2019年09月07日

セントウルS、京成杯AH、WIN5予想

プロキオンSの芝スタートで2年連続別格の飛び出しで逃げたマテラスカイなら、芝馬相手の今回も内からハナを奪って逃げるのではないか。ラブカンプーが今年はずっと不調で、イベリスもスタートダッシュが速い馬ではない。
なので、マテラスカイが楽に逃げるか、実力馬が差すかのレースになると見ている。差してくるとすれば、ミスターメロディ、タワーオブロンドン、ダイメイプリンセスの3頭か。アンヴァルは開幕週のスピード勝負が不安。
ミスターメロディは阪神1200mで外枠は狙いにくいし、この馬、そして藤原厩舎は休み明けはあまり走らない。
それなら、ファンタジストも一応押さえておく。前走は久々の1200mで戸惑ったのか全く付いて行けなかったが、もともとはディアンドルに新馬で勝っている馬だし、スプリント能力は高いと思っている。

1枠1番ペイシャフェリシタ54
2枠2番マテラスカイ56
3枠3番キングハート小崎56
4枠4番イベリス浜中52
4枠5番ラブカンプー川須54
5枠6番ファンタジスト和田54
5枠7番タワーオブロンドンルメール57
6枠8番ダイメイプリンセス川田54
6枠9番カイザーメランジェ江田照56
7枠10番モーニン岩田康57
7枠11番アンヴァル藤岡康54
8枠12番ミスターメロディ福永58
8枠13番タマモブリリアン太宰54

ワイド各100円 7-8 2-8 8-12 6-8 2-7
自信度★★★☆☆


傾向が全く理解できないレースの1つ、京成杯AH。中山の馬場改修後、開幕週なのに差し馬しか馬券に絡まないというわけの分からないレースになっている。
重賞で実績のあるクリノガウディー、ロードクエスト、グルーヴィットの3頭と、安定感抜群のプロディガルサン。このあたりが人気どころだろうか。ただ中京記念で1、2着だったグルーヴィットとクリノガウディーはハンデが3キロ、2キロ増えるのが厳しい。どちらを狙うかと無茶な考え方をすると、クリノガウディーの前走は1キロの減量騎手森祐太朗が騎乗していた。戸崎に替わって2キロ増なら、実質1キロしか増えていないと考えれば、狙いたいのはこちら。朝日杯FSでもそうだったが折り合いをつけられる内枠なのはプラス材料だろう。
前走その中京記念で復調気配を見せたジャンダルム。2歳のころにデイリー杯2歳SやホープフルSと時計のかかる馬場で結果を残しており、切れる脚を使うよりはしぶとく伸びるタイプだと思うので、雨が強ければチャンスがあるのではないか。
ロードクエストは、前走31秒台の上がりで自慢の末脚に衰えがないことは示した。ただ今回は雨予報で、あまりにも馬場が悪くなれば持ち味が活きないだろう。
それなら前走久々の勝利だったストーミーシー。3戦連続上がり最速で、ここにきて末脚に磨きがかかってきたのではないか。雨でも追い込んで馬券に絡んだ実績があるので、警戒しておきたい。
トロワゼトワルは人気するかもしれない上がり馬だがマイルは不安。
それなら、関屋記念4着のディメンシオン。新潟巧者だと思うものの、去年のターコイズSで同じ中山マイルをまずまずの内容で5着に来ていた。それに、雨で結果を残しており、前走のように勝負どころでスピードがなかなか乗らないようなタイプの馬なら雨で時計がかかる馬場はプラスになりそう。

◎ディメンシオン 11
○プロディガルサン 1
▲ストーミーシー 5
△クリノガウディー 4
ワイド各100円 1-11 5-11 4-11 1-5
自信度★☆☆☆☆


2019年9月8日WIN5予想
1レース目:、6
2レース目:2、11
3レース目:2、5、、13
4レース目:2、、8
5レース目:5、11
計96点

結果:3レース的中
例年と違って昔の開幕週のような前残りばかりの決着になった。馬券を考えるには、毎年のように馬場状態を変えてくるJRAと戦わないといけない。
posted by ナイト at 18:44| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください