2019年10月09日

秋華賞予想1

ダノンファンタジーは距離が延びてしかも台風後の雨予報というのが狙いにくく、春同様にダノン勢はトライアルばかり勝ってG1では苦戦するのではないだろうか。
ローズS組の他の2着以降で京都2000mが合いそうな馬もいない。
他にぶっつけ本番のコントラチェックも雨の成績は悪いし、シェーングランツはもう一息という感じがする。
紫苑S組はG1を勝てるほどのレベルとは思わない。叩き2走目で上積みのありそうなカレンブーケドールは時計のかかる馬場は合いそうだが、それでも2000mなら前走程度の力なのではないか。
クロノジェネシスはバゴ産駒というのが狙いにくく、しかもそんな馬が上がりの早いレースの末脚勝負で勝っているのは、正直信じがたいところだが、ここまで崩れることなく結果を残しているのだから馬券の軸としては信頼すべきだろう。雨が降るのは、血統だけを見れば別にマイナスでもなさそう。ただ、姉のノームコアが同じようにヨーロッパのハービンジャー産駒でヴィクトリアマイルをレコード勝ちしたことを考えると、この血統は母方の影響か何かでスピード勝負に向く仔が出ている可能性はある。
本命はエスポワール。父オルフェーヴル、母父シンボリクリスエス、そして前走重馬場での完勝。血統、実績の両面から、雨で狙うべきはこの馬だろう。

◎エスポワール
posted by ナイト at 00:03| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください