2018年12月22日

有馬記念予想3&名古屋GP予想&WIN5予想

有馬記念は内枠の先行馬有利なのだが、今年はキセキ、オジュウチョウサン、クリンチャーといったスタミナ勝負が得意な馬がいるので早めに動いてタフな上がりのかかる勝負に持ち込まれるのではないか。
そうなると、内で虎視眈々と脚を溜めて末脚に懸ける馬や、スタミナのある長距離実績のある差し馬にもチャンスがありそうに思う。
レイデオロは固いとして、ペースが早くなればシュヴァルグランの外差しと、マカヒキのイン突き、そして実力は分からないが枠と勢いでパフォーマプロミス、騎手でデムーロのモズカッチャン。
あとは狙う気はなかったが雨予報なのでクリンチャーまで警戒しておく。

1枠1番オジュウチョウサン57
1枠2番クリンチャー福永57
2枠3番モズカッチャンデムーロ55×
2枠4番マカヒキ岩田57
3枠5番パフォーマプロミスC.デムーロ57
3枠6番サトノダイヤモンドアヴドゥラ57
4枠7番サウンズオブアース藤岡佑57
4枠8番ブラストワンピース池添55
5枠9番リッジマン蛯名57
5枠10番ミッキースワロー横山典57
6枠11番ミッキーロケットマーフィー57
6枠12番レイデオロルメール57
7枠13番スマートレイアー戸崎55
7枠14番キセキ川田57
8枠15番シュヴァルグランボウマン57×
8枠16番サクラアンプルール田辺57

ワイド各100円 5-12 4-12 2-12 3-12 12-15
自信度★★★☆☆


中央からは5頭が出走だが、2500mをこなせる馬はどの馬なのだろうか。3年連続出走の地元カツゲキキトキトのほうが実績があるだけに軸としては信頼しやすい気がするものの、白山大賞典で同じようなJRAのメンバー相手に負けているので格下なのは否めない。しかも斤量関係が厳しくなるので中央馬を中心視したい。
本命はセンチュリオン。
グリムを相手にする。白山大賞典はグリムが勝ったが母父サクラバクシンオーなので距離の限界があるのではと不安がある。
強い3歳世代なのでチュウワウィザードは捨てられないし、ミツバも少頭数なので揉まれる不安がないので今回は狙いやすい。
ナムラアラシは距離はいいのかもしれないが、名古屋の小回りコースで差し馬を狙う気にはなれない。

1枠1番ミツバ福永56
2枠2番ハッピースプリント宮崎光57
3枠3番ナムラアラシ岩田56
4枠4番トーセンノワール岡部54
5枠5番センチュリオン大野56
6枠6番カツゲキキトキト大畑56
7枠7番グリム54
8枠8番チュウワウィザード川田54
8枠9番ブランニュー今井56

ワイド各100円 5-7 5-8 5-6 1-5 1-8
自信度★★★☆☆


2018年12月23日WIN5予想
1レース目:10、15
2レース目:1、7、8、11
3レース目:12、15
4レース目:2、8
5レース目:4、12
計64点

結果:1レース的中
久々に大荒れで、今年最終戦はキャリーオーバーありのボーナスステージになる。
posted by ナイト at 23:59| Comment(0) | 2018年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください