2019年11月10日

エリザベス女王杯、福島記念、デイリー杯2歳S、武蔵野S、京都JS結果

内をスルスルと抜けてきたのはラッキーライラック。不安だった2200mの距離も問題なしに、スミヨンが見事な手綱さばきで勝利に導いた。3コーナーでは外に出そうとしていたのに、坂を下り終わって直線に向いて一斉に全馬が外に開くポイントで、なぜかスミヨンだけは全く外に膨れずに最内に切れ込んだ騎乗は凄かった。去年はアーモンドアイに苦しめられたが、阪神JF以来のG1制覇を決めた。しかも、スローペースとはいえ直線に向いて前が開いてから強烈な瞬発力を見せ、上がりは32秒8と、これまでと違った強さを見せての勝利だった。
2着には今年も展開に大きく恵まれたクロコスミア。3年連続の2着になった。
3着に休み明けのラヴズオンリーユー。無敗の連勝こそ止まったが、休み明けで3着なら十分力は発揮しただろう。
4着にセンテリュオ。向こう正面で早めに前に取り付いて、前残りの展開を味方につけたのは、さすがルメールの判断だった。
クロノジェネシスは不安だった折り合いを欠いてしまい、直線では伸びきれなかった。
もしかするとハナを奪うかと思っていたサラキアは、おとなしく控える競馬で6着。クロコスミアの逃げがかなりスローだったので、ハナを奪ってしまえば面白かったのではないか。
今日は前に付けたスカーレットカラーは伸びきれず7着。最近結果を出していたような、後ろから末脚に懸ける競馬が合っているのだろうか。それとも単に距離が長かったか。ただどちらにしても、枠が外で距離のロスが大きかったし、プラス14キロの馬体重で万全の仕上がりとは言えなかっただろうから、完全な力負けではない。

1枠2番ラッキーライラックスミヨン56
2:14.1
3枠6番クロコスミア藤岡佑56
2:14.3
6枠11番ラヴズオンリーユーデムーロ54
2:14.3
6枠12番センテリュオルメール56
2:14.4
4枠8番クロノジェネシス北村友54
2:14.4
8枠17番サラキア川田56
2:14.5
8枠16番スカーレットカラー岩田康56
2:14.7
5枠9番アルメリアブルーム56
2:14.8
7枠13番サトノガーネット坂井56
2:14.9
5枠10番フロンテアクイーン津村56
2:14.9
2枠4番ウラヌスチャームマーフィー56
2:15.1
7枠14番ゴージャスランチ56
2:15.3
4枠7番レイホーロマンス岩崎56
2:15.5
8枠18番レッドランディーニ池添56
2:15.5
2枠3番シャドウディーヴァ松山54
2:15.5
3枠5番ポンデザール藤岡康56
2:15.8
7枠15番ミスマンマミーア浜中56
2:16.0
1枠1番ブライトムーン福永56
2:16.2

結果:-600円


福島民報杯、七夕賞と同じように前が飛ばしてやりあう展開になってしまったので、結局その時と同じようなメンバーが上位に来ただけの結果となった。
その中でも、今回はハンデ55キロと他の馬に比べて楽だったクレッシェンドラヴが差し切った。
2着にはステイフーリッシュ。先行争いに無理には加わらず中団待機のレースだったが、最後までしぶとく伸びて、またしても抜群の安定感で勝ちはしないものの馬券には絡んで見せた。
ハンデ58.5キロのミッキースワローは3着。さらに福島民報杯を勝ったレッドローゼスが5着だった。
そんな中、唯一前で残ったのはウインイクシード。前走レースの上がりが37秒5というタフなレースを勝ったように、上がりのかかるレース展開は向いているのだろう。そして昔4馬身差で楽勝していた福島2000mの舞台も合っていたのかもしれない。

1着:クレッシェンドラヴ
2着:ステイフーリッシュ ▲
3着:ミッキースワロー
4着:ウインイクシード
5着:レッドローゼス
結果:-400円


人気のサクセッションが京都外回りの3コーナーの坂の下りから仕掛けるという攻めた騎乗に出たが、失敗。直線では力尽きる。
それに反応せざるを得なかった、前にいたペールエールも置いて行かれないようにペースを上げる形になり、3着に粘るのが精一杯。
そうして人気の2頭が脱落したところを、内から鋭い末脚で差し切ったのがレッドベルジュール。京都外回りはやはり騎手が大事と改めて教えられた気がする。乗り慣れていないマーフィーが仕掛けを失敗した一方で、菊花賞も制したように庭とも言える京都で武が見事にイン突きを決めた。
2着には同じようにイン突きを狙ったウイングレイテスト。最内は武に確保されたが、3コーナーで仕掛けて先頭に立ったサクセッションが失速する外から抜けてきた。マーフィーが加速しながら坂を下ったおかげで、外に膨らむように直線に向いたおかげで、外にいたデムーロのペールエールもある程度外に膨らみ、その間にかなりスペースができ、イン突きのしやすい展開になってくれた。

1枠1番レッドベルジュール55
1:34.5
8枠10番ウイングレイテスト松岡55
1:34.7
3枠3番ペールエールデムーロ55
1:34.8
6枠7番トリプルエース和田55
1:34.9
7枠8番ライティア北村友54
1:35.0
4枠4番サクセッションマーフィー55
1:35.2
5枠5番アジャストザルート池添55
1:35.3
2枠2番コルテジア松山55
1:35.5
6枠6番インザムード田中健55
1:35.8
7枠9番エキサイター吉村55
1:36.5
8枠11番アサケエース藤岡康55
1:37.2

結果:-300円


心配していたことがその通りになってしまった。エアアルマスが砂を被ってやる気をなくし、全く走らず。砂を被らないように逃げの構えを見せたが、競り合ってハナを譲って後ろに下がったところで砂を被り、そこからは後退する一方だった。直線に向いて大外に持ち出してからは少しずつ伸びて11着だったので、能力が全く劣るわけではないだろうから、外枠で狙うしかないのか。
勝ったのはワンダーリーデル。アハルテケSを勝っているし、フェブラリーSも9着だったので、ここでも通用するだけの力があって何もおかしくないはず。9番人気とどうして低評価だったのか。
2着のタイムフライヤーも8番人気。前走シリウスSが6着と人気を裏切って評価を下げていたが、レース後に距離が長いと言われていたので、距離短縮がプラスだったということだろう。ホープフルSを制したG1馬ということもあり、マイルは短いと思っていたが、前走後のコメントの通りにマイルくらいが良かったようだ。
3着のダノンフェイスは13番人気。展開が向いたこともあるが、前走はエアアルマスより1キロ重い斤量で0秒2差と、調子を上げてきていたことを考えると軽視しすぎたか。得意の東京に変わり、鞍上はダートの差しの印象が強い大野への乗り替わり。そして、今まで勝ちのなかったマイルを3年ぶりに使ってきたが、年を重ねて1400mよりマイルがベストの距離になっていたのかもしれない。
ただ差し決着になったとはいえ、4着のダンツゴウユウは16番人気は理解できない。
サンライズノヴァはまさかの先行策で5着に粘った。ここでは明らかに実力上位だったが、59キロの分の敗戦と見ていいだろう。
3歳馬デュープロセスは7着で、古馬相手には力不足。グルーヴィットも10着で、ダートで古馬相手に通用するレベルではなかった。
差しが決まる展開だったのでカフジテイクが来てもおかしくないように思えたが、直線に入ったところでクビを上げるような仕草をしておりなかなかエンジンがかからず8着。砂を被ってやる気をなくしたのか、左回りのコーナリングが苦手だったのかは分からないが、道中は勝ち馬と並んでいながら、直線に向いたところであっという間に置いていかれてしまった。

1着:ワンダーリーデル 
2着:タイムフライヤー 〇
3着:ダノンフェイス
4着:ダンツゴウユウ
5着:サンライズノヴァ
結果:-400円


ディライトフルの一人旅。1年の休養明けだったペガサスJSでは3着だったが、それ以外の障害は4戦すべて勝っており、これは年末の中山大障害でも大きな期待ができそう。今回も5馬身差と楽勝だった。
2、3着にはゴール前に追い込んだルペールノエルとトラキアンコード。ルペールノエルは衰えて終わってしまったかと思っていたが、1年半ぶりに馬券に絡むレースを見せた。相変わらず飛越では前に出るような上手さはないが、今回は久々に持ち味の末脚を見ることができた。
3着のトラキアンコードも同じように追い込んだが、実質直線だけのレースだった。安定して入着するタイプだが、障害では前に行けないとなかなか勝ちにはつながらない。
ミヤジタイガは3番手でレースを進め、向こう正面からいい手ごたえで上がっていったものの、3コーナーで外に膨れてしまい、その後の障害を内に切れ込みながらの飛越したことでバランスを崩してしまった。鞍上が下手だったようにも見えるのだが、この障害のせいで失速し、立て直せないまま最後の直線では後続に一気に捕まってしまった。去年2着に来ている3170mのレースなので距離は大丈夫だったはずだが、最後に飛越の差が出てしまった。

1着:ディライトフル 〇
2着:ルペールノエル
3着:トラキアンコード △
4着:ミヤジタイガ ◎
5着:メイショウオトコギ
結果:-400円


日本馬2頭が挑戦したオーストラリアのG1、マッキノンS。先行したクルーガー、後方から追い込んだスズカデヴィアスともに結果を残せず、8着と7着に敗れた。
勝ったのはマジックワンド。中9日でメルボルンCに出た後に、中3日で出走という、タフなローテーションをものともせずに、オーストラリア遠征の成果を出して見せた。
posted by ナイト at 16:41| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください