2019年02月02日

きさらぎ賞、東京新聞杯、WIN5予想

東スポ杯2歳Sで上位のアガラスとヴァンドギャルド、それにエングレーバー、ダノンチェイサー、メイショウテンゲンの5頭にする。
タガノディアマンテは少し気になっていたが、外差しの京都で1枠1番なら捨てる。
本命は外枠に入ったアガラス。東スポ杯2歳Sで2着なのだからここでも通用するだけの実力はあるはず。
ヴァンドギャルドはホープフルSが見せ場無く終わり、エングレーバー、ダノンチェイサー、メイショウテンゲンは勝ちっぷりがそれほど目立ったものではなかったので、どれも信用できず、8頭立てだが仕方なく手広く押さえる。

◎アガラス 7
○エングレーバー 2
▲ヴァンドギャルド 3
△ダノンチェイサー 4
△メイショウテンゲン 8
ワイド各100円 2-7 3-7 4-7 7-8
自信度★☆☆☆☆


4歳世代から、順調に条件特別を勝ち上がってきたインディチャンプに注目。急にマイルに路線変更したレイエンダや、休み明けの前走で勝てなかったタワーオブロンドンよりは信用できるように思う。不振のジャンダルムやテトラドラクマも狙いにくい。
古馬ではサトノアレスも前走大敗で、去年の春の調子に戻っているかどうかが気になる。藤澤厩舎3頭出しはどれも不安で、押さえるならば騎手でタワーオブロンドン。
それより信用できそうなのは実績のあるロジクライ。マイルCSは力を出し切れずに終わってしまった。その前の富士Sの勝ちっぷりを考えても、東京コースなら巻き返せる。ただ、横山典弘がテン乗りでどんな競馬をするのか分からない。
狙ってみたいのは、東京マイルといえばこの血統、レッドオルガ。あくまでワイドの3着狙いでだが、クラレントの安田記念、東京新聞杯、NHKマイルC、さらにレッドアリオンとレッドアヴァンセの富士S、昨年のレッドヴェイロンのNHKマイルCと、東京マイルの3着はこの血統の宿命なのではないか。

◎インディチャンプ 2
○ロジクライ 10
▲レッドオルガ 6
△タワーオブロンドン 5
ワイド各100円 2-10 2-6 2-5 6-10 5-6
自信度★★☆☆☆


2019年2月3日WIN5予想
1レース目:7、9、12
2レース目:1、11、12
3レース目:、5、6
4レース目:7
5レース目:、5、10
計81点

結果:3レース的中
東京10レースが1、2番人気両方出遅れて大敗。3着まで押さえておいたのは正解だったが他がダメすぎた。
posted by ナイト at 23:15| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください