2018年01月24日

TCK女王盃結果

地方のダートを見ていれば、中央の芝をJRAがいじってきただの騒ぐのが馬鹿らしくなってくる。
牝馬のダートチャンピオンを決めるJBCレディスクラシックの1、2着馬が揃って出走したTCK女王盃だったのに、その2頭が揃って馬券圏外に飛ぶような、意味の分からない馬場状態でも、大井競馬は平気で開催してしまうのだから。
雪の影響もあってか、どうやら内が伸びない馬場状態だったようで、逃げたオールポッシブルはそもそもの距離不安もあり早々に失速。その後ろで脚を溜めていたプリンシアコメータが、その開いた内のスペースに飛び込むものの直線で全く伸びない。そしてその隣にいたララベルも全く伸びない。
結局は、これよりもさらに外を回った馬3頭での決着。
勝ったのはミッシングリンク。ダート転向後3戦目で早々と交流重賞制覇。
2着にはブランシェクール。去年は川崎のエンプレス杯で結果を残せなかったが、直線の長い大井というのも、末脚勝負のこの馬に合っていたのだろう。
そして3着にはラインハート。この馬も末脚勝負の馬。交流重賞では3戦連続3着と、毎回安定した末脚を見せている。
ララベルは4着、プリンシアコメータは6着と、ともに惨敗だが、敗因は馬場状態の一言で片付けてしまってもいいような気がする。

1着:ミッシングリンク △
2着:ブランシェクール
3着:ラインハート △
4着:ララベル ○
5着:ファイトユアソング
結果:-300円
posted by ナイト at 18:25| Comment(0) | 2018年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください