2019年08月16日

関屋記念、エルムS、クラスターC、サマーチャンピオン、ブリーダーズGC結果

大逃げしたマイネルアウラート以外は、スローペースの上がり勝負。新潟らしい末脚比べのレースを制したのはミッキーグローリー。かつては国枝厩舎といえばアパパネを代表するように休み明けは走らない厩舎の代表格だったのだが、アーモンドアイやこの馬のように外厩制度が発達したおかげでいきなり休み明けで重賞を勝てる馬が出てきている。それと同時に、厩舎や調教師の価値がそれだけ低下しているということがはっきりと見て取れる。
2着にミエノサクシード。得意の上がり勝負で自慢の末脚を発揮。時計の早い勝負は苦手だと思っていたが、ここにきてその不安も克服してきたか。
3着のソーグリッタリングも同じく早い上がり比べの勝負は苦手だと思っているが、3番手からの積極的な競馬のおかげで、この馬の上がりは33秒台で、そこまでの早い上がりが必要ないレース展開に持ち込んだ。
4着にディメンシオン。得意の新潟で最後は外から追い込んだが、少し力不足だったか。じりじりと脚を伸ばしてはいたが、前を捕らえるほどの勢いはなかった。
サラキアは思いのほか伸びず5着。マイルは少し短いのか。
ちなみに、ロードクエストが後方から追い込んで31秒9の上がりを使ったが、これは千直を除いた歴代2位タイの上がりタイム。歴代1位はエルビッシュの31秒8。
2番人気のケイデンスコールは13着。熱中症のような症状が出たらしく、次でに改めて期待したい。

1着:ミッキーグローリー 〇
2着:ミエノサクシード
3着:ソーグリッタリング
4着:ディメンシオン ◎
5着:サラキア △
結果:-400円


雨の札幌ならいくらハイペースでも前が残るかと思ったが、ダートで前半1000mが58秒5という、ハイペースにも限度があるだろうという展開で先行馬は総崩れになった。
逃げたドリームキラリは本調子ではないとの話もあったが11着と大敗。2番手で追いかけたリアンヴェリテもこれまでの連勝のような粘りは見られず5着。
逃げ宣言をしていたマルターズアポジーはダートでのダッシュ力がなく、先手を取れずそのまま気が付けば後退していて最下位。
これだけハイペースで差し馬の勝負となれば、最近安定した末脚で結果を残していたモズアトラクションの楽勝だった。他にこれといった末脚が持ち味の馬がおらず、このレース展開では落とせなかった。
2着にハイランドピーク。去年は2番手から抜け出して勝ったが、今年は中団に控える競馬が上手くハマった。大外枠が不安だったが、縦長の展開になったおかげで内に簡単に入れられたことで上手くレースを運べた。
3、4着には後方から追い上げたサトノティターンとレッドアトゥ。どちらも末脚の威力はある馬だが、これだけ展開が向いたレースで差し切れなかったように、早めに動いてまくるような競馬は苦手なのだろう。ゴール前でようやく外から飛んできての3、4着だったので、もう少し距離のあるレースでじっくり後方で構えて直線勝負というタイプの馬で、札幌のような小回りコースは合わないだろう。
1番人気のグリムは7着。好位で構えてレースを進めたもののいいところがなかった。ユニコーンSでも大敗したように、母父がサクラバクシンオーだがスピード勝負は向いておらず、地方のように時計のかかる馬場や、距離の長いレースのほうが合っているのだろう。

1着:モズアトラクション △
2着:ハイランドピーク
3着:サトノティターン
4着:レッドアトゥ
5着:リアンヴェリテ △
結果:-500円


コパノキッキングが逃げ宣言をしていたが、これまで逃げて結果を残していたヒロシゲゴールドと武豊が先手を譲るわけもなく、コパノキッキングは2番手から。
こうなると自分の競馬ができたヒロシゲゴールドはしぶとく、それをコパノキッキングが追って直線に向くところで、さらに外からヤマニンアンプリメが並びかけて来る。
直線では武と岩田の二人に藤田菜々子が挟まれる苦しい形になり、コパノキッキングが脱落し、藤田菜々子の重賞勝利はおあずけに。前は残る2頭の一騎打ちになり、最後は外からヤマニンアンプリメが差し切った。これで交流重賞2連勝。しかも牡馬相手に結果を残しているし、門別、盛岡と時計が2秒以上違うコースでどちらも勝ったことは高く評価できる。
アシャカダイキは前の3頭には及ばず4着。それとハナ差の5着がブルドッグボス。1年以上の休養もあったりして全盛期の力は失っていると思うが、地方馬最先着と力は示した。どこかでもう一度くらい馬券に絡んでくるかもしれない。

1着:ヤマニンアンプリメ ◎
2着:ヒロシゲゴールド ▲
3着:コパノキッキング 〇
4着:アシャカダイキ
5着:ブルドッグボス
結果:三連複580円的中 +80円


スマートレイチェルが逃げたものの、不安だった佐賀の1枠で、結局3コーナーで失速。
それを見るような位置にいたグランドボヌールとシャインヴィットゥが抜け出して行くと、さらにそこからグランドボヌールが引き離して単独先頭に。この2頭で決まったかと思ったところに、一旦は後ろに下がっていたヒザクリゲが外から猛追。ゴール前でグランドボヌールに並びかけたところがゴール。
結果は、わずかにグランドボヌールがハナ差残して勝利。久々のダートだったが、初のダート勝利が重賞勝利となった。また、ほかの馬と比べて1400mでの実績があった点が勝因だったか。
ヒザクリゲは初の1400mだったもののなんとか2着に。1000mなどの短距離で結果を残している馬ではあるが、好位や中団からレースを進める馬なので、1400mくらいまでの距離延長ならなんとか我慢ができたか。
3着にシャインヴィットゥ。ここ4戦が1着、1着、13着、15着と、こんな訳の分からない馬のことを予想するのは無理がある。ただ、中央のオープンで最下位のような馬でも、地方交流重賞なら通用してしまうということは分かった。
古豪ナンチンノンは7着。最近はオープンでも通用しなくなってきたことに加えて、56キロのトップハンデ、実績のない1400mと厳しい条件で結果を残せなかった。

1着:グランドボヌール
2着:ヒザクリゲ ▲
3着:シャインヴィットゥ
4着:スマートレイチェル ◎
5着:ハクユウスターダム
結果:-200円


ラインカリーナが逃げてプリンシアコメータが2番手。その後ろにクイーンマンボ、アンデスクイーンが追走するも、前の2頭は楽に逃げる展開に。
3コーナーあたりでラインカリーナの手が動き始めるが、失速するわけではなく先頭をキープしたまま直線に向かう。2番手のプリンシアコメータは持ったままの楽な手ごたえで、外からアンデスクイーン、内からクイーンマンボが追い上げて行く。
手ごたえの悪いラインカリーナだったが、直線に向いてもその脚色は鈍らず、なかなか先頭を譲らない。2番手のプリンシアコメータが追い出しても先頭は変わらず、外から追い上げるアンデスクイーンもなかなか先頭を捕えられない。
それでも、最後の最後に外から差し切ったのはアンデスクイーン。なんとか重賞初制覇を決めた。
2着にプリンシアコメータ。最後までラインカリーナを捕らえるのにてこずって、最後はなんとかハナ差だけ前に出た。これは57キロの斤量の影響もあっただろうか。ただ相手のラインカリーナは3歳ながら55キロを背負う厳しい条件ながらも、しぶとさを見せていた。この内容なら、ラインカリーナが想像以上に強かったと考えたい。今後も牝馬限定交流重賞で活躍を続けられそう。

1着:アンデスクイーン ◎
2着:プリンシアコメータ
3着:ラインカリーナ 〇
4着:クイーンマンボ △
5着:ビスカリア ▲
結果:ワイド150円的中 -150円
posted by ナイト at 09:05| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください