2019年09月27日

シリウスS予想、スプリンターズS予想2

芝スタートの阪神2000mダートなら、芝の実績もある馬に有利だろう。
本命はタイムフライヤー。エルムSは超ハイペースで先行馬が崩れるレースで、先行して5着は上出来。今回はG1勝ちの実績がある2000mに距離が延びるのもプラスだろう。
対抗にアングライフェン。こちらも芝で走っていた馬で、ダート慣れしてきたのか今年2勝しているのもいい。
最近のダートの実績ならモズアトラクション。それから3歳で前走1800mを1分50秒0という好タイムで勝ち上がってきたマッスルビーチ。さらにジョーダンキングは阪神2000m3勝で、前走も前残りのレースながらまくってスマハマの2着と能力の高さは見せた。
他に気になるところでは、ピオネロはここ3戦の内容では狙えない。
ロードの2頭も、ロードゴラッソは重賞で頭打ちだし、ロードアルペジオは休み明けで藤岡佑介が同じロードのロードゴラッソのほうに乗るのなら、こちらは軽視していいだろう。

◎タイムフライヤー 2
〇アングライフェン 8
▲ジョーダンキング 11
△モズアトラクション 4
△マッスルビーチ 10
ワイド各100円 2-8 2-11 2-4 2-10 8-11
自信度★☆☆☆☆


ダノンスマッシュを本命に。
相手はリナーテ。今年の成長が著しいので期待してみたい。
あとはモズスーパーフレア、ディアンドルあたりだろうか。モズスーパーフレアは前走休み明けでかなり太目残りだったため、ちゃんと仕上げてこれば大きな上積みが期待できる。ディアンドルは前走が古馬相手に2着だったとはいえ、3着にアンヴァルがくる程度のメンバーだったし、タイムも遅くそれほど内容が良かったとは思っていない。
グランアレグリアを回避させて勝負に来たタワーオブロンドンも厳しいローテーションだが相手に入れる。ただレコード決着で実績のある馬なので、雨予報の今回は少し評価を下げたい。
ファンタジストは大外16番枠なら捨てる。
高松宮記念の覇者ミスターメロディはセントウルSが見せ場なく敗れたし、右回りが不安という話もある。夏馬のダイメイプリンセスはセントウルSで敗れたこともあり、勢いも落ちてきたのではないか。
穴はアレスバローズ。北九州記念はトップハンデもあって6着だったが、今回1枠1番で上手く立ち回ればチャンスがあるかもしれない。

1枠1番アレスバローズ菱田57
1枠2番ダノンスマッシュ川田57
2枠3番セイウンコウセイ57
2枠4番リナーテ三浦55
3枠5番レッツゴードンキ岩田康55
3枠6番ノーワン内田53
4枠7番モズスーパーフレア松若55
4枠8番タワーオブロンドンルメール57
5枠9番ディアンドル藤岡佑53
5枠10番ラブカンプー酒井55
6枠11番マルターズアポジー丸山57
6枠12番ダイメイプリンセス秋山55
7枠13番ミスターメロディ福永57
7枠14番ハッピーアワー横山典55
8枠15番イベリス浜中53
8枠16番ファンタジスト55
posted by ナイト at 22:36| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください