2018年12月11日

クイーン賞予想&朝日杯FS予想1

アイアンテーラーとプリンシアコメータの2頭が強いだろう。ハンデを考えて本命はアイアンテーラー。
相手はサルサディオーネ、ハービンマオと、地方馬ブランシェクール。
レディスプレリュード3着のアルティマウェポンもいるが、フロックなのか実力なのか、全く理解できない好走だったので評価に困る。

◎アイアンテーラー 7
○プリンシアコメータ 9
▲ハービンマオ 8
△サルサディオーネ 10
△ブランシェクール 3
ワイド各100円 7-9 7-8 7-10 3-7
自信度★★☆☆☆


わざわざルメールを乗せたいがために、阪神JFではなく朝日杯FSに出てくる、牝馬グランアレグリア。サウジアラビアRCの強さを考えても、ここも楽勝しておかしくないだけの力を持っているだろう。しかし、そんな騎手事情のためだけに朝日杯FSに回ったような馬を本命にしたくない。そして、仮にどうしてもルメールを乗せる必要があるのだとすれば、サウジアラビアRCで出遅れて折り合いを欠いていたことから、乗り替わりを避けたいくらいに本当に気性難で乗り難しい馬ということになる。そうだとすれば、実力はあるとしても気性面の不安が払拭できていないのだから、信頼して本命というわけにはいかない。
本命はファンタジスト。連勝で重賞を勝っている馬は、アドマイヤマーズとケイデンスコールもいるが、アドマイヤマーズはダイワメジャー産駒で、時計が早く早い上がりが要求される阪神外回り1600mに不安がある。ケイデンスコールは新潟2歳S以来の久々のレースだが、タイム差無しの3着だったスティルネスがその後は惨敗続きなことを考えると、レースのレベルに不安を残す。
ファンタジストは1200m、1400mと来て初の1600mに対応できるかどうかだが、ロードカナロア産駒の距離適性の幅広さならこの距離でも活躍しておかしくない。それに前走は1400mながら長距離戦並みの超スローペースだったにも関わらず、しっかり折り合えたのは収穫だろう。あとは何より、武豊の初朝日杯FS勝利を期待したい。

◎ファンタジスト
posted by ナイト at 17:39| Comment(0) | 2018年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください