2018年12月07日

中日新聞杯予想&阪神JF予想2

このメンバーならメートルダールの連覇を十分に期待できそう。
相手はギベオン、グレイルの3歳馬2頭と先行力が武器のマイスタイルあたりか。
ギベオンは2000mなら実績があるので狙いたい。前走は休み明けでしかも2200mだったので度外視。3歳のマイル路線は、ステルヴィオがマイルCSを勝ってカツジもマイルCSで4着に来たようにそこそこレベルが高い気がするので、そのメンバー相手にNHKマイルCで2着に来た実力を評価したい。
グレイルは共同通信杯の大敗で左回り不安説があることと、セントライト記念で2着だったレイエンダがチャレンジCで惨敗したので、3着だったこの馬を狙う気が起きなくなった。それに、岩田が乗らないことからも狙う気が出ない。
2連勝中のドレッドノータスは京都2歳S以来の重賞勝利を狙うところだが、前走のメンバーが弱かったし、京都での勝ち星が目立つので中京へのコース替わりはプラスには働かないように思う。
このコースでレコード勝ちの実績があるストロングタイタンは小倉記念で心房細動で大敗したダメージが残っていないかどうか。そして結果を残しているのが6月から11月だけの夏馬なので、12月になった今では少し厳しいか。ただ、今週は12月とは思えないくらいに暑かったので、もしかすると力を発揮できるかもしれない。
牡馬の有力馬に不安要素があるので、穴はレイホーロマンス。愛知杯2着でコース実績はあるし、小倉記念はメンバー最速の上がりで4着。末脚は牡馬相手でも上位レベルということを示したのでハンデ戦のここは狙ってみたい。
急に距離を延ばして勝ち上がってきたエンジニアは珍しいシーザスターズ産駒。1600万勝ちは6頭立て、新潟記念は位置取りが後ろの馬しか来ない馬場、アルゼンチン共和国杯はあまりにも遅いペースと、特殊な条件のレースばかりでまだ実力が分からないが、それほど強いと思っていないので捨てる。

◎メートルダール 11
○ギベオン 7
▲マイスタイル 14
△レイホーロマンス 9
ワイド各100円 7-11 11-14 9-11
自信度★★☆☆☆


ダノンファンタジーを本命にして、あと有力馬はシェーングランツ、ビーチサンバのアルテミスS1、2着馬。それにアルテミスSでは人気を裏切ったがそれまでの2戦が強い内容だったグレイシア。そしてアイビーSで32秒台の上がりを使ったクロノジェネシス。
1勝の抽選組では新馬の時計、上がりを見て気になったのはトロシュナだが、スクリーンヒーロー産駒なら本格化はもう少し先か。
それよりはやはりタニノミッションだろう。直線で余裕をもって外に持ち出し、残り200mあたりで追い出すとあっという間に先頭に立ってあとは流すだけの競馬。新馬では力があまりにも違った。G1でもその力は通用するだろうか。
デイリー杯2歳S2着のメイショウショウブは評価に困るのだが、展開と馬場状態に恵まれた前残りだったと思っている。
他に2勝馬もそこそこいるが、ウインゼノビアはアルテミスSで完敗だったし、プールヴィルは新馬の1600mで負けてその後の2勝が1400mという点が不安。ジョディーはスローペースのレースで逃げてハナ差の勝利と展開に恵まれたし、それに中山のサフラン賞では4コーナーで外に膨れそのまま後退したあたりから、右回りが大丈夫なのかと不安を感じる。そのジョディーにサフラン賞で勝ったレッドアネモスも同じようにスローペースの楽逃げと展開に恵まれた印象が強い。

1枠1番ベルスールアヴドゥラ54
1枠2番ジョディー四位54
2枠3番プールヴィル秋山54
2枠4番シェーングランツ54
3枠5番メイショウショウブ池添54
3枠6番スタークォーツ荻野極54
4枠7番ウインゼノビア松若54
4枠8番ラブミーファイン丸山54
5枠9番クロノジェネシス北村友54
5枠10番タニノミッション浜中54
6枠11番ビーチサンバ福永54
6枠12番レッドアネモス戸崎54
7枠13番ダノンファンタジーC.デムーロ54
7枠14番サヴォワールエメ藤岡康54
7枠15番ローゼンクリーガー藤岡佑54
8枠16番グレイシア田辺54
8枠17番トロシュナ北村宏54
8枠18番メイショウケイメイ古川54
posted by ナイト at 10:35| Comment(0) | 2018年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください