2019年06月08日

マーメイドS、エプソムC、ベルモントS、WIN5予想

フローレスマジックは前走福島牝馬Sで2着と、ようやく良血馬の才能が開花し始めたと思わせる結果ではあったが、それでもデンコウアンジュに千切られての2着では、安定して重賞で勝ち負けを狙えるレベルとは思えない。ましてやトップハンデ55キロを背負う今回は、不安のほうが大きい。
それに次ぐハンデ54キロを背負うが、センテリュオとモーヴサファイアを狙う。
あとは気になる馬がことごとく外に入ったので狙いにくくなってしまった。前残りを期待したいランドネもいるが、アドラータがいるので逃げ争う形になりそうであまり狙いたいと思わない。
内枠の軽ハンデで狙うならサラスやサンティールあたりだが、これもワンパンチ足りないか。
それなら休み明けを叩いて調子が上がっていそうなレーツェル。ハンデ51キロは魅力だし、新馬から3連勝の実力は認めたい。
雨が強ければチカノワールなのだろうが、馬場は土曜には回復しそう。

◎モーヴサファイア 11
○センテリュオ 4
▲レーツェル 10
△サラス 3
△サンティール 1
ワイド各100円 4-11 10-11 3-11 1-11
自信度★☆☆☆☆


ミッキースワローの実力が抜けていそうで、不安だった雨の心配もなさそう。あとは前残りの今の東京で追い込んで来れるかどうか。
逆に、雨が得意なハクサンルドルフはチャンスを失ったか。去年のこのレースでは、重馬場とは思えないような末脚で2着に突っ込んで来た。しかし今年は良馬場でのレースになりそう。
プロディガルサンは1800mは4戦して馬券圏内を外していないことを評価したい。
カラビナは前走は距離短縮で1800mが短いかと思いきや2着に来た。東京は3戦3連対の得意コースなのでここも警戒したい。
サラキアはローズS2着の実力馬だが、アーモンドアイやラッキーライラックはともかくこのレベルの4歳牝馬がエプソムCで通用するか疑問。
さすがに2連勝中のソーグリッタリングは外せない。
レイエンダが復調しているかどうかは気になるところだが、これと言って期待できる材料は見当たらない。
それなら大外枠でもダノンキングダムの単騎楽逃げを警戒しておきたい。
あとは穴で左回りの成績が抜群に良いアップクォーク。

◎ミッキースワロー 8
○アップクォーク 5
▲プロディガルサン 7
△ソーグリッタリング 4
△ダノンキングダム 14
△カラビナ 11
ワイド各100円 5-8 5-7 4-5 5-14 5-11
自信度★★☆☆☆


アメリカ3冠の最終戦は厳しいスケジュールに加えて2400mという距離もあってか、たったの。10頭立て。その中の1頭は日本からのマスターフェンサーなのだから、よほど馬主や調教師には人気のないレースなのだろう。
本命はケンタッキーダービー3着のタシトゥス。それからケンタッキーダービーは不利を受け7着だったが続くプリークネスSを制したウォーオブウィル。
それに続くならイントレピッドハートくらいか。しかし上位2頭には実績で大きく劣る。それならまだマスターフェンサーのほうが狙えそうな気がする。

◎タシトゥス 10
○ウォーオブウィル 9
ワイド200円 9-10
自信度★★☆☆☆


2019年6月9日WIN5予想
1レース目:2、6、11、13
2レース目:、5
3レース目:1、、11
4レース目:4、11
5レース目:8、14
計96点

結果:2レース的中
初ダートのエアアルマスが1番人気で4馬身差の楽勝。これはかなり強いかもしれない。
posted by ナイト at 21:21| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください