2019年02月16日

フェブラリーS予想3&小倉大賞典、WIN5予想

枠の並びがどうなるか気になっていたサクセスエナジーとインティ。インティは無理に逃げることはないと思っているが、サクセスエナジーは鞍上が松山だし逃げる可能性が高く、この並びなら楽に1、2番手が決まりそうで、そこまでペースが早くならないように思う。もし逆の並びだったら、包まれたくないインティが多少無理をしてスタートから出していく必要があり、サクセスエナジーとハナを主張し合って競り合う可能性があったように思う。
なので、極端な追い込み決着にはなりにくそうで、外からの末脚に懸けるノンコノユメ、サンライズノヴァに向く流れになるとは思えない。去年のフェブラリーSはかなりのハイペースで差し決着になっての1、4着だったわけで、昨年同様に早い流れが味方することは期待しにくい。

1枠1番クインズサターン四位57
2枠2番ユラノト福永57×
3枠3番ゴールドドリームルメール57
3枠4番メイショウウタゲ北村宏57
4枠5番サクセスエナジー松山57
4枠6番インティ57
5枠7番サンライズノヴァ戸崎57
5枠8番モーニン和田57
6枠9番ワンダーリーデル柴田大57
6枠10番サンライズソア田辺57
7枠11番コパノキッキング藤田57
7枠12番ノボバカラミナリク57
8枠13番ノンコノユメ内田57
8枠14番オメガパフュームデムーロ57

馬連各100円 3-6 3-10
ワイド各100円 1-3 2-3

自信度★★☆☆☆


スティッフェリオ、マイスタイル、エアアンセムと福島記念の上位3頭がそのまま揃ってここに出走。そのままこの3頭での決着も十分に考えられる。ただ、1800mでの勝負となると、2000mで上がりのかかる勝負を得意とするスティッフェリオとエアアンセムよりは、前走マイルで2着に来たようにスピードもあるマイスタイルの適性が高そう。
スティッフェリオは福島記念からハンデ2キロプラス、そして外枠に入ったので、思い切ってここは捨てる。
先手を主張しそうなのも、福島記念に続いてマルターズアポジーだろう。しかし、マルターズアポジー、マイスタイルの他にもケイティクレバー、サイモンラムセス、タニノフランケル、マウントゴールドと前に行きたい馬が多い。前走東京新聞杯以来の逃げ切りを決めたブラックスピネルまでも逃げ争いに加わるようなことになるのだろうか。とにかく、これだけ逃げ、先行馬が揃ったのであれば、ハイペースの持久力勝負になる可能性が高そう。
サイモンラムセスは力不足だと思うし、ケイティクレバーはもう少し距離があったほうが結果を残せているので、これは捨てる。
枠順的に、マルターズアポジーが逃げるのはいつものこと。内で包まれたくないタニノフランケルも先手を主張して行くかもしれないが、スタートが早い馬ではないので、どの程度のポジションを取れるかが問題になってくるだろう。
マイスタイルやケイティクレバーがマルターズアポジーに競りかけるとは思えないが、ある程度前に行きたいだろうから、そうすると内で包まれそうなマウントゴールドは少し狙いにくい。後ろからの競馬になった中山金杯で大敗しただけに、スムーズに先行できなかった時には不安がある。
タニノフランケルは中山金杯3着と重賞でも通用したものの、今回は激しい先行争いで楽な逃げに持ち込めなさそうで、それを克服するだけの実力を付けているかどうか。ただスローの上がり勝負よりはある程度ペースが流れた方がよさそうな馬だし、この小倉1800mは去年の夏に圧勝した舞台なので、軽視は出来ない。
そんな中で、本命はナイトオブナイツ。福島記念で4着に追い込んで来たように、あと一歩足りない馬だと思っているのだが、ベストの1800mに変わればそのあと一押しが期待できる。
あとは小倉の鬼レトロロックが重賞でも通用するのかどうか。ここでは通用しないと思っているが、松若の2週連続重賞制覇があっても驚けない。

◎ナイトオブナイツ 11
○マイスタイル 8
▲エアアンセム 2
△タニノフランケル 3
ワイド各100円 8-11 2-11 3-11 3-8
自信度★☆☆☆☆


2019年2月17日WIN5予想
1レース目:3
2レース目:、9、11
3レース目:3、8、11
4レース目:3、6、8、10
5レース目:3、
計72点

結果:2レース的中
ただただ、インティが強かった。
posted by ナイト at 17:19| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください