2019年09月06日

紫苑S予想

オークス2着のカレンブーケドール、夏の1勝クラスを楽勝したパッシングスルーの2頭が8枠で本命にはしにくく、内の馬から狙いたい。
人気はレッドベルディエスだが、ディープインパクト産駒とルメールで過剰人気しているような気もする。
本命はフェアリーポルカ。フローラSでは東京2000mで大外枠で終始大外を回って5着に来た競馬内容がかなり評価できるものだったと思っているので、今回のメンバーなら十分通用するのではないか。オークスは距離が長かったせいの大敗だと思っている。
他には唯一の重賞勝ち馬フィリアプーラは中山巧者だが2勝ともマイルで2000mは不安がある。
夏の勝ちっぷりで言えばローズテソーロも強い競馬だったが、新潟で後方から直線大外一気を決めるような馬で、中山では2戦2敗なのは狙いにくい。それに、隣のアップライトスピンもそうだが、どうも人気しそうな馬が外枠に集まったのは不安。
それなら春にローズテソーロに勝っているエアジーンが内枠に入ったが、その後のフローラSで大敗しているので重賞では力不足に思える。
内枠から狙うなら良血馬クールウォーター。カミノタサハラのイメージが強い血統だが、ダート馬も短距離馬も出てくるのでこの馬の特徴はどうなのかわからない。ただ、共通しているのは切れる脚を使うタイプではないと思うので、前走のような32秒台の上がりが必要なレースは度外視して、中山の今回なら巻き返しが可能と見ている。新馬は楽勝だったし、大寒桜賞はリオンリオン、ルヴォルグと実力馬2頭に続く3着だったので、実力も十分だろう。
あとはグラディーヴァ。矢車賞が早めに動いてそのまま押し切る強い競馬だったし、2勝しているデムーロに鞍上が戻るのも心強い。

◎フェアリーポルカ 6
〇クールウォーター 2
▲グラディーヴァ 8
△カレンブーケドール 14
△パッシングスルー 15
ワイド各100円 2-6 6-8 6-14 6-15 2-8 2-14
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 22:55| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください