2019年11月08日

デイリー杯2歳S、武蔵野S、京都JS予想&エリザベス女王杯予想2

新潟2歳Sで2着のペールエールと、2戦2勝のサクセッションが人気するだろう。
それに続いて狙いたいのが、まずインザムード。新馬は直線で抜け出してからフラフラしながらも完勝。幼さを見せながらも能力の高さも見せた。
それに続いて、コルテジア。2着だった未勝利は直線で前が詰まっての敗戦だし、その時のタイムがインザムードの新馬の勝ちタイムを上回っていた。
ライティアやレッドベルジュールは血統で人気先行な感じがするし、どちらも新馬のタイムが平凡だった。
トリプルエースは小倉2歳Sで2着だが、2戦とも1200mでマイルへの距離延長が不安。
8枠の2頭は重馬場でしか走っていないので、良馬場でどれだけの結果を残せるか気になる。ただ、重馬場で勝ってはいるが特に目立った内容ではなかったので、印を付けるほど気にする必要はなさそうか。

1枠1番レッドベルジュール55
2枠2番コルテジア松山55
3枠3番ペールエールデムーロ55
4枠4番サクセッションマーフィー55
5枠5番アジャストザルート池添55
6枠6番インザムード田中健55
6枠7番トリプルエース和田55
7枠8番ライティア北村友54
7枠9番エキサイター吉村55
8枠10番ウイングレイテスト松岡55
8枠11番アサケエース藤岡康55

三連複各100円 3-4-6 2-3-4 3-4-7
自信度★☆☆☆☆


ダート転向後3戦3勝のエアアルマスが最大の注目となるだろう。砂を被るとやる気をなくす可能性はあるが、ここまでのレース内容を見れば重賞でも通用していい。東京マイルは芝スタートなのもプラス材料ではないか。
ジーワンタイトルを手にしたサンライズノヴァだが、今回は良馬場でのレースになりそうなので狙いにくい。
あとはタイムフライヤー、ドリームキラリ、デュープロセスあたりか。
グルーヴィットはまたダートに戻るがイマイチ信用できる馬ではない。
はまれば怖いのはカフジテイクだが、今回のメンバーならドリームキラリの単騎逃げでレースが進みそうで、そこまで差しが決まるほどのハイペースになるとは考えにくい。それでも前走は34秒1の上がりを使ったように、末脚は健在か。一応押さえておく。

◎エアアルマス 5
○タイムフライヤー 9
▲カフジテイク 11
△ドリームキラリ 8
△デュープロセス 3
ワイド各100円 5-9 5-11 5-8 3-5
自信度★★★☆☆


今になってみれば、今年のペガサスJSはかなりレベルが高かったように思う。2着のシングンマイケルが障害重賞を連勝したのだから、それと差のない3、4着のディライトフル、ミヤジタイガはここで狙えるだろう。
ルペールノエル、マイネルフィエスタは落ち目で、シゲルロウニンアジ、トラキアンコード、ブレイクスピアーを押さえる。

◎ミヤジタイガ 13
○ディライトフル 3
▲シゲルロウニンアジ 2
△トラキアンコード 9
△ブレイクスピアー 7
ワイド各100円 3-13 2-13 9-13 7-13
自信度★★☆☆☆


クロノジェネシスとラヴズオンリーユーの3歳馬2頭が強そうで、古馬の期待できる馬が少ない。残る3歳馬のシャドウディーヴァも押さえておくほうが良さそうか。
クロコスミアは乗り替わり、ラッキーライラックやフロンテアクイーンは距離が長く、スカーレットカラーも距離が延びていいのか分からない。
距離は大丈夫そうなウラヌスチャームは押さえておきたい。
連勝中のポンデザールは前走ハンデ50キロで勝っただけだと思うし、本当に強ければサンデーレーシング、堀厩舎が藤岡康太を乗せはしないだろう。

1枠1番ブライトムーン福永56
1枠2番ラッキーライラックスミヨン56
2枠3番シャドウディーヴァ松山54
2枠4番ウラヌスチャームマーフィー56
3枠5番ポンデザール藤岡康56
3枠6番クロコスミア藤岡佑56
4枠7番レイホーロマンス岩崎56
4枠8番クロノジェネシス北村友54
5枠9番アルメリアブルーム56
5枠10番フロンテアクイーン津村56
6枠11番ラヴズオンリーユーデムーロ54
6枠12番センテリュオルメール56
7枠13番サトノガーネット坂井56
7枠14番ゴージャスランチ56
7枠15番ミスマンマミーア浜中56
8枠16番スカーレットカラー岩田康56
8枠17番サラキア川田56
8枠18番レッドランディーニ池添56
posted by ナイト at 21:34| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください