2019年10月15日

京都大賞典、毎日王冠、サウジアラビアロイヤルC、凱旋門賞結果

大波乱となった京都大賞典は、結果的には前残りだったと見ればいいだろうか。
逃げたダンビュライトは京都記念を勝っているくらいなので実力は十分で、この距離でも問題なかったということだろう。しぶとく粘って2着を確保。
それを見るような位置で、道中はずっと内で脚を溜めていたドレッドノータスが、直線で末脚を発揮するとダンビュライトを交わして先頭でゴール。京都2歳S以来の重賞2勝目を決めた。ここでもハービンジャー産駒の成長力が他馬を上回ったと見ればいいのだろうか。そして、前走の敗因が馬体重プラス22キロだったとすれば、このくらいの長い距離がいいのだろう。切れる脚が使えるわけでもなく、それでいて京都巧者なので、この京都2400mはベストの舞台だったのかもしれない。
しかし、騎手が重要と言われる長距離戦のG2で、坂井、松若のワンツーはなかなか予想できない。
3着には上がり馬のシルヴァンシャー。3コーナーから手ごたえが悪く、しかも大外を回すという雑な競馬でも3着に来たのだから能力は高そう。休み明けのここでこれだけのレースができたのなら、次でも期待できる。
エタリオウはシルヴァンシャーの後ろに続いて追い込むも5着。メンバー最速の上がりで、春よりは調子を取り戻しているのだろうが、開幕週の京都で最後方からではさすがに届かなかった。横山典弘でもこの馬を先行させることはできないのだろうか。
4着にはノーブルマーズ。内枠を最大限に活かしたような競馬だったが、切れる脚がない馬なので前を捕らえることはできなかった。ドレッドノータスの真後ろで、結局1、2着馬の後ろをそのまま追いかけて同じ脚色でゴールしたという感じだったので、あと一列前で競馬をしたかったところ。スタートダッシュはよくない馬なので、内枠は得意でも楽に先行できなかった場合は今回のような競馬になってしまうのだろう。
グローリーヴェイズは直線での末脚が鈍く6着。ノーブルマーズに前に入られて少し追えなくなる不利もあったが、それがなくても結果は変わらなかったのではないか。休み明けの影響が大きかったかもしれない。

4枠7番ドレッドノータス坂井56
2:23.5
7枠14番ダンビュライト松若57
2:23.7
3枠6番シルヴァンシャー浜中56
2:23.8
1枠1番ノーブルマーズ高倉56
2:24.0
2枠4番エタリオウ横山典56
2:24.1
8枠16番グローリーヴェイズデムーロ57
2:24.3
5枠10番ウラヌスチャーム大野54
2:24.3
7枠13番メートルダール和田56
2:24.5
2枠3番クリンチャー池添56
2:24.6
4枠8番パリンジェネシス松山56
2:24.7
3枠5番チェスナットコート岩田康56
2:24.7
5枠9番エアウィンザー三浦56
2:25.3
6枠12番リッジマン蛯名57
2:25.4
8枠15番レノヴァール藤岡康56
2:25.4
6枠11番アドマイヤジャスタ北村友53
2:25.6
1枠2番アルバート藤岡佑56
2:26.3
8枠17番ウインテンダネス菱田56
中止

結果:-500円


出遅れても大外から差し切ったダノンキングリーの末脚が光ったレースだった。ただ、54キロの斤量も味方したところはあるだろうから、今回のような競馬が続けてできるとは期待しないほうがいいのではないか。
アエロリットが2着。安定の先行力で得意の東京なら信頼して狙えるのだが、次の天皇賞秋は距離に不安がある。しかも左回りしかダメとなると、次にこの馬を狙えるレースはいつになるだろうか。
3着のインディチャンプは、抜群の手ごたえ直線に入り、逃げるアエロリットを交わしたものの途中で失速し、差し返された。やはり今までマイルしか走ったことがなかったように、1800mで最後の踏ん張りが効かなかったのだろう。ただそれでも3着には残っているので、距離慣れしたらもしかすると、という可能性はある。
そして、今年3回目の上位3頭予想の順番通りの決着。通算44回目。まさかの白山大賞典に続く1週間で2回目となった。

8枠9番ダノンキングリー戸崎54
1:44.4
3枠3番アエロリット津村55
1:44.6
4枠4番インディチャンプ福永58
1:44.8
6枠6番ペルシアンナイトシュタルケ57
1:44.9
5枠5番ランフォザローゼス北村宏54
1:45.0
8枠10番モズアスコット内田57
1:45.0
2枠2番ギベオン岩田望56
1:45.0
7枠8番ハッピーグリン服部茂56
1:45.5
1枠1番ケイアイノーテック57
1:45.8
7枠7番マイネルファンロン柴田大56
1:46.7

結果:ワイド600円的中 +100円


人気通りに2頭が強かった。その中でもサリオスは抜けたレース内容で、レコード勝ちの完勝。G1での活躍を期待できる内容だった。
2着にクラヴァシュドール。直線に向いてからの反応が良くサリオスに並びかけたものの、それでサリオスの闘志に火をつけてしまったのか、あっという間に置いて行かれてしまった。それでも3着以下は突き放しており、強さを見せた。
アブソルティスモはダイワメジャー産駒らしく切れ味に欠けるタイプのようで、先行してそのまま最後まで健闘したが、外から伸びてきた切れる脚のある馬には及ばなかった。馬場次第ではチャンスがあるタイプだろう。

1着:サリオス ◎
2着:クラヴァシュドール ○
3着:アブソルティスモ △
4着:ジェラペッシュ
5着:エンジェルサークル ▲
結果:馬単860円的中 +460円


雨でタフな馬場で、しかもハイペースとなったことで先行馬には厳しい流れに。レースの上がりは38秒88という遅さ。それでもエネイブルはいつもの好位追走からの強烈な末脚で一気に先頭に立ち、そのままリードを保ってゴールに向かう。
しかし、そこに離れた外から飛んできたのがヴァルトガイスト。好走はするも抜けた実力馬にはあと一歩届かない善戦続きだったこの馬が、この大舞台でまさかの大激走。これまで何度も勝てなかったマジカルもエネイブルも下しての凱旋門賞制覇を達成した。
日本馬はキセキが7着、ブラストワンピースが11着、フィエールマンが12着と全く通用しなかった。これを思えば、雨の中で2着に来たナカヤマフェスタは、よっぽど重馬場に強かったのだろう。

1着:ヴァルトガイスト
2着:エネイブル ◎
3着:ソットサス △
4着:ジャパン ○
5着:マジカル ▲
結果:-400円
posted by ナイト at 17:00| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください