2020年03月04日

エンプレス杯予想

変わり映えのしない牝馬重賞だが、今回は初ダートのパッシングスルーの扱いに困るところ。
プリンシアコメータ、クレイジーアクセル、サルサディオーネ、ラインカリーナの先手争いが激しくなりそうで、総崩れがあるだろうか。それを見るように競馬できそうなアンデスクイーンは、大きく崩れてはいないが、勝ちが全て右回りというのは気にかかるところ。
穴は地方馬アッキー。去年の5着馬で、そこから勝ちはないものの牡馬とオープンクラスで渡りあっているのは評価できる。
枠の並びを見れば、クレイジーアクセルは内からハナを主張して逃げるだろう。外からサルサディオーネが逃げたいだろうし、鞍上が矢野なら多少強引にでも競りかけてくるのではないか。そうなれば、どちらにも厳しい展開となるし、あとはサルサディオーネの1つ内の枠にいるラインカリーナもスタート後に前に入られかねない。そこで、逃げ争う馬を見ながら好位に付けて競馬ができそうなプリンシアコメータを本命にする。

1枠1番サンルイビル藤本55
2枠2番クレイジーアクセル吉原55
3枠3番プリンシアコメータ岩田康56
4枠4番アッキー笹川55
4枠5番パッシングスルー森泰55
5枠6番ナムラメルシー御神本55
5枠7番アンデスクイーンルメール56
6枠8番ピアノイッチョウ本田正55
6枠9番シークレットアリア左海55
7枠10番ラインカリーナ武藤56
7枠11番サルサディオーネ矢野55
8枠12番トーセンガーネット的場文55
8枠13番グレートコマンダー町田55

ワイド各100円 3-7 3-10 3-4 4-7
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 10:14| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください