2020年02月08日

きさらぎ賞、東京新聞杯、佐賀記念、WIN5予想

京都は先週ほどではないが、今週も外差しは決まる馬場と見ていいだろう。大外のディープインパクト産駒、アルジャンナを本命にする。
相手は3頭。
新馬は直線で前が詰まっても勝ったトゥルーヴィル。
オルフェーヴル産駒で500キロを超える馬体のギベルティは中山から京都に変わるのがプラスとは思えない。ただ、先週よりは前が残る馬場なので、展開がハマった時に前で残るチャンスを考えるならこの馬。
前走33秒1の強烈な上がりで差し切ったストーンリッジは、毎年ディープインパクトとの仔が生まれて注目される血統だが、鞍上シュタルケが不安。
朝日杯FSは追い込み有利の展開だったので、展開がハマって3着だったグランレイは捨てる。
サトノゴールドは久々だし、前走重賞2着にも関わらず武が乗らないのは不安。そして外差しは決まると言っても、今週の京都は時計が早くなっているのでこの馬には不安。

◎アルジャンナ 8
○ストーンリッジ 7
▲ギベルディ 4
△トゥルーヴィル 3
ワイド各100円 7-8 4-8 3-8 3-7
自信度★★☆☆☆


最近の不調は気になるが、東京マイルならプリモシーンの末脚を信頼したいが56キロを背負うのは少し不安。
もう1頭、東京マイルと言えばこの血統、レッドヴェイロンは勝ち切れるかどうか。
他には、連勝中の勢いでヴァンドギャルド。この3頭が中心と見ている。
レイエンダはマイルは少し短いものの最近はマイルばかり使われている。このメンバーならとも思ったが、これまでの外国人騎手起用から今回は鞍上丸山なので捨てる。
サトノアーサーは故障明け3走目。こちらも同じようにベストはエプソムCを勝ったように1800mだろう。調子が上がっていればいいがここでもチャンスはありそうだが、池江厩舎が鞍上田辺というのもあまり期待されているように感じない。
気になるのはシャドウディーヴァ。もともと東京で結果を残していた馬だが、今回は初のマイル。こちらも前走1800mで勝っているように、距離が短いのかもしれないが、初のマイル戦なのでもしかしたらの期待をしておく。前走は中山で牡馬相手に勝ったのなら、東京なら少し短いマイル戦でも通用しておかしくない。
他に穴はNHKマイルC2着でこのコース実績があるケイデンスコール。前走のキャピタルSは不良馬場だったので度外視していい。
逆に、2年前のNHKマイルCの覇者ケイアイノーテックは58キロなので捨てる。キャピタルSの覇者ドーヴァーも大外枠なので捨てる。
クリノガウディーは去年の夏から、マイル戦でまずまずの成績を残してきた。ただイメージとしては、そこまで切れる脚を使えるわけではなく、時計少しかかる馬場でしぶとく脚を伸ばすタイプだと思っているので、良馬場の東京マイルでは少し不安。

◎ヴァンドギャルド 2
○レッドヴェイロン 9
▲プリモシーン 1
△シャドウディーヴァ 12
△ケイデンスコール 7
ワイド各100円 2-9 1-2 2-12 2-7 1-12
自信度★★★☆☆


中央馬5頭がどれも微妙な馬だが、かといって地方馬も佐賀のトップレベルでは通用しないだろう。中央から移籍し去年このレース4着だったグレイトパールが今年はどこまでやれるか。前走は馬体重プラス38キロだったので度外視。
中央馬では、ラインカリーナは今回は単騎逃げができそう。展開を考えると捨てられない。
ロードゴラッソは実績上位だが地方ではあまりいい結果が残せていない。ただそれでも地方交流重賞に使い続けてくるからには、勝算があって使ってきているはず。アルデバランSを同じロードのロードレガリスで勝ったため、こちらは使い分けという印象があるものの、鞍上川田起用でしかもこのメンバー相手なら通用するだろう。
反対にノーヴァレンダは全日本2歳優駿を勝ち、白山大賞典ではグリムと僅差の3着。地方でこそ信頼できる馬。ただ鞍上シュタルケは中央でも信頼できないのに地方で信頼できるわけがない。
白山大賞典ではノーヴァレンダに敗れたテルペリオン。白山大賞典とは斤量差が1キロ縮まるのでチャンスもあるだろうか。ただ名古屋大賞典、白山大賞典とも結果が残せていないので小回りの地方は不安。
連勝中のナムラカメタローは初の長距離輸送が不安。美浦から佐賀への遠征で結果を残せるかどうか。

◎ロードゴラッソ 3
○ノーヴァレンダ 8
▲ラインカリーナ 5
△ナムラカメタロー 10
ワイド各100円 3-8 3-5 3-10 5-8
自信度★★☆☆☆


2020年2月9日WIN5予想
1レース目:7、11、13
2レース目:、2、12
3レース目:2、7、11、12、13
4レース目:8
5レース目:、2
計90点

結果:4レース的中
1.5倍をあっさり飛ばされたらどうしょうもない。ボケっと構えて勝つ気がないような川田の騎乗だったのでなおさら腹が立つ。
posted by ナイト at 20:36| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください