2019年11月02日

アルゼンチン共和国杯、みやこS予想&JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシック予想1&WIN5予想

目黒記念を勝ったルックトゥワイス、2着のアイスバブル、去年のアルゼンチン共和国杯2着のムイトオブリガード。この3頭が有力だろう。ただ、目黒記念の1、2着馬は展開が向いた感じもあり、あまり信用していない。本命はムイトオブリガード。
上がり馬として注目されるアフリカンゴールドはそこまで強いと思わないが、枠がいいので押さえには入れる。前走は完勝だったが、タイム、上がりを考えると重賞で通用するのか疑問。
地方から移籍してきたハッピーグリンは怖い。東京コースの勝利実績もあり、去年のJCでも7着とまずまず走っていた。今年は札幌日経OPで2着と、これも悪くなかった。
他にこのコース実績がある馬では、去年の目黒記念の覇者ウインテンダネス、2着のノーブルマーズだが、どちらも枠に恵まれての好走だったイメージが強い。今年はウインテンダネスは大外なので捨てる。ノーブルマーズは、逃げ馬不在の今回は外枠でも楽に先行できそうなので押さえておく。
ポポカテペトルは故障明けの今年の2戦を見ると狙えない。
穴はパリンジェネシス。目黒記念は大敗したが、差し決着で先行馬は総崩れだったので、まだ力負けとも判断できない。
土曜日にレコードが出たような馬場なので、オジュウチョウサンには厳しいか。

1枠1番アフリカンゴールドルメール55
2枠2番タイセイトレイル戸崎55
3枠3番ハッピーグリン池添55
4枠4番アイスバブル浜中55
4枠5番ルックトゥワイス福永57
5枠6番ポポカテペトル北村宏55
5枠7番ムイトオブリガード横山典56
6枠8番マコトガラハッド武藤51
6枠9番ノーブルマーズ高倉56
7枠10番トラストケンシン三浦53
7枠11番パリンジェネシス石橋54
8枠12番オジュウチョウサン松岡53
8枠13番ウインテンダネス内田56

ワイド各100円 5-7 7-11 7-9 3-7 9-11
自信度★★☆☆☆


スマハマ、ウェスタールンド、インティ。この3頭が強いだろう。
ただ今回は、前で競馬をしたいインティに対して、ハイペースで逃げて勝った実績のあるリアンヴェリテとワイドファラオの2頭がいるのは、展開的に厳しくなりそう。リアンヴェリテ、ワイドファラオにとっては距離が長いだろうから狙おうとは思わない。
その代わりにある程度タフな差し馬が台頭してきそう。相手には、アングライフェン、キングズガードを入れる。
差し馬であればヴェンジェンスもいるのだが、1800mの距離でハイペースのレースとなれば、スタミナに不安がある。
アナザートゥルースは人気しているが、休み明けだし坂のあるコースばかりで実績があり、京都コースは少し不安があるので捨てる。
少し気になるのはテーオーエナジー。寒い時期にしか結果を残していないので、冬馬と考えたいが、今の時期はどうなのだろうか。そろそろ調子を上げてくる頃なのかもしれない。
アドマイヤビクターは少し力不足だろうか。前走は完勝だったが、メンバーが弱かったし上がりも37秒5と遅い。ある程度時計の出る京都1800mで通用するのかどうか。

◎スマハマ 5
○インティ 16
▲ウェスタールンド 14
△キングズガード 3
△アングライフェン 4
ワイド各100円 5-16 5-14 3-5 4-5 3-14
自信度★★☆☆☆


オメガパフュームの追い込みが浦和で決まるかどうか。さすがにこの小回り競馬場なら、チュウワウィザードのほうを本命にしたい。
対抗もロードゴラッソにする。オメガパフュームは3番手。
あとは、牝馬でもアンデスクイーン。
クインズサターンは久々の1800mだし、後ろからの馬なので浦和では狙いにくい。
代わりに地方馬を押さえる。連勝中のストライクイーグルは2400mでの連勝なので評価しにくい。
逆にワークアンドラブはマイルでの連勝。それに、これまでの成績を見れば、ここ2走が強かったと言っても狙いたくはならない。
押さえるのはセンチュリオン。中央の重賞勝ち馬で、しかも今回の浦和2000mで勝った経験もあるのは心強い。

1枠1番シュテルングランツ的場文57
2枠2番ナラ松本剛53
3枠3番オメガパフュームデムーロ57
4枠4番ストライクイーグル吉原57
5枠5番マイネルアウラート保園57
5枠6番マインシャッツ中島龍57
6枠7番アンデスクイーン戸崎55
6枠8番チュウワウィザード川田57
7枠9番ロードゴラッソ藤岡佑57
7枠10番クインズサターン矢野57
8枠11番ワークアンドラブ笹川57
8枠12番センチュリオン森泰57



得意の浦和1400mなら、地方馬でもノブワイルドだろうか。ただ今回は、コパノキッキングも逃げ宣言をしており、潰し合いになりかねない。
本命はサクセスエナジー。このコースは4戦目と経験はあるし、去年のさきたま杯で勝ったこともある。逃げる2頭を見るようないい位置からレースを運べそう。
厄介なのはミスターメロディ。久々のダートだが、得意の左回りとあっては捨てきれない。楽勝しても驚けない。
ドリームドルチェ、ノボバカラは少し力不足だと思うし、ファンタジストは初ダートで不安が大きい。あとは、武豊が日本時間の日曜朝にアメリカでマテラスカイに騎乗して、月曜の昼には浦和で乗るという、とんでもないスケジュールをこなすというのは信じられない。
ショコラブラン、ブルドッグボスは1400mよりは1200m向きだろう。

1枠1番ミスターメロディ福永57
2枠2番ノブワイルド左海57
3枠3番ショコラブラン吉原57
4枠4番サクセスエナジー松山57
5枠5番ブルドッグボス御神本57
5枠6番ドリームドルチェ戸崎57
6枠7番トロヴァオ矢野57
6枠8番ファンタジスト56
7枠9番ジョーストリクトリ橋本57
7枠10番コパノキッキング藤田57
8枠11番メイショウアイアン森泰57
8枠12番ノボバカラ藤本57



ヤマニンアンプリメ、ファッショニスタの2頭は信用できるように思う。距離、地方実績ともに十分で、実力も上位。ただファッショニスタは浦和が初めてということは少し不安。
それに続くのはレッツゴードンキか。久々のダートだが、牡馬相手にそれなりの結果を残していた馬なので、牝馬同士なら圧倒してしまってもおかしくない。ただ、できれば得意の内枠に入りたかったところ。
モンペルデュとゴールドクイーンも能力は高そうだが、1400mがどうなのか。ベストは1200m、あるいは1000mだろう。
地方馬なら、春にこのコースでオープン勝ちのあるタイセイラナキラは気になるが、休み明けなので捨てる。
マリーンCで交流重賞を制したラーゴブルーも8月以来のレースで、あまり信用できない。
まだそれなら、大外だが地方移籍後2戦目のサラーブ。

1枠1番モンペルデュ戸崎54
2枠2番タイセイラナキア矢野55
3枠3番ヤマニンアンプリメ55
4枠4番アップトゥユー赤岡55
5枠5番ゴールドクイーン古川55
5枠6番レッツゴードンキ岩田康55
6枠7番ストロングハート森泰55
6枠8番ラーゴブルー吉原55
7枠9番ミッシングリンク笹川55
7枠10番ミッキーオフィサー左海55
8枠11番ファッショニスタ川田55
8枠12番サラーブ御神本55



2019年11月3日WIN5予想
1レース目:2、6、
2レース目:5
3レース目:2、4、8、15
4レース目:5、
5レース目:5、14、16
計72点

結果:2レース的中
去年カペラSを走っていた馬がみやこSを勝つなんて全くの予想外だった。
posted by ナイト at 20:13| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください