2019年07月13日

函館記念、マーキュリーC、WIN5予想

巴賞を勝ったのが59キロを背負ったススカデヴィアスだったことを考えると、レースのレベルは低かったと思うし、何より先行馬総崩れの展開だった。それに比べて先行馬不在の今回は全く違う結果になるとも考えられる。
そんな巴賞組で警戒したいのは、ハイペースで前に行った馬が総崩れの厳しい展開でも早めのまくりで見せ場を作ったアメリカズカップだが、雨が得意なこともあるのでどうやら良馬場でのレースになりそうな今回は狙いにくい。それに2000mも少し長いだろう。
それならマイスタイル。前走は先行してさらに不利もあっての9着だったので度外視すれば、実力はここでも上位。さらに、楽に先手を取れそうな今回は展開にも恵まれるのではないか。ただ、今さら田中勝春を重賞で狙えるだろうか。
重賞勝ちの実績馬から素直に狙うならステイフーリッシュとエアスピネル。しかしこれもステイフーリッシュの鞍上中谷は信頼ならないし、エアスピネルは大外枠が不安。
メートルダールは雨が不安だが、なんとか天気は持ちこたえそうなので警戒したい。田中勝春、中谷に比べると、先週はジョディーで海外に行って来た武藤雅はまだ期待したい。
残る1頭の重賞勝ち馬ドレッドノータスは雨のほうが良かったか。良馬場なら少し力不足か。
他に、初重賞制覇を狙うポポカテペトルとブラックバゴも気になるところで、この2頭はハンデも55キロと狙いやすい。本命は休み明け2走目で期待したいポポカテペトル。ブラックバゴは鞍上斎藤で、田中勝春や中谷よりさらに信頼できない。
前走オープン勝ちのレッドローゼスだが、福島民報杯はかなりの前崩れの外差し競馬だったので、巴賞組と同様に信用できない。ただ内枠なので立ち回り一つでチャンスがあるかもしれない。
前残りになることを警戒してマイネルファンロンも気になったが、雨が降れば狙う気になれたが、良馬場なら力不足に思う。

◎メートルダール 8
○マイスタイル 4
▲ステイフーリッシュ 10
△ポポカテペトル 9
△レッドローゼス 1
ワイド各100円 4-8 8-10 8-9 1-8 4-10
自信度★☆☆☆☆


グリムが軸でいいだろう。
それ以外は微妙なメンバーで、テルペリオンとロードゴラッソの2頭で決まりだとは思うものの、盛岡は異常に時計が早くなって前残りのスピード決着になる時があるので他の2頭も押さえておく。グリムがもし控えてコパノチャーリーが楽に逃げるような展開になったらこの2頭の行った行ったがあるかもしれないし、前走重馬場のマイル戦で3着に来てスピードのあるところを見せたノーブルサターンも一応は押さえる。

◎グリム 1
○テルペリオン 9
▲ロードゴラッソ 14
△ノーブルサターン 3
×コパノチャーリー 11
三連複300円 1-9-14 
ワイド各100円 1-3 1-11

自信度★★★★☆


2019年7月14日WIN5予想
1レース目:5、7、9、15
2レース目:1、7、10
3レース目:、3
4レース目:12、16
5レース目:8、9
計96点

結果:3レース的中
田中勝春4年ぶりの重賞勝利は考えていなかった。
posted by ナイト at 20:48| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください