2019年02月25日

エンプレス杯予想

川崎記念は相手が強すぎて粘れなかったサルサディオーネが、今回は同じコースで逃げ粘れるかどうか。しかし地方のクレイジーアクセルも逃げ馬で、競り合うことになりそうだが大丈夫だろうか。
実力なら、前走サルサディオーネらを相手に1600万を勝ったミッシングリンクだが、去年このレースで6着と中央馬最下位に敗れておりコース適性に不安があるし、またその夏の1600万以来なのは不安。
コース実績なら去年2着のプリンシアコメータ。最近の不調から脱することができるかどうかは気になるが、前走は馬体重プラス18キロと明らかに仕上がっていない状態での出走だったので度外視して、今回ちゃんと仕上げてきていればここはメンバーを考えれば負けられない。
前走TCK女王盃を勝ったビスカリアだが、内枠が味方しての圧勝だったので真の実力を量りかねる。
まさかとは思うが、引退の中村均調教師が、JRAのレースが終わった後にここで有終の美を飾るのだろうか。初ダートなら不気味だが、キンショーユキヒメは一度ダートで大敗しているので捨てる。
地方馬では、最近何度も対戦しているアルティマウェポンとブランシェクールはブランシェクールのほうが上と見ている。TCK女王盃は内ラチ沿いが有利の馬場状態で内にもぐりこんだアルティマウェポンと外を回ったブランシェクールで明暗が分かれ、クイーン賞はハンデ2キロ差がありながらも僅差の決着だった。それを考えれば、同斤量だったブリーダーズGCやレディスプレリュードの成績を考えればブランシェクールが優勢だろう。ただ、ブランシェクールは前走人気していたように、大井1800mがベストの印象が強く、2年前のこのコースでは7着に敗れている。そこで、地方から今回はクロスウィンドを狙う。2走前にこのコースで勝ちがあり、1枠1番なので上手く立ち回ればチャンスがあるのではないか。

1枠1番クロスウィンド矢野54×
2枠2番ミッシングリンク戸崎55
3枠3番キンショーユキヒメ石橋55
4枠4番アルティマウェポン真島大55
4枠5番ブランシェクール吉原55
5枠6番アッキー柴田大55
5枠7番プリンシアコメータ岩田56
6枠8番エミノマユアク高松55
6枠9番ビスカリア森泰55
7枠10番クレイジーアクセル笹川54
7枠11番グレートコマンダー町田55
8枠12番ラモントルドール櫻井55
8枠13番サルサディオーネ丸山55

ワイド各100円 2-7 7-9 7-13 2-9
複勝100円 1

自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 11:42| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください