2020年02月16日

きさらぎ賞、東京新聞杯、佐賀記念結果

勝ったのはシンザン記念3着のコルテジア。未勝利勝ちの1800mに戻ったことがプラスだったかもしれないが、それでもこの馬が勝ったようではレースのレベルの低さを感じる結果となった。
人気のアルジャンナは追い込み届かず3着。東スポ杯2歳Sも末脚の切れで劣って大きく離れた2着だった印象なので、今回のようにスローペースの中、中団でじっくり構えるレースはこの馬に向いていなかったのではないか。正直、川田の乗り方は勝つ気がなかったかのようにすら見えた。直線半ばでは全くダメかと思ったが、ゴール前は外から強襲したものの届かなかった。こういったレース内容と、新馬を楽勝したのが2000mだったことから、距離が延びるのはよさそうでクラシックでは上位2頭より期待できると思っている。
朝日杯FSで3着だったグランレイは最下位。1800mがダメと言うよりは、折り合いが全く付かなかったのが敗因か。ただ、折り合いがついても重賞で勝ち負けできる力は無いだと思っている。

1着:コルテジア
2着:ストーンリッジ 〇
3着:アルジャンナ ◎
4着:ギベルディ ▲
5着:トゥルーヴィル △
結果:ワイド250円的中 -150円


得意の東京マイルで差し切り勝ちを決めたプリモシーン。昨年秋の不調から脱出して、見事に重賞3勝目を決めた。牝馬で56キロを背負って勝つのだから、ここでは力が圧倒的に上だったと思う。
2着には初のマイルだったシャドウディーヴァ。中団待機から33秒3の末脚を見せ、今後の選択肢が広がったのではないか。同じハーツクライ産駒のリスグラシューのように、晩成型の活躍を期待できるだろうか。去年、オークス、エリザベス女王杯でいまひとつ活躍できなかったので、距離短縮のマイルこそが今は活躍できる舞台かもしれない。
1、2着が牝馬だったこともあり、ここにいた牡馬はレベルが低かったと言えるだろう。3着のクリノガウディーは内に入れての先行策で朝日杯FSで2着に来た時のような競馬をできたものの、結果につながらなかったので、このあたりが力の限界のような気もする。
前残りの展開だったとはいえ、オーストラリア帰りのクルーガーが5着というのはよく頑張ったと敬意を表したい。
1番人気のレッドヴェイロンは中団からの競馬で、33秒5の上がりでも全く前には届かず9着。展開に泣いたところはあるが、中間にアクシデントがあったらしいので、順調ではなかったのかもしれない。
2番人気のヴァンドギャルドはスタートで出遅れて6着。内の先行馬が上位に来ていることもあるので、スタートが決まっていれば勝ち負けだっただろうから次もまた狙いたい。

1着:プリモシーン ▲
2着:シャドウディーヴァ △
3着:クリノガウディー
4着:サトノアーサー
5着:クルーガー
結果:ワイド1980円的中 +1480円


テルペリオンは早々に脱落。休み明けで馬体重プラス26キロでは仕上がっていなかったのだろう。
最後はナムラカメタローとロードゴラッソの叩き合いになり、制したのはナムラカメタロー。連勝の勢い止まらず、重賞初勝利となった。
ロードゴラッソは最近地方競馬を続けて使われてきたおかげか、地方交流重賞にも慣れてきたのではないか。クラスターCで物足りない競馬をしたころに比べると、レース内容は良くなっている。今回は内枠で閉じ込められて外に持ち出せず、結局砂の深い内を通らざるを得なくなった分の敗戦だったように思う。
3着に地方得意のノーヴァレンダ。単騎で逃げられたラインカリーナは失速して4着。牡馬相手の交流重賞では力不足だったか。

1着:ナムラカメタロー △
2着:ロードゴラッソ ◎
3着:ノーヴァレンダ 〇
4着:ラインカリーナ ▲
5着:テルペリオン
結果:ワイド420円的中 +20円
posted by ナイト at 22:19| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください