2017年12月14日

全日本2歳優駿&名古屋GP結果

これまでのレースの通りで、ここでは力が違った。
ルヴァンスレーヴが出遅れながらも快勝。上がりタイムも例年40秒近い上がりが出ている全日本2歳優駿で38秒2というのは相当早い。中央での圧倒的なパフォーマンス同様に、ここでもかなりのレベルの高さを見せて、3連勝で2歳ダート王者に輝いた。このパフォーマンスを見れば、来年のドバイ、アメリカ遠征の期待も出てきた。
2着にはドンフォルティス。4コーナーで内にヨレるような形になり接触してしまう大きな不利がありながらも3着とは3馬身差と、例年ならこの馬が楽勝していてもおかしくないほど高い能力を持っているだろう。そしてその不利から巻き返してルヴァンスレーヴに詰め寄った末脚を見ても、距離が延びても大丈夫そうだし直線が長い中央の競馬場でも問題なく活躍できそう。こちらも今後に期待したい。
3着争いはダークリパルサーやビッグスモーキーといった中央馬に割って入った船橋のハセノパイロ。今年の中央勢はレベルが高いと思っていたが、そこに割って入ったのだから能力は高そうだが、終始内ラチ沿いを回ってきたコーナーワークの巧さが小回りの川崎で活きたという印象。大井で同じように活躍できるかは疑問。
2番人気のハヤブサマカオーは10着と大敗。時計のかかる地方の馬場で距離も延びたのはこの馬には合っていなかったか。馬場状態は天気に左右されるのでどうしようもないが、今後は短距離路線での活躍に期待したい。

6枠9番ルヴァンスレーヴデムーロ55
1:41.6
5枠8番ドンフォルティス55
1:41.8
7枠11番ハセノパイロ本田正55
1:42.5
3枠3番ダークリパルサー戸崎55
1:42.6
8枠14番ビッグスモーキー浜中55×
1:42.7
5枠7番リコーワルサー森泰55
1:42.8
4枠5番トーセンブル中野55
1:43.1
7枠12番サザンヴィグラス吉原55
1:43.1
3枠4番ハッピーグリン服部茂55
1:43.5
2枠2番ハヤブサマカオールメール55
1:43.7
1枠1番ドンビー和田譲55
1:44.2
4枠6番ソイカウボーイ御神本55
1:44.4
8枠13番ミスターバッハ石崎駿55
1:44.6
6枠10番ダモンデ高松55
除外

結果:馬連820円的中 +320円


後ろから行くはずのメイショウスミトモが、内枠の利もあり、またペースが落ち着いたことも味方してまさかの3番手からの競馬。こうなれば小回り名古屋への対応という不安材料も快勝され、何の問題なく差し切ってみせた。
2着には、メイショウスミトモよりも早めに動いたトップディーヴォ。しかしシリウスS同様に末脚の差は明らかで、力の差を見せつけられた形になったか。
3着には2番手からトップディーヴォに合わせて仕掛けたカツゲキキトキト。最後は突き放されてしまったが、しぶとく脚を伸ばすタイプなので、もっと早めに思い切った仕掛けをしていればどうなっていたかという気にはなる。
逃げたクリノスターオーはカツゲキキトキトとトップディーヴォが上がってきた時に何も抵抗できず離れた4着。今年に入って3着はあるものの馬券圏内を外すことも増えてきた。気性的な問題ではなく、衰えが見え始めているか。
オールブラッシュは今日も後ろからの競馬でそのまま何も見せ場なく5着。タガノディグオはさらに見せ場無く、古馬との力の差を感じる7着。

1枠1番メイショウスミトモ古川56
2:43.5
2枠2番トップディーヴォ横山典56
2:43.8
5枠5番カツゲキキトキト大畑56
2:44.1
3枠3番クリノスターオー56
2:44.8
8枠11番オールブラッシュルメール58
2:44.8
6枠8番ドラゴンエアル服部茂56
2:45.4
7枠9番タガノディグオ藤岡康55
2:46.7
7枠10番アサクサポイント岡部56
2:47.3
5枠6番トウシンイーグル東川56
2:47.3
6枠7番ブランニュー丸野56
2:47.4
8枠12番サクラビクトワール林謙56
2:49.1
4枠4番ストゥディウム吉原56
2:52.9

結果:ワイド620円的中 +220円
posted by ナイト at 16:13| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください