2019年06月15日

ユニコーンS、函館スプリントS、WIN5予想

デアフルーグとデュープロセスの一騎打ちだと思っていたのだが、ダート初挑戦のワイドファラオ、ダート2連勝中でどちらも圧勝のダンツキャッスルは気になる。ただ、この2頭はどちらも逃げて結果を残している馬で、雨で時計の早い馬場ともあれば、前半がかなり早いペースになるような気がする。それに鞍上が内田と幸となれば、ともに引くことなく潰し合いになる可能性もありそう。思い切って両方捨てる。
逆に、それを考えれば追い込みが決まることを期待してニューモニュメントに期待したい。
ヴァニラアイスは前走オープン勝ちで、2走前もハイペースのレースで早めに動いて3着なので評価したいものの、距離が少し長いか。
ヴァイトブリック、ノーヴァレンダの地方交流重賞で実績のある2頭も気になるところ。

◎デュープロセス 8
○ニューモニュメント 13
▲デアフルーグ 6
△ヴァイトブリック 3
△ノーヴァレンダ 14
ワイド各100円 8-13 6-13 13-14 3-13 3-8
自信度★★☆☆☆


前例のない大事件が起こった結果、7頭立てになってしまった函館スプリントS。ここはタワーオブロンドンに勝ってもらって、スプリント戦線を盛り上げてもらいたい。ただ斤量58キロはかなりの不安材料で、52キロのアスターペガサスとは6キロの差。これがどれだけ影響するのか。
その次となれば、カイザーメランジェかペイシャフェリシタだろうか。
ダイメイフジは夏に弱い馬だが、函館の涼しさなら夏でも走るのかどうか。同じパターンで昔ガルボがこのレースを勝ったことがあるので気になるが、最近は休み明けは走らないので捨てる。
雨ならサフランハートは実績がある。馬場状態次第ではこの馬にもチャンスがありそう。
さすがにユキノアイオロスは力不足だろう。
と、あっという間に7頭書き終えてしまった。

◎サフランハート 1
○タワーオブロンドン 13
▲アスターペガサス 11
△ペイシャフェリシタ 2
△カイザーメランジェ 10
ワイド各100円 1-13 1-11 1-2 1-10
自信度★★☆☆☆


2019年6月16日WIN5予想
1レース目:6、13
2レース目:3、11
3レース目:2、13
4レース目:2、、6
5レース目:6、8、13
計72点

結果:1レース的中
オールフォーラヴは覚醒したのか。秋に重賞で通用するかどうか。
posted by ナイト at 22:46| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください