2017年12月25日

有馬記念&阪神C&中山大障害結果

去年はサトノノブレスにつつかれて最後にサトノダイヤモンドに差され、チーム里見にやられたキタサンブラック。今年はキタサンブラックの引退の花道を飾るべく、2番手に武豊に反抗できない福永のシャケトラが付け、道中ペースを落としても当然福永が仕掛けるようなことはなく、完全にキタサンブラックの引退レースをアシスト。キタサンブラックと武豊がレースを支配し、しっかり脚を溜めたキタサンブラックが仕掛けると後続は付いてくることができない。特に際立っていたのが、ラスト2ハロン目に、このレース最速の11秒2というとんでもないラップを叩き出し、直線に入ると後続を一気に突き放して勝負あり。これまでのG1勝ちに比べて、引退レースということであまりにも周りのお膳立てがされすぎていた感じではあったものの、その期待にきっちり応えて、有終の美を飾った。
2着にはクイーンズリング。やはり有馬記念は枠が大きく影響するということ。好位の内でキタサンブラックの作り出した流れに乗って脚を溜め、最後の直線でひと伸び。得意の小回り中山で武器の瞬発力を最大に発揮し、持久力で勝るシュヴァルグランやスワーヴリチャードを、一瞬の切れ味で内から差して見せた。
3着にはシュヴァルグラン。外からスワーヴリチャードにぶつけられていなければ余裕で2着だっただろう。ただ不利があったとはいえクイーンズリングに勝てなかったあたりを見ても、やはり中山は向いていない。
スワーヴリチャードは終始大外を回っての4着。クイーンズリングとは対照的な立ち回りで、完全に枠に泣いたということ。ただ、それで4着に来ているのだから右回りの不安はほぼ快勝されたか。
5着のルージュバックはスタートが悪く最後方からだったが、最後はメンバー最速の上がりで追い込んだ。やはりポテンシャルは相当の物があるようだが、G1だとどうしても結果につながらないのはなぜだろうか。
先行してキタサンブラックと一緒に流れ込む競馬を期待していたシャケトラは、失速して6着。東京より中山がいいのは間違いないと思うが、まだ4歳なので、来年もう一段階成長することを期待したい。
ヤマカツエースは1枠ということで色気を持って勝負した結果、10着。去年は後方で脚を溜めて直線だけの着を拾う競馬での4着だったので、やはり勝ちを狙うような競馬をするには距離が長いのだろう。
ミッキークイーンは後方で大外を回り続けて11着。枠も展開も何もかもが向かなかった。
サトノクラウンは13着。出走の判断を迷っていたり、調教もイマイチだったりと、天皇賞秋で燃え尽きていたのだろう。
最下位のサクラアンプルールは直線でのスワーヴリチャードの斜行で大きな不利を受けた。クイーンズリング、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードと一緒になって追い込んできていただけに、あれが無ければ2着争いに食い込んでいただろうから、やはり小回りコースでの瞬発力に優れており、中山記念も札幌記念もフロックではなかったことを改めて示したのではないか。
同じような不利を受けたトーセンビクトリーは14着だったが、不利を受ける前からすでに脚色が鈍っており、距離が長かったか。それでも4コーナーでは、この血統一族特有の手応えの良さで3番手にまで上がってきていたことから、中山適性の高さは母や兄同様にトップレベルのものであることは間違いないだろう。

1枠2番キタサンブラック57
2:33.6
2枠3番クイーンズリングルメール55
2:33.8
5枠10番シュヴァルグランボウマン57
2:33.8
7枠14番スワーヴリチャードデムーロ55
2:33.8
6枠11番ルージュバック北村宏55
2:34.0
4枠7番シャケトラ福永57
2:34.1
8枠16番サウンズオブアースC.デムーロ57
2:34.2
4枠8番レインボーライン岩田57
2:34.3
3枠6番サトノクロニクル戸崎57
2:34.3
1枠1番ヤマカツエース池添57
2:34.4
7枠13番ミッキークイーン浜中55
2:34.5
2枠4番ブレスジャーニー三浦55
2:34.6
6枠12番サトノクラウンムーア57
2:34.6
3枠5番トーセンビクトリー田辺55
2:34.8
8枠15番カレンミロティック川田57
2:35.1
5枠9番サクラアンプルール蛯名57
2:35.5

結果:ワイド1180円的中 +680円


キタサンブラックと同じ1枠2番に入ったイスラボニータが、有馬記念前日の阪神Cで引退レースを勝利で飾った。考えてみれば、ここからすでにキタサン祭りの前夜祭は始まっていたのかもしれない。
そして、2着はキタサンブラックの鞍上武豊。今回はスタートが決まったので、去年同様に好位からの競馬ができたのが大きかった。スタートさえ決まれば強い馬なので、これまでなかなか結果を残せていないのがもったいない。ただ今、先に抜け出しながらも最後はイスラボニータに差されたのは、イスラボニータに花を持たせたのではないか。
3着にはサングレーザー。内回りの阪神1400mでは、これだけメンバーが揃えば差し切れないと思っていたが、それでも3着にしっかり追い込んできたので本当に実力があると認めざるを得ない。
4、5着はモズアスコットにビップライブリーが入ったが、重賞で実績を残してきた上位馬とは力の差があったよう。
レーヌミノルは7着。マイルCSは積極的な競馬で最後に失速して4着だっただけに、距離が短い今回は最後まで残るかと思っていたが、中団で脚を溜める消極的な競馬だった。前走ほどの調子にはなかったのかもしれないが、もっと前に付けて早めに動くような競馬をしていれば勝機があったのではないかと、不満の残る内容だった。

1枠2番イスラボニータルメール57
1:19.5
6枠12番ダンスディレクター57
1:19.5
5枠10番サングレーザー福永56
1:19.7
4枠7番モズアスコットC.デムーロ56
1:19.9
5枠9番ビップライブリー大野57
1:20.0
7枠13番モーニン岩田57
1:20.1
3枠5番レーヌミノル和田54
1:20.1
1枠1番ムーンクレスト藤岡佑57
1:20.1(同着)
2枠4番オールザゴー中谷56
1:20.1(同着)
7枠14番サンライズメジャー池添57
1:20.2
3枠6番キャンベルジュニアムーア57
1:20.2
8枠17番シュウジ横山典57
1:20.3
2枠3番タガノブルグ酒井57
1:20.4
6枠11番アポロノシンザン津村57
1:20.4
8枠16番ミスエルテ川田54
1:20.5
4枠8番エポワスボウマン57
1:20.9
7枠15番トウショウピスト古川57
1:21.2
8枠18番シャイニングレイ北村友57
1:21.2

結果:-600円


有馬記念がキタサンブラックの独壇場なら、中山大障害は歴史に残る2頭のマッチレース。レース後に「ナリタブライアンとマヤノトップガンみたい」と言う人がいたほどの名勝負を演じたのはやはりオジュウチョウサンとアップトゥデイトの2頭だった。
オジュウチョウサンを倒すには持ち味のスタミナを存分に生かす大逃げしかないと、道中は後続を3秒以上も突き放すとんでもない大逃げに打って出たアップトゥデイト。その作戦に応えてアップトゥデイトの脚色はなかなか鈍ることなく、後続の追随を許さない。
そんな後続馬群から抜け出してきたのは、やはりオジュウチョウサンただ1頭。向こう正面で後続馬群から抜け出し、徐々にアップトゥデイトとの差を詰めていく。ゴールに近づくにつれてじわりじわりとアップトゥデイトに詰め寄る。
しかしアップトゥデイトもさすがの実力で、4コーナーでもまだその差は5馬身以上。オジュウチョウサンの鞍上石神騎手が気迫溢れるフォームで外から追いすがるも、アップトゥデイト鞍上林騎手も懸命にムチを振るう。アップトゥデイトが粘るか、オジュウチョウサンが差し切るのか。手に汗握る、熱の入った2頭のマッチレース。
直線に入るとアップトゥデイトが最後の粘りを見せ、一度は詰まりかけたオジュウチョウサンとの差がなかなか縮まらない。このまま粘り切るか。そんな雰囲気も漂ったラスト100mあたりで、最後に意地を見せたのは王者オジュウチョウサン。最後の最後に、その末脚はさらにギアを上げたかのように一気に詰め寄ると、ゴール前約15mでついにアップトゥデイトを捕らえ、最後は半馬身の差を付けてオジュウチョウサンが1着でゴール。障害重賞8連勝、J・G1を2年連続完全制覇となる4連勝という、歴史に残る大記録を打ち立てた。
また、タイムは26年破られることのなかったレコードタイムを、1秒以上も更新。
来年も現役を続けるであろうオジュウチョウサンには、今後も日本競馬史に残る障害馬として、さらに記録を積み上げていくことを期待したい。
アップトゥデイトは持ち味のスタミナを存分に発揮しての2着。オジュウチョウサンとの名勝負を演じたこの馬にも、この日の中山競馬場では大きな拍手が送られた。これほど素晴らしいレースというのは、これまで100回以上競馬場で観戦をしてきたが初めてだった。
3着にはルペールノエル。鞍上高田騎手も、前の2頭が強すぎると話したように、2着とは大差を付けられていた。それでもなんとか3着を確保し、終わってみれば去年と同じ1、2、3着の結果となった。

4枠7番オジュウチョウサン石神63
4:36.1
4枠6番アップトゥデイト63
4:36.2
8枠15番ルペールノエル高田63
4:39.4
3枠4番シンキングダンサー金子63
4:39.5
5枠8番サンレイデューク難波63
4:39.7
3枠5番テイエムオペラドン中村63
4:39.7
7枠13番マイネルフィエスタ植野63
4:39.8
8枠14番クランモンタナ熊沢63
4:41.1
2枠3番スズカプレスト北沢63
4:41.2
5枠9番ミヤジタイガ小坂63
4:41.4
6枠10番ユウキビバワンダー佐久間63
4:42.5
1枠1番ウインヤード大江原63
4:44.6
2枠2番ビコーピリラニ田村63
4:44.9
6枠11番サムライフォンテン高野63
4:45.0
7枠12番クラシックマーク五十嵐61
4:48.5

結果:三連複680円的中 +280円
posted by ナイト at 14:49| Comment(0) | 2017年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください