2019年02月10日

クイーンC、佐賀記念予想

クロノジェネシスとビーチサンバ。阪神JFの2、3着が出走しているのなら、ここはどちらも捨てられない。斤量差が1キロ出ることから、ビーチサンバの方を本命にしたい。
たったの9頭立てで、地方馬は厳しいと見ると残るのは6頭だけと、予想の時間が短縮できるのはありがたい。
赤松賞を勝ったジョディーは阪神JFで大敗と、力不足を露呈した。その赤松賞がスローペースの前残りだったので、3番手からゴール前猛然と詰め寄った2着のマドラスチェックは怖いものの、マドラスチェックも切れ不足で差しそこねたような印象。馬場が回復した東京ならジョディーにもう一度残られそうな気もする。
そのマドラスチェックを上回る33秒6の上がりで未勝利を勝ったレッドベルディエスだが、これはあのJC週の土曜だったので上がりが早いのは当然のこと。むしろ、この未勝利の2着以降の馬で勝ち上がった馬が未だにいないこと、そして鞍上がルメールで未勝利を勝ったものの、今回は短期免許で来日しているものの未だに0勝のブロンデルということから、期待はしないほうがいいだろう。それに、新馬で負けた相手は赤松賞の3着馬でジョディーとマドラスチェックに負けているので、そこの力関係からも期待できない。
そのルメールが乗るミリオンドリームズは藤沢和雄厩舎とのコンビで要注意。新馬が札幌の1800mだったので、東京マイルに舞台が変わってどんなパフォーマンスを見せるのか。新馬の内容から狙いたいわけではなく、未知の力に期待という意味で押さえに入れる。
カレンブーケドールは東京で連敗の後、中山で勝利。ただ新馬では33秒0の上がりを使っており、負けた相手が2連勝中のダノンキングリーなら東京が苦手というわけではないだろうし、むしろ強烈な末脚を見ると東京の方が合っていそうに思う。2戦目は直線でどん詰まりで、むしろよく3着に来たと思える末脚だったことからも、実力的には新馬で勝ち上がっていてもおかしくないレベルの馬。
マジックリアリズムはカレンブーケドールと同じように3戦目で未勝利を勝ち上がった。こちらは未勝利の内容も新馬で敗れた相手も特筆すべきことがなく、力不足だと思っている。母ソーマジックといえば東京よりアネモネSの中山や、荒れた外差し馬場の桜花賞の印象が強いので、早い上がり勝負向きとは思っていない。
普通なら阪神JF上位の2頭で決まりなのだが、日程が変わった影響で波乱はあるだろうか。

◎ビーチサンバ 6
○クロノジェネシス 9
▲カレンブーケドール 7
△ミリオンドリームズ 3
△ジョディー 4
三連複各100円 6-7-9 3-6-9 4-6-9
自信度★★★★☆


テーオーエナジーとヒラボクラターシュの4歳馬2頭が強いだろう。斤量差2キロと、内の砂が深い佐賀コースを考えると、本命はヒラボクラターシュ。ヒラボクラターシュの鞍上が、東京の月曜代替競馬となったおかげで乗り替わる不安はあるが、佐賀を知る鞍上に替わったのでマイナス材料ではないと考えたい。
それに太刀打ちできるとしたら、中央馬ではなく地方に移籍したグレイトパールではないか。佐賀では当然のように無敵の強さなので、強かった頃の調子に少しでも戻っていることを期待したい。川田騎手で中央重賞を制した馬が、父親の川田調教師のもとで地方交流重賞を制することが出来るだろうか。
中央のアスカノロマンとメイショウスミトモは斤量58キロが厳しいし、リーゼントロックは力不足だと思う。気になるのは、福永はクイーンCに乗るのでこちらが乗り替わりになったものの、松岡は東京の条件戦を蹴ってリーゼントロックに乗ることくらい。

◎ヒラボクラターシュ 7
○テーオーエナジー 1
▲グレイトパール 10
馬連200円 1-7 
馬連100円 7-10
三連複200円 1-7-10

自信度★★★★☆
posted by ナイト at 21:04| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください