2017年11月21日

浦和記念予想&JC予想1

中央馬4頭に、3歳王者ヒガシウィルウィンがどれだけ通用するのかが見所だろうか。
本命はオールブラッシュ。川崎記念を展開に恵まれて勝っただけで強いとは思っていないが、このメンバー相手なら通用するだろう。先行馬もおらず、マイペースの逃げができるのは間違いなさそう。川崎で勝ったということは同じような小回り左回りの浦和も対応できるのではないか。
相手はクリノスターオー。体質が弱いのが不安だが、力を出し切れば交流重賞なら勝ち負けできるだけの力はまだある。
3番手にヒガシウィルウィン。サンライズソアがオープンや武蔵野Sで馬券に絡んでいることからも、それを倒したこの馬は中央のオープンで勝ち負けできるレベルにあると考えていいだろう。ただ、斤量が古馬と同じ56キロというところで割引なのと、小回り浦和適性がどうなのか。
ナムラアラシとマイネルバサラの残る中央馬2頭は、小回り浦和で差しが決まりにくいことが不安。マイネルバサラは春は先行して中山で連勝していたのでここでも先行できれば怖いので押さえるが、ナムラアラシは差し一辺倒だし、白山大賞典でスタートから押してみたはものの結局置いて行かれてしまいそれを挽回しようと早めに動いてガス欠していたことから地方では不安が大きいと見て捨ててしまう。
穴ならグランディオーソ。コース適性が重要な浦和で、3年前のこのレース2着馬は軽視できない。

1枠1番ポイントプラス山口達56
2枠2番タマモホルン左海56
3枠3番ナムラアラシ福永56
4枠4番ヒガシウィルウィン森泰56
5枠5番クリノスターオー56
6枠6番エンパイアペガサス村上忍56
6枠7番マイネルバサラ柴田大56
7枠8番バルダッサーレ吉原56
7枠9番グランディオーソ御神本56
8枠10番ストゥディウム石崎駿56
8枠11番オールブラッシュルメール58

三連複各100円 4-5-11 5-9-11 5-7-11 4-9-11 4-7-11
自信度★★☆☆☆


古馬は天皇賞秋のダメージがどれほど残っているのか。噂ではソウルスターリングは結構なダメージがあったとの話だが、他の馬はどうなのか。
ただ、ハード調教で鍛えられてきたというキタサンブラックなら、そのダメージも問題なく克服して、JC連覇を達成してしまうのではないか。そうでもしないと秋古馬3冠に向けて、有馬記念の盛り上がる材料がなくなってしまう。ここは天皇賞秋に続いて力の違うところを見せてもらいたい。むしろ不安材料を上げるなら、ジョーストリクトリで為す術無く最下位に敗れ、怪我の影響が残っている可能性がある鞍上武豊のほうだろう。

◎キタサンブラック
posted by ナイト at 10:38| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください