2019年03月03日

弥生賞、チューリップ賞、オーシャンS結果

予想を上回る大雨で、内で先行した有力馬が全滅。
勝ったのは外から差し切ったメイショウテンゲン。さらに2着も後ろから外を回って伸びてきたシュヴァルツリーゼ、3着も後ろから来たブレイキングドーンと、明らかに馬場状態に大きく左右されたレースとなった。
メイショウテンゲンはこれまでの成績が微妙なので今後の判断には迷うところだが、2着のシュヴァルツリーゼは今日も首を横に向けて走るようなレースだったにもかかわらず、直線に向いてエンジンがかかると一気に伸びてきた。真面目に走れるようになれば、かなり強いかもしれない。
新馬が強い勝ち方で、ホープフルSでも期待していたブレイキングドーンは、重馬場で今回こそと思っていたものの3着と微妙な結果に終わり、思っていたほど強くなさそう。
ラストドラフト、ニシノデイジー、カントルあたりの人気馬は、馬場、展開とも向かなかったので今回は度外視していいだろう。

8枠10番メイショウテンゲン池添56
2:03.3
5枠5番シュヴァルツリーゼ石橋56
2:03.5
7枠8番ブレイキングドーン福永56
2:03.7
2枠2番ニシノデイジー勝浦56
2:03.7
3枠3番カントルデムーロ56
2:03.7
4枠4番サトノラディウス56
2:04.0
1枠1番ラストドラフトルメール 田辺56
2:04.0
8枠9番ナイママ柴田大56
2:04.0
6枠6番ヴァンケドミンゴミナリク56
2:05.3
7枠7番ラバストーン江田照56
2:07.5

結果:ワイド1890円的中 +1490円


ダノンファンタジーが直線で前が詰まったものの、追い出しを待って外に持ち出すと、そこから一気に突き抜けた。ここでは力が違ったようで、難なく前哨戦を勝利し、桜花賞への期待が高まった。
2着にはスタートで出遅れたものの後方から直線一気で追い込んだシゲルピンクダイヤ。さすがにダノンファンタジーらの一線級相手だと厳しいかもしれないが、開催が進んだ桜花賞では例年チューリップ賞より差しが決まる印象で、当日の馬場や展開次第ではチャンスがあるかもしれない。
3着には中団から伸びてきたノーブルスコア。紅梅S、エルフィンSとも3着の善戦馬が、またも3着。さすがに桜花賞では厳しいと思うが、相手なりに堅実に走るタイプだろうから、ローズSあたりまで覚えておけばいいことがあるかもしれない。
もう1頭の人気馬シェーングランツは直線で伸びず5着。休み明けの藤沢厩舎というのを簡単に信用したのが間違いだった。武豊がモズスーパーフレアではなくこちらに乗ることに期待していたが、肝心の馬と厩舎のやる気がなかった。
人気は落としていたが、良血馬のドナウデルタが4着に。ドナウブルーは少し晩成気味だったことを考えると、ドナウデルタもこれからに期待したい。

1枠1番ダノンファンタジー川田54
1:34.1
8枠13番シゲルピンクダイヤ和田54
1:34.3
5枠7番ノーブルスコア福永54
1:34.3
8枠12番ドナウデルタ北村友54
1:34.3
5枠6番シェーングランツ54
1:34.6
3枠3番ブランノワール藤井54
1:34.7
2枠2番マルモネオフォース富田54
1:34.9
7枠10番アフランシール岩田康54
1:35.0
4枠5番メイショウショウブ池添54
1:35.2
6枠9番オーパキャマラード松若54
1:35.5
4枠4番ハニーウィル国分恭54
1:35.7
7枠11番サムシングジャストシュタルケ54
1:35.7
6枠8番ブリッツアウェイ松山54
1:36.4

結果:-200円


モズスーパーフレアがスタートは悪かったものの、二の脚の速さで先頭を奪うとそのまま後続を引き離す逃げに。そのスピードは圧巻で、前半3ハロンは32秒3。4コーナーでは少し後続との差が縮まりさすがにこれは暴走かという展開だったが、逆にここで後続が脚を使ってしまったことでそのあとの追い上げの脚が鈍る。一方のモズスーパーフレアはその脚色が鈍らず、結局ナックビーナスに1馬身4分の1の差をつけて勝利。勝ちタイムは1分7秒1と、午前中まで稍重だったような馬場状態でもこの時計。先週までの馬場状態なら、ロードカナロアのレコードタイム、1分6秒7も十分に狙えたのではないかという、圧倒的なスピードを見せつけて、高松宮記念に向かうことに。ダノンスマッシュ1強かという状況に待ったをかけた。
2着のナックビーナスはこれだけ早い時計では厳しかったか。それでも昨年に続いての2着を確保しているのはさすがで、馬場状態次第では今年も高松宮記念で上位争いを期待できそう。
3着に連闘のダイメイフジ。好位集団から馬郡を割って抜け出してきたが、前の2頭とは力の差が大きかったか。それでも去年に続いて、連闘策が成功したと言える結果だと思うので、使い詰めのほうがいいタイプということだろう。
ラブカンプーはシルクロードSに続いての最下位。復活には時間がかかりそう。

1着:モズスーパーフレア 〇
2着:ナックビーナス △
3着:ダイメイフジ ◎
4着:ペイシャフェリシタ △
5着:ショウナンアンセム
結果:ワイド1880円的中 +1380円
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください