2018年12月26日

兵庫GT予想&ホープフルS&東京大賞典予想1

マテラスカイに今年の兵庫リーディング吉村が騎乗するのは気になるものの、ベストとは言えない1400m、58キロの厳しいハンデでは本命に出来ない。
本命はサクセスエナジー。春に交流重賞を連勝しているように1400mはベストだろうし、地方のコース適性にも不安は無い。
復活すれば怖いのはウインムート。ここ最近の1200mは度外視して、1400mなら勝負になっていい。
サンライズメジャーはここでは厳しいように思うが、一応押さえに入れておく。
ハンデ戦なので地方馬にもチャンスはありそうで、今年の交流重賞を制した地元のエイシン2頭もいるのだが、どちらも56キロのハンデだし、そのときに比べて今回はJRA勢のメンバーも強力だと思うのでここは捨てて、ハンデ55キロのアールプロセスを狙う。兵庫への転厩初戦を快勝し、今回が2戦目。中央の実績ではJRA勢に少し劣るものの、エイシン2頭がそれをはねのけて今年は交流重賞を勝利しているので、中央での実績よりもコース適性や状態に重視して考えれば、距離こそ違えど前走園田できっちり勝ちを挙げていることを評価したい。

◎サクセスエナジー 1
○マテラスカイ 12
▲ウインムート 6
△アールプロセス 11
△サンライズメジャー 2
ワイド各100円 1-12 1-6 1-11 1-2
自信度★★☆☆☆


これだけ外国人騎手が活躍している時代だというのに、外国人騎手がG1で1、2、3着を独占したのは実は2010年の有馬記念にまでさかのぼることになる。今年は日本人騎手の勝ちこそ少ないが、馬券圏内には誰か1人は少なくとも絡んでいる。
そんな状況がいつまで続くだろうか。有馬記念で久々に日本人騎手がG1を制して、ホッとしたところで、外国人騎手にワンツースリーを決められても何ら不思議はない。
本命は期待の高いサートゥルナーリア。鞍上はデムーロ。
対抗にアドマイヤジャスタ。朝日杯FSはアドマイヤとデムーロのコンビが制したが、こちらもルメールが騎乗するならここは当然怖い。
3番手にヴァンドギャルド。鞍上は弟デムーロ。
あとは日本人騎手で、勝浦のニシノデイジーと福永のブレイキングドーン。

1枠1番ニシノデイジー勝浦55
2枠2番ブレイキングドーン福永55
3枠3番キングリスティア内田55
4枠4番ヒルノダカール松田55
4枠5番サートゥルナーリアデムーロ55
5枠6番ハクサンタイヨウ松岡55
5枠7番ミッキーブラックマーフィー55
6枠8番アドマイヤジャスタルメール55
6枠9番ジャストアジゴロ田辺55
7枠10番マードレヴォイス三浦55
7枠11番ヴァンドギャルドC.デムーロ55
8枠12番タニノドラマ池添55
8枠13番コスモカレンドゥラ戸崎55



特に深く考えているわけではないのだが、このメンバーなら3頭でいいように思う。
不安があるとすればチャンピオンズCを回避したゴールドドリームの状態くらい。
本命はオメガパフューム。チャンピオンズCから斤量が1キロ減ってJBCクラシックと同じ斤量で出走できるし、ズブい面があるので距離延長もプラスと考えて、ここは狙いたい。

1枠1番マイネルリボーン青柳57
1枠2番ケイティブレイブ福永57
2枠3番スーパーステション阿部龍57
2枠4番モジアナフレイバー繁田55
3枠5番オメガパフュームデムーロ55
3枠6番エイコーン岩田55
4枠7番サウンドトゥルー御神本57
4枠8番ヤマミダンス中島55
5枠9番フレアリングダイヤ井上幹57
5枠10番リーゼントロック松岡57
6枠11番クリソライト戸崎57
6枠12番ワークアンドラブ真島大55
7枠13番ゴールドドリームルメール57
7枠14番コスモプラシデス千田57
8枠15番グルームアイランド矢野57
8枠16番アポロケンタッキーマーフィー57
posted by ナイト at 15:36| Comment(0) | 2018年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください