結果アッゼニが乗るのがかなり不安。新馬戦は勝った物の気性が悪そうなところも不安。
なので、ケイアイノーテック、カツジあたりのディープインパクト産駒を有力視したい。
ヒシコスマーは新馬勝ちがドロドロの不良馬場東京だったのでどう判断すれば良いのか。
メガリージョンはデムーロが乗るのは怖いが福永が東京のカフジテイクを選んだと考えればそこまで強い馬ではないか。前走も超スローペースを逃げ切っただけで、上がりも平凡なので評価しにくい。

1枠1番ロードヒイラニシュタルケ55
2枠2番フロンティア岩田55
3枠3番ジャンダルムアッゼニ55
4枠4番メガリージョンデムーロ55
5枠5番ケイアイノーテック川田55
6枠6番ヒシコスマー浜中55
7枠7番カクリョウ岩崎55
8枠8番カツジ松山55
8枠9番ナムラアッパレ国分優55

馬連各100円 2-5 2-8 2-3
自信度★☆☆☆☆


カフジテイク、サンライズノヴァ、ノンコノユメ、ベストウォーリア、モーニン。このあたりが実力上位だろう。
本命はモーニン。かしわ記念、さきたま杯と馬券に絡み、日本テレビ盃では少し距離が長いものの僅差の4着。ようやく復調してきたのではないか。ただ、戸崎もルメールも乗らないというのはかなり不安ではあるが、さすがにモーニンでポツンするような真似はしないだろう。揉まれない外枠も良い。
末脚勝負になればカフジテイクはもちろんだし、東京と相性の良いサンライズノヴァも怖い。
逆に去勢後は末脚の勢いを失ってしまっているノンコノユメは58キロを背負うこともあって厳しいのではないか。
あとは前走こそ不利を受けて大敗したがベストウォーリアも負けてはいられないが、今年の不調続きを見ると、なかなか強くは狙えない。
上がり馬ではクインズサターンが気になるが戸崎が乗り捨てたのならいらないか。
インカンテーションは今ではこの距離は短いのではないか。
ゴールデンバローズは3歳の頃の期待を完全に裏切ったままだし、東京2戦2勝のメイショウウタゲも柴田善臣への乗り替わりというのが気に入らない。
最後に、妙に気になるのはそのメイショウウタゲではなくブラゾンドゥリスに内田が乗り続けるということ。ここ2年のタガノトネールのように、1400mでスピードを生かして競馬をしていた先行馬が残ってしまうのがこのレース。モーニンと同じようなタイプで力は下のように見えるが、斤量差があるのでこの馬も要注意。

◎モーニン 14
○サンライズノヴァ 6
▲ベストウォーリア 12
☆ブラゾンドゥリス 15
△カフジテイク 16
ワイド各100円 6-14 12-14 14-15 14-16 6-15
自信度★★★☆☆


堅実に結果を残しているマイネルフィエスタやミヤジタイガ。このあたりが中心だろうか。
他にはテイエムオペラドン、スズカプレスト、ステージジャンプあたり。
大逃げのタマモプラネットが復調気配だが、得意の雨は朝だけの予報なら捨ててしまう。
東京HJ4着のユウキビバワンダーはその前走がレコード勝ちなので気にはなるが、前走が重馬場でのスタミナ決着、2走前が3330mと少し長めの距離で勝ったことから、距離の長いコースでこその馬ではないか。

◎ミヤジタイガ 7
○マイネルフィエスタ 8
▲ステージジャンプ 11
△スズカプレスト 1
△テイエムオペラドン 4
ワイド各100円 7-8 7-11 1-7 4-7
自信度★☆☆☆☆


実績馬で捨てたいのはミッキークイーン。休み明けで万全ではないとの話もあり、メンバーも揃った今年は捨ててしまう。
あとは府中牝馬Sを勝ったクロコスミアも雨が降らないと厳しいだろう。
本命はヴィブロス。対抗はなんだかんだ言ってもムーアが怖すぎてルージュバック。
他には古馬ならスマートレイアー、クイーンズリング。
スマートレイアーはまさかのアクシデントで武から川田に乗り替わるが、川田と言えばジェンティルドンナのオークスやモーリスの安田記念など、代打騎乗でのG1制覇が多い騎手なのでマイナスとも言えないのではないか。
今年の3歳馬はあまり信用していない。ディアドラは秋華賞こそ楽勝だったが、雨に恵まれたと思っている。紫苑Sで僅差だったことを考えると、良馬場の京都の軽い芝で切れる脚が使えるタイプには思えない。
リスグラシューは福永への乗り替わりが不安。こちらも捨てる。
3歳で怖いのは、秋華賞はハイペースで先行して落鉄しながらも3着のモズカッチャン。デムーロがクイーンズリングではなくこっちに乗るのも気になるし、切れる脚がないタイプだとは思うが去年のシングウィズジョイのように先行して早めに抜け出して粘るような競馬ができるのはこの馬だろう。

1枠1番クインズミラーグロ藤岡康56
1枠2番ハッピーユニバンス池添56
2枠3番トーセンビクトリーアッゼニ56
2枠4番クロコスミア和田56
3枠5番モズカッチャンデムーロ54
3枠6番リスグラシュー福永54
4枠7番クイーンズリングC.デムーロ56
4枠8番タッチングスピーチ松山56
5枠9番デンコウアンジュ蛯名56
5枠10番ミッキークイーン浜中56
6枠11番ディアドラ岩田54
6枠12番スマートレイアー川田56
7枠13番ジュールポレール56
7枠14番ウキヨノカゼ横山典56
7枠15番マキシマムドパリ藤岡佑56
8枠16番ヴィブロスルメール56
8枠17番ルージュバックムーア56
8枠18番エテルナミノル四位56
posted by ナイト at 11:01| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください