2019年07月20日

中京記念、函館2歳S、WIN5予想

基本的には差し馬を狙っておけばいいはずのレース。力のある差し馬はプリモシーン、カテドラル、ミエノサクシード、ロードクエストの4頭。雨でも走りそうなのはカテドラルとミエノサクシードか。
ロワアブソリューは1400mのイメージが強いし、重賞では力不足と思う。
同じく1400mばかり走っているレインボーフラッグだが、末脚の安定しているこの馬にとって3着、2着と結果を残している中京はベストのコースかもしれない。2年ぶりのマイル戦なので少し不安だが押さえには入れておく。
昨年のダービー卿CTを勝って以来、馬券に絡めていないヒーズインラブの復調は怖いが、夏場は結果を残せていない馬なのでこれも捨てる。
ジャンダルムは後方からの競馬が続いているものの、それほど末脚が切れる印象はない。休み明けでリフレッシュしてどの程度調子が戻っているかは気になるが、ここで差し切れるほどの実力があるかは疑問。
あとは3歳のグルーヴィットだろうか。ただファルコンSはかなりレベルが低かったので2着だったものの評価しにくい。
雨がかなり強ければヴェネトの一発まで警戒しようと思っていたが、日曜は曇り予報なので徐々に馬場は回復しそうなので捨てる。

◎ミエノサクシード 15
○プリモシーン 7
▲レインボーフラッグ 12
△ロードクエスト 11
△カテドラル 14
ワイド各100円 7-15 12-15 11-15 14-15 7-12
自信度☆☆☆☆☆


未勝利を5馬身差で楽勝したケープコッドが抽選で落ちたので、新馬でそのケープコッドに勝ったレッドヴェイパーの1強のように思うがどうだろうか。新馬でレッドヴェイパーとケープコッドはハナ差で、3着には5馬身差を付けていたのでその力はここではかなり上位と見ている。
相手に、新馬で前半3ハロンを34秒1という早いペースで飛ばして逃げながらも最後まで粘ったスマートカーリー。
それから新馬で3馬身差を付けたパフェムリと、新馬は敗れたものの続く未勝利ではスタートが改善し1分10秒0とメンバー中2番目のタイムで勝ち上がってきたビアンフェ。

◎レッドヴェイパー 3
○スマートカーリー 11
▲パフェムリ 6
△ビアンフェ 1
ワイド各100円 3-11 3-6 1-3 6-11
自信度★★☆☆☆


2019年7月21日WIN5予想
1レース目:14、15
2レース目:4、10
3レース目:3、11
4レース目:7、12、15
5レース目:4、10、13
計72点

結果:2レース的中
中京記念の3歳馬はレベルが低いと思っていたが、まさかのワンツー。
posted by ナイト at 17:22| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください