2019年07月26日

小倉サマーJ予想

スピード重視の小倉障害レースならタマモプラネットかと思うのだが、今回よりも短い距離でしか結果を残せていないのは不安。小倉ならスピードで押し切れる可能性も高そうだが、3100mを超えると大失速するリスクは高く、本命にはできない。
それなら、オープン連勝中のメイショウダッサイ、未勝利を逃げて楽勝したボナパルト、前走はオジュウチョウサン相手に逃げて5着と健闘したシークレットパスあたりから考えたい。
メイショウダッサイが人気しそうだが、それほど力が抜けているとは思わないので馬券的に面白くない。ボナパルトは新潟と中京の平地と同じコースを走る障害レースしか経験していないのは不安。消去法でシークレットパスを本命にする。
去年3着のアグリッパーバイオは今年の3戦が見せ場なしなので狙いにくい。
穴はシゲルロウニンアジ。オープンの成績を見ると3200mより長い距離ならダメで、それより短ければ3着以内という分かりやすい成績だが、高速平坦コースの小倉ならタマモプラネット同様に3390mでもこなせるかもしれない。力不足だとは思っているが、鞍上高田がこのレースならなんとかしそうで捨て切れない。

◎シークレットパス 7
○タマモプラネット 4
▲ボナパルト 11
△メイショウダッサイ 9
△シゲルロウニンアジ 3
ワイド各100円 4-7 7-11 7-9 3-7 4-11
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 22:29| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください