2020年05月17日

ヴィクトリアマイル、京王杯SC、京都HJ結果

直線でゴール前は手綱を緩めて1分30秒6。アーモンドアイは状態面だけが不安だったが問題はなかった。特に、直線に向いて持ったままであっという間にサウンドキアラを交わし去るシーンはこのレースのハイライトだったように思う。
2着のサウンドキアラ、3着のノームコアは、土曜に比べて外枠も来ていた今日の芝なら、外枠のこの2頭にチャンスがあった。ノームコアはいつもより少し前からレースをしたのは、横山典弘の好判断だった。去年のレコード決着の時は1000m通過が56秒1だったが、今年は56秒7だったので、前が残れる程度のハイペースだった。またこのタイム比較をしてみれば、去年よりも前半が落ち着いたのに32秒台の上がりでレコードタイムに迫ったアーモンドアイの強さが強調される。
ダノンファンタジーも好位から伸びてきたが5着で、これは上位勢とは単純に力の差が出てしまった。
後ろで脚を溜めたスカーレットカラーやプリモシーンには厳しい馬場だった。
気になったのは、これだけ前が残る展開で、逃げたトロワゼトワルが4着に粘ったにも関わらず、2番手追走からあっさり失速したコントラチェックをどう評価すればいいのか。右回りがいいタイプなのか、直線の短いコース向きなのか。どちらにしても今後東京では狙いにくくなった。
欲を言えば、内がそれほど有利なわけでもなく、雨が残らないこれだけ時計の早い馬場に回復していたのなら、シャドウディーヴァとラヴズオンリーユーは押さえる必要がなかった。このあたりはやはり前日予想が不利に働く。

6枠12番アーモンドアイルメール55
1:30.6
8枠18番サウンドキアラ松山55
1:31.3
8枠16番ノームコア横山典55
1:31.3
7枠13番トロワゼトワル三浦55
1:31.4
4枠7番ダノンファンタジー川田55
1:31.5
2枠4番シゲルピンクダイヤ和田55
1:31.6
1枠1番ラヴズオンリーユーデムーロ55
1:31.8
3枠5番プリモシーンレーン55
1:32.0
1枠2番ビーチサンバ福永55
1:32.0
2枠3番シャドウディーヴァ池添55
1:32.2
7枠15番アルーシャ北村宏55
1:32.3
3枠6番トーセンブレス大野 柴田善55
1:32.3
6枠11番サトノガーネット吉田豊55
1:32.4
8枠17番コントラチェック55
1:32.4
7枠14番スカーレットカラー石橋55
1:32.8
5枠10番メジェールスー岡田55
1:33.3
4枠8番ディメンシオン松田55
取消
5枠9番セラピア田辺55
取消

結果:ワイド920円的中 +220円


内の前残りが有利な馬場状態とはいえ、1200mで走ってきたダノンスマッシュが1400mでまさかの逃げ切り勝ち。折り合いさえつけば、距離が延びてもこなせるだけのスタミナも持ち合わせていることを証明した。とはいえ、前哨戦のダノンなのでここがピークだった可能性も否めない。これ以上の距離延長はさすがに少し不安がある。
2着にステルヴィオ。不安だった雨でも2着と好走し、地力が上なところを見せつけた。
逆に雨が不安だったタワーオブロンドンは直線で失速。前走に続いて、改めて雨では全くダメということなのだろうか。
3着にはグルーヴィット。内で脚を溜めても伸びきれず、かろうじての3着。左回りの雨と条件がそろっていても前には及ばず、実力の差が大きかった。
ただ、雨どうこうと一応は振り返ってみたが、時計はレコードに迫る1分19秒台。しかも上がり3ハロンが33秒1。こんな時計が稍重で出てしまうのだから、それほど馬場が悪かったわけではないはず。なので、タワーオブロンドンは単に調子が悪かったのだと思うし、ステルヴィオは良馬場に近い馬場状態だったので2着に突っ込んでこれたと考えるべきだろう。今回の結果を見て、ステルヴィオが雨もこなせたと考えるのは違うと思う。

8枠13番ダノンスマッシュレーン56
1:19.8
8枠12番ステルヴィオ川田57
1:20.0
2枠2番グルーヴィットデムーロ56
1:20.1
1枠1番ラヴィングアンサー吉田豊56
1:20.1
6枠9番セイウンコウセイ内田57
1:20.1
3枠3番ケイアイノーテック石橋57
1:20.3
5枠7番ストーミーシー田辺56
1:20.4
7枠10番タワーオブロンドンルメール58
1:20.4
7枠11番エントシャイデン松山56
1:20.4
6枠8番ショウナンライズ和田56
1:20.6
4枠5番レッドアンシェル福永56
1:20.6
5枠6番ライラックカラー56
1:20.7
4枠4番ドーヴァー三浦56
1:21.4

結果:ワイド680円的中 +380円


重馬場でタフなスタミナ比べのレース。しかも3930円という長距離レースで、このレース史上最遅のタイムでの決着となった。
勝ったのはスズカプレスト。3年前のこのレース3着馬が、長期休養を挟んで復活の初重賞制覇を決めた。中山大障害の出走経験もある馬なので、雨でタフなスタミナ比べのレースは向いていたのだろう。
2着にラテールプロミーズ。先行して最後までよく粘った。8か月ぶりのレースというのが不安だったが、状態は問題なかったようで、平地ではダートの長距離戦を使われていたようにこちらもスタミナのあるタイプの馬で、雨で渋った馬場は向いていたのだろう。
3着にタガノエスプレッソ。初の長距離障害戦で、スタミナの差が出てしまったか。上位2頭には最後は付いて行けなくなった。
マイネルレオーネは前走圧勝だったが、障害の2勝がともに福島、連対しているのが福島、中京、新潟だったことを考えれば、距離が延びて好勝負を期待できる馬ではなく、福島や中京、新潟のような置き障害しかないローカルコース向きの馬だった。ちゃんとレース前に戦績を見ておけば、気づけただけにもったいない。
ルペールノエルは道中後ろに下げて、そのまま伸びてこなかった。いつも以上に違和感のある飛越だったし、雨のせいで無理に勝負をさせなかったかのかもしれない。どちらにせよ力を出し切らずに終わったような気がする。ただ、だからと言って10歳馬に次を期待するのは酷な気がする。
1番人気のスプリングボックスが早々に落馬で競走中止。平地を叩いてここで勝負気配だっただけに、走り切っていればどれだけ通用したのか見てみたかった。あとは予想も当たっていたかもしれないのにと思ってしまうのが障害レースの難しいところ。

1枠1番スズカプレスト北沢60
4:43.9
8枠9番ラテールプロミーズ五十嵐60
4:44.2
3枠3番タガノエスプレッソ平沢60
4:45.2
6枠6番マイネルレオーネ上野60
4:46.5
5枠5番アスターブリザード植野59
4:46.6
4枠4番リングオブハピネス小坂58
4:47.4
2枠2番ルペールノエル高田60
4:49.0
7枠7番クリノライジン熊沢59
4:49.2
8枠10番シゲルスズキ佐久間60
5:06.8
7枠8番スプリングボックス森一60
中止

結果:-600円
posted by ナイト at 20:15| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください