2019年12月30日

ホープフルS、東京大賞典、兵庫GT結果

コントレイルはかかり気味な前半だったが、折り合いが付いてからは文句なしに強かった。1馬身半差だが持ったままの楽勝。レコード決着の前走に続いては時計のかかる中山でも勝って、来年がかなり楽しみになる内容だった。
2着にはヴェルトライゼンデ。ここまでの勝ち方は地味だったが、中山ならば先行力があるだけて押さえておくべきだった。
逆に後ろからの競馬で届かず3着だったワーケアは東京向きと見るべきだろう。
ラインベックはアパパネの仔で期待されたが4着。前走は東京でキレ負けし、今回は中山で先行してもこの結果だったので、力不足なのだろう。
札幌2歳Sの覇者ブラックホールは9着。内枠から先行して良い形でレースができたように見えたがこの結果なので、先行する競馬は合わないということか。ただ、時計のかかる馬場でしかまだ結果が出ておらず、それでいて差す競馬しかできないとなれば、今後の好走条件がかなり限られそう。

2枠2番コントレイル福永55
2:01.4
4枠5番ヴェルトライゼンデマーフィー55
2:01.6
5枠7番ワーケアルメール55
2:01.9
8枠13番ラインベック岩田康55
2:02.2
7枠11番オーソリティ池添55
2:02.2
6枠9番パンサラッサ坂井55
2:02.7
3枠3番ブルーミングスカイ田辺55
2:02.8
7枠10番ディアセオリー三浦55
2:02.9
1枠1番ブラックホール石川55
2:03.3
8枠12番ラグビーボーイ北村宏55
2:03.7
4枠4番ガロアクリーク野中 丸山55
2:04.0
5枠6番ナリノモンターニュデムーロ55
2:04.9
6枠8番クリノブレーヴ斎藤55
2:05.7

結果:ワイド170円的中 -330円


ゴールドドリームの外枠という不安がモロに出てしまった。ポジションを取りに外から出して行ったことで、1コーナーで先行馬が殺到。アポロテネシーが内から逃げて、ケイティブレイブとゴールドドリームがそれを追って行ったことで先行馬に厳しい流れとなってしまった。
地方交流重賞で珍しく先行馬が崩れて差し決着となったレースを制したのはオメガパフューム。得意の大井2000mで、去年に続いての差し切り勝ちで東京大賞典連覇を達成した。時計の遅い地方のレース、そして直線の長い大井との相性の良さを今回も見せつけた。
さらに、内から追い込んだノンコノユメ、外から追い込んだモジアナフレイバーが2、3着に入り、差し有利の決着を印象付けた。2頭の差は内外のコーナーワークの差だろう。
ゴールドドリームは展開と枠に泣いて4着。2000mでも勝ってはいるが、それほどスタミナのあるタイプではないので今回は前半に脚を使いすぎた。
ケイティブレイブは8着。こちらはしぶとさのある馬なので多少のハイペースでもこなせるはずだが、早々に脱落。いわゆる、長期休み明けの前走を快勝した反動というやつだろうか。

6枠9番オメガパフュームデムーロ57
2:04.9
7枠10番ノンコノユメ真島大57
2:05.1
4枠5番モジアナフレイバー繁田57
2:05.5
8枠12番ゴールドドリームルメール57
2:05.6
8枠13番ロードゴラッソ川田57
2:06.2
5枠6番サノサマー勝浦57
2:06.7
6枠8番バルダッサーレ笹川57
2:07.3
2枠2番ケイティブレイブ御神本57
2:08.1
1枠1番アポロテネシー57
2:08.3
4枠4番サンドプラチナ石崎57
2:09.0
3枠3番ウマノジョー有年57
2:09.7
7枠11番ゴーディー安藤57
2:11.1
5枠7番ロンドンタウン岩田康57
2:12.3

結果:-500円


先行力が武器のノボバカラは、地元のリーディング吉村が騎乗するも痛恨の出遅れで4着。逆にスタートを決めたデュープロセスが逃げ切り勝ちで重賞タイトルを手に入れた。ここ最近は真剣に走っていなかったというコメントがあり、今回も力は上だが力を出し切るかが不安だったものの、しっかりと走り切った。
この2頭以外の中央馬は格下で、さらにハンデ戦ということもあり大敗。地方のイルティモーネが2着、サクラレグナムが3着に来た。人気薄だったが中央馬が売れすぎだっただけで、実力的にそこまで劣る2頭ではない。それにしても、兵庫のリーディングでもないのに、どうして下原はこうも地方交流重賞で活躍するのだろうか。
あとは地方の筆頭格ラブバレットだが、まさかの最下位。岩手の薬物問題に振り回され、中央、川崎と転厩しているせいで調整がちゃんとできていないのかもしれない。

1着:デュープロセス ○
2着:イルティモーネ
3着:サクラレグナム
4着:ノボバカラ ◎
5着:ブラゾンドゥリス
結果:-400円
posted by ナイト at 22:58| Comment(0) | 2019年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください