2019年02月15日

京都牝馬S、ダイヤモンドS予想&フェブラリーS予想2

1400mという微妙な距離だが今年はメンバーが揃った気がする。
いつの間にか重賞4勝馬のミスパンテールが連覇を狙うところで、当然本命候補。斤量56キロはターコイズSと変わらないし、むしろハンデ戦だった前走と比べると他の馬の斤量が増える分、相対的に有利で今年も注目したい。ただ、こうなると人気しすぎる可能性が高く、押さえまで。
そのターコイズSで2着だったリバティハイツは1400mへの距離短縮がプラスだとは思うものの、前走は前残りの競馬で上手く内を立ち回ったことが好走の要因だったように思う。外差しの決まる今の京都では狙いにくい。
ターコイズSで外から5着に伸びてきたディメンシオンは、1400mで実績が無いのは不安。前走もエンジンのかかりが遅く、ゴール前でようやく追い上げてきたような内容だっただけに、こちらはリバティハイツと違って距離短縮は好材料ではないように思う。
それなら、ターコイズSで崩れたものの舞台替わりで期待したいリナーテとカイザーバル。どちらも1400mのほうが結果を残しているし、直線の末脚が強烈なので、ターコイズSの結果は度外視して狙いたい。特にカイザーバルは京都が得意で、引退レースのここに全力投球ではないだろうか。ただ、外差しが有利な馬場状態ではあるが、18番枠はさすがに外過ぎるのではないか。これは少し不安。本命はリナーテのほうにする。
3連勝のアルーシャはそれほど強いと思えない。実績のわりに人気が集まりそうなので、これは捨てる。
他には、休み明けでも関屋記念3着のエイシンティンクルに注目したい。この馬こそ確実に前に行くだろうから展開は向かなさそうだが、中途半端な先行策よりは、思い切って逃げて直線でも馬場の良いところに進路を取ればチャンスがあるかもしれない。3走前にインディチャンプに勝っており、またエイシンヒカリの妹ということで、他の先行馬と違って馬場の不向きをカバーできるだけの実力があるのではと期待している。
ただ、関屋記念でエイシンティンクルに先着して2着のワントゥワンがいるので、差しが決まる馬場状態を考えるとこちらのほうがより怖い存在なのは間違いない。
あとはカラクレナイやレーヌミノルは今さら狙う気にならないし、同じ舞台のファンタジーSを勝ったベルーガも復帰後の2戦を見る限りではここでは厳しそう。昨年2着のデアレガーロも最近の調子では狙う気にならない。

◎リナーテ 15
○カイザーバル 18
▲ワントゥワン 11
△ミスパンテール 14
△エイシンティンクル 9
ワイド各100円 15-18 11-15 14-15 9-15 11-18
自信度★☆☆☆☆


ユーキャンスマイルが有力だろう。万葉Sはヴォージュの逃げにしてやられたが、きっちり2着に追い込んで来たのだから菊花賞3着馬としては十分な内容だったように思う。不安があるとすれば、キングカメハメハ産駒なので、さらに距離が延びる3400mは大丈夫なのかということ。菊花賞も万葉Sもかなりのスローペースで長距離適性がない馬でも上位に来るようなレースだったように思っているので、本当にこの距離でのレースが合っているのかという不安は感じている。
その万葉Sで3、4着のグローブシアターとカフェブリッツ。グローブシアターも長距離で実績はあるが、キングカメハメハ産駒で同じように距離が心配。カフェブリッツはダートを走っていた大型馬なので、瞬発力に欠ける分パワーがあって長く脚を使えるタイプだと思うが、前走は早めに動いたとは言え直線途中で完全に失速してしまったので、こちらもさらに距離が延びるのは不安が大きい。
それならこの距離で実績のあるオーストラリア帰りのソールインパクトだが、ノド鳴りの症状があるようで不安はぬぐえない。冬は空気も乾燥しているのでより厳しい環境での勝負になりそう。
そこで、距離適性を期待して狙いたいのはララエクラテール。ここ2年で、馬券に絡んだのは全て2400m以上のレースで、唯一の勝ち星は2600mと、ステイゴールド産駒らしく長距離でこその馬なのは間違いないだろう。別定のステイヤーズSで6着だったのなら、ハンデ51キロのここはそれ以上を期待できそう。
一応長距離戦としてララエクラテールに期待してみるものの、結局万葉Sのような超スローペースに落ち着くなら、ケイアイドウソジンのような前例があるのでキングカメハメハ産駒の本命決着も十分あり得るだろう。

◎ララエクラテール 6
○ユーキャンスマイル 10
▲グローブシアター 9
△カフェブリッツ 2
ワイド各100円 6-10 6-9 2-6 9-10
自信度★★☆☆☆


有力所で捨てたいのは、マーフィーが根岸Sを勝った直後のインタビューでマイルは距離が長いからダメと言ったコパノキッキングと、左回りで結果を残せておらずさらに重賞勝ちも2000mだけでマイルは距離が短そうなオメガパフューム。
ゴールドドリームを軸に、残る有力馬インティ、サンライズノヴァ、サンライズソア、ノンコノユメ、ユラノト、クインズサターンを押さえる形にする。
できれば相手をもう少し絞りたいところだが、あまり捨てるための材料が見当たらない。前残りのダートならサンライズノヴァ、ノンコノユメの両方を捨ててしまうのもありかと思っているが、今の東京ダートは追い込みも決まっている。それならスタートが芝なので長く芝を走れる外枠が有利な東京マイルなので、クインズサターン、ユラノトの2頭が捨てる候補だが、クインズサターンはどうせ後ろからの馬なのでスタートで出て行く必要もない。前走同様に道中は内で脚を溜めて直線で間を割って抜け出してくる競馬は警戒しておきたい。

1枠1番クインズサターン四位57
2枠2番ユラノト福永57×
3枠3番ゴールドドリームルメール57
3枠4番メイショウウタゲ北村宏57
4枠5番サクセスエナジー松山57
4枠6番インティ57
5枠7番サンライズノヴァ戸崎57
5枠8番モーニン和田57
6枠9番ワンダーリーデル柴田大57
6枠10番サンライズソア田辺57
7枠11番コパノキッキング藤田57
7枠12番ノボバカラミナリク57
8枠13番ノンコノユメ内田57
8枠14番オメガパフュームデムーロ57
posted by ナイト at 14:06| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください