2017年11月26日

JC&京阪杯&京都2歳S結果

キタサンブラックが去年の再現のような逃げから4コーナーで後続を突き放しにかかるも、内枠で今年は好位に付けることができたシュヴァルグランが、去年と違ってロスなく立ち回りこれを追ってくる。さらにスタートが相変わらず悪かったレイデオロは馬群に入れたものの3コーナーあたりで早めに外に出して前の2頭を追う。
直線ではこの3頭が抜け出して後続を千切っていく。またしてもキタサンブラックが脅威の粘りで後続を振り切るのかと思ったゴール前100m、ここでキタサンブラックが力尽きる。キタサンブラックをマークするように追ってきたシュヴァルグランが先頭に立つと、レイデオロの追撃を振り切り、ついにG1制覇となった。
シュヴァルグランは軽い芝で平坦の京都コースや、小回りの阪神や中山は向いておらず、長くいい脚を使い続けられる東京や阪神外回りコースがベスト。しかもズブいところがあるので上がりの少しかかるタフなレースが得意。そんな条件が完璧に当てはまる今日の条件で、内枠でロスなく立ち回って直線で前が開く理想的な形でレースを進めることができた。これでもし勝てなかったら、どう頑張っても勝てないというような、パーフェクトな条件でのパーフェクトなレース運びだったのではないか。
レイデオロはスタートが悪く、外に出して追う競馬で、シュヴァルグランのように完璧な立ち回りができなかったがそれでも2着なのだからかなりの実力があるのだろう。中山適性を考えると有馬記念に出てくれば本命なのだが、休養に入るのだろうか。
キタサンブラックはレース中に落鉄していたかは別として、蹄鉄に異常があったなかでの3着と悔いの残る競馬だった。ラスト100mで一気に失速して差されるという形は今まで見られないような負け方だったので、そのあたりから考えても何らかの影響はあったのではないか。
サトノクラウンは3コーナーで早めに上がっていく積極的な競馬だったが直線では伸びを欠き12着。そこまで長く脚を使うタイプには思えないので、直線に脚を溜める競馬のほうがよかったのかもしれない。そしてついにデムーロのG1連続馬券圏内記録も10でストップ。乗り捨てたシュヴァルグランに勝たれてしまい、流れを失ってしまったか。
マカヒキが4着と頑張ってはいたが、前の3頭とは勝負になっていなかった。着拾いの競馬で4着を拾っただけで、ここで勝ち負けできるようなレベルではなかった。
ソウルスターリングは7着と、現状ではこの程度の実力なのだろう。オークスを勝ったと言ってもやはり2000mあたりがベストだろう。

1枠1番シュヴァルグランボウマン57
2:23.7
1枠2番レイデオロルメール55
2:23.7
2枠4番キタサンブラック57
2:23.9
6枠11番マカヒキ内田57
2:24.6
7枠14番アイダホムーア57
2:24.7
5枠9番レインボーライン岩田57
2:24.7
4枠8番ソウルスターリングC.デムーロ53
2:24.9
8枠16番ヤマカツエース池添57
2:25.0
2枠3番ギニョールミナリク57
2:25.0
6枠12番サトノクラウンデムーロ57
2:25.2
7枠13番シャケトラ福永57
2:25.2
3枠5番サウンズオブアース田辺57
2:25.2(同着)
5枠10番ブームタイムパリッシュ57
2:25.2(同着)
8枠17番ラストインパクト戸崎57
2:25.3
3枠6番イキートスポルク57
2:25.5
8枠15番ワンアンドオンリー横山典57
2:25.7
4枠7番ディサイファ柴山57
2:26.0

結果:-400円


これは悔しくてたまらない。馬場が荒れていると見て本命にした14番人気のイッテツが、完全に無理かと思ったところから最後強襲。残り200mで後方2番手と、勝負どころで全く付いて行けなかったが、最後にエンジンがかかると外から1頭だけケタ違いの末脚で追い込み見事に3着に来た。しかし、相手がいない。複勝ですら1330円もついたというのに、ワイドで狙ってしまい、その相手が9、10、12着に競走中止と散々な結果だった。
勝ったのはネロ。58キロの厳しい斤量を背負いながらも逃げ切って連覇達成。時計のかかる京都の馬場というのは予想していたが、1分8秒8という勝ちタイムは想像していなかった。ここまで時計がかかるほど馬場が悪いのなら、重馬場巧者ネロの出番だった。鞍上の金沢所属吉原は初の中央重賞制覇となった。
2着はビップライブリー。1200mは短いかと思っていたが、荒れたタフな馬場では1400mを走れるようなスタミナがある分、有利だったのだろう。
4着にがんばったのはフィドゥーシア。1200mでは頭打ちの印象だったが、ネロと同じで重馬場を得意としているので時計のかかる馬場がこの馬も合っていたのだろう。直線に入ると外からネロに並びかけて、そのまま突き抜けるのではないかという抜群の手応えだった。
重馬場得意と言えばセイウンコウセイだがこちらは7着。春の調子にはなかなか戻らないようで、この調子なら次もまだ狙えない。
人気のソルヴェイグは9着。重い馬場でも結果を残していただけに少し不可解な負け方。牝馬らしく夏馬なのかもしれない。
アットザシーサイドはスタートから付いて行けず、そのまま何もなく11着。荒れた馬場は苦手なのかもしれない。
メラグラーナは競走中止、残念ながら予後不良となってしまった。

1着:ネロ
2着:ビップライブリー
3着:イッテツ ◎
4着:フィドゥーシア
5着:ダイシンサンダー
結果:-500円


人気のタイムフライヤーが直線であっさりと先頭に立ち、逃げていたケイティクレバーを突き放して行くものの、それを上回る脚で外から差し切ったのはグレイル。新馬戦が菊花賞の日のドロドロの馬場だったので評価に困っていたが、良馬場の今回は勝ちタイムを10秒以上縮めて見事に連勝で重賞勝利を挙げた。勝負どころでタイムフライヤーに置いて行かれたことや、前走でドロドロの不良馬場でも末脚を伸ばしていたことを考えると、瞬発力勝負よりも長めの距離での持久力に秀でているタイプか。
2着のタイムフライヤーは勝負どころで反応よく抜け出して行ったし、いい競馬内容だったと思うが、それをマークされる形で仇となってしまったか。これまで1800mで結果を残していたが、グレイルとは逆に1600mに縮めてみてもいい勝負ができるかもしれない。
ケイティクレバーは3着に粘ったが、勝ったグレイルとの上がりタイムは1秒も差があり、展開に恵まれていたのと、4着以下が弱かったということだろう。

1着:グレイル ▲
2着:タイムフライヤー ◎
3着:ケイティクレバー
4着:アイトーン
5着:シスターフラッグ
結果:ワイド190円的中 -110円
posted by ナイト at 20:27| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください