2019年03月31日

高松宮記念、マーチS、日経賞、毎日杯、黒船賞結果

内有利の決着にしても、荒れすぎ。そしてダノンスマッシュがG1で通用しないレベルだったことにがっかりした。
勝ったのはミスターメロディ。初の1200mでも問題なかった。
人気のモズスーパーフレアはスタートダッシュも悪く調子を落としていたようで、15着。しっかり休養を挟んで、復調を期待したい。
セイウンコウセイの復活の2着、距離慣れしたのかショウナンアンセムの3着と理解に苦しむ結果に終わった。

2枠3番ミスターメロディ福永57
1:07.3
2枠4番セイウンコウセイ57
1:07.4
4枠7番ショウナンアンセム藤岡康57
1:07.4
7枠13番ダノンスマッシュ北村友57
1:07.5
3枠5番ティーハーフ国分優57
1:07.6
4枠8番レッツゴードンキ岩田康55
1:07.6
8枠16番デアレガーロ池添55
1:07.8
6枠12番ロジクライルメール57
1:07.8
3枠6番アレスバローズ川田57
1:08.0
1枠2番ラインスピリット森一57
1:08.1
8枠17番ダイメイフジ丸山57
1:08.1
7枠14番ペイシャフェリシタ松田55
1:08.1
6枠11番ヒルノデイバロー横山典57
1:08.8
5枠9番ナックビーナス大野55
1:08.9
7枠15番モズスーパーフレア55
1:09.0
8枠18番ダイメイプリンセスデムーロ55
1:09.1
1枠1番スノードラゴン藤田57
1:09.2
5枠10番ラブカンプー酒井55
1:09.3

結果:-500円


道中はそこまでハイペースではなかったが、3コーナーあたりから一気にペースアップ。好位のリーゼントロック、ロンドンタウン、ヒラボクラターシュが逃げるハイランドピークを捕えて3頭が抜け出していく。
この3頭の勝負になるかと思ったが、仕掛けが早かった分、最後に脚色が鈍ったところを大外からサトノティターンが強襲。一気の末脚でまとめて差し切って重賞初挑戦で初勝利を挙げた。まっすぐ走らず直線でヨレることで有名なサトノティターンなので、気性的にもアテにしずらいところがある馬だが、前走1600万では4馬身差の快勝で能力の高さは間違いのない馬。今回も勝ちはしたものの、鞍上石橋がまっすぐ走らせるために必死にムチを使って過怠金を取られてしまった。まっすぐ真面目に走れるようになれば、さらに強くなるのではないか。
ロンドンタウンは57.5キロのハンデで2着と好走。最近は韓国でしか勝てていなかったが、復調してきたか。
3着リーゼントロックは佐賀記念の2着に続いて中央でも好走。前走は佐賀の時計のかかる馬場が合っていただけだと思っていたが、ここにきて力をつけているのかもしれない。
期待の4歳勢は全滅。ヒラボクラターシュは伸びを欠き4着。中9日という厳しいローテーションが影響したか。テーオーエナジーは4コーナーから前が詰まって追い出せず10着。この結果は度外視して次回また期待したい。連勝中のロードゴラッソは伸びきれず6着。重賞では少し力不足だったか。

1着:サトノティターン
2着:ロンドンタウン
3着:リーゼントロック
4着:ヒラボクラターシュ ◎
5着:サンマルデューク
結果:-400円


中山が外差し馬場から解放され内も残る馬場状態になったおかげで、メイショウテッコンのスローの逃げが決まった。
エタリオウが途中で早めに動いて一気に2番手まで上がってきたところで、メイショウテッコンも動いてペースを上げると、エタリオウに交わされることなく最後までしぶとく粘り続け、見事に逃げ切って見せた。
2着にエタリオウ。またしても2着で、ある意味期待通りの結果となった。
3着にはサクラアンプルール、4着にハッピーグリンと先行馬がそのまま残るような形に。しかしどちらも上位争いに付いて行ける様子はなく、3着以下は少しレベルが落ちる内容だった。
人気のルックトゥワイスはしぶとく伸びてエタリオウに次ぐメンバー2番目の上がりを使ったものの6着。ここは展開が向かなかったのと、4コーナーで前が詰まっていたので大外に持ち出したのも大きなロスだった。

1枠1番メイショウテッコン55
2:34.2
6枠7番エタリオウデムーロ55
2:34.4
4枠4番サクラアンプルール横山典56
2:34.6
7枠10番ハッピーグリン服部茂55
2:34.8
2枠2番ゴーフォザサミット石橋56
2:34.9
5枠6番ルックトゥワイス戸崎56
2:35.0
8枠12番クリンチャー三浦56
2:35.3
5枠5番ブラックバゴ池添56
2:35.6
8枠11番チェスナットコート坂井56
2:35.8
7枠9番カフェブリッツ蛯名56
2:35.9
3枠3番アクションスター大野56
2:36.8
6枠8番グランアルマダ石川56
2:37.1

結果:-500円


中山と同じく阪神も逃げ残り。ランスオブプラーナが毎日杯を逃げ切った。1800m戦なのに前半3ハロンが36秒5という超スローペースが味方した。
2着のウーリリも、好位の内でうまく立ち回って展開と枠が味方した印象。今後予想をする時にこの2頭の着順は素直に受け止めないほうがいいだろう。
3着に後方から追い込んだヴァンドギャルド。今回の展開と枠ではこの結果も仕方が無かったか、ゴール前でようやく3着に追い込んでくるのが精一杯という結果だった。ただ、上がり33秒9でウーリリと比べて0秒1しか早くなく、そこまで切れる脚を使ったわけでもない。直線に入ってからのエンジンのかかりが遅かったような印象で、スローの上がり勝負で溜めて切れるというタイプではないのかもしれない。
4着には中団から脚を伸ばしたケイデンスコール。中団から伸びてきて前の2頭を追い上げていたものの、最後はストップしてしまいヴァンドギャルドに交わされてしまった。マイルあたりがベストで1800mは少し長いのかもしれない。
マイネルフラップはやはり時計勝負に不安があり、後方から早めに動いたものの、直線でもそれほどスピードアップするわけでもなく、後ろから来たヴァンドギャルドとの脚色の違いは明らかで、じわじわと伸びての5着止まりだった。

1着:ランスオブプラーナ △
2着:ウーリリ ▲
3着:ヴァンドギャルド ◎
4着:ケイデンスコール
5着:マイネルフラップ
結果:ワイド740円的中 +340円


好位から抜け出したサクセスエナジーとヤマニンアンプリメの一騎打ちを制したのはサクセスエナジー。得意の1400mの交流重賞はこれで3勝目となった。
2着のヤマニンアンプリメは内が深い高知のダートで1枠1番ながら2着に来たのはかなり評価できる。斤量差こそ4キロあったものの、3着に5馬身差の2着なのでこれからもこの路線での活躍を期待できそう。
3着にキングズガード。これで3年連続馬券に絡んだわけだが、今年は上位2頭には全く通用しないような内容で、ゴール前にようやく地方馬を交わして3着という内容。堅実な末脚ではあるが、昔のように突き抜けるほどの勢いはなくなってしまったか。
逃げたサイタスリーレッドは失速して7着。1400mの交流重賞勝ちの実績こそあるが、今はカペラSで好走した時のように、スピードを活かせる1200mのほうがいいのだろう。

1着:サクセスエナジー ◎
2着:ヤマニンアンプリメ △
3着:キングズガード ○
4着:エイシンバランサー
5着:サクラレグナム
結果:三連複570円的中 +270円
posted by ナイト at 16:57| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください