2020年05月29日

葵S予想&ダービー予想2

1200mでオープン勝ちのあるアルムブラスト、エレナアヴァンディ、ケープコッド、ビアンフェ、マイネルグリット。この5頭に加えて、1200mは2戦2勝のデンタルバルーン、ビップウインク、ワンスカイの3頭。力関係が分からないだけに、予想が難しい。
アルムブラストは4か月ぶりのレース。この時期に怪我でもなくこんなに休むというのは、まだまだ身体が成長していないということではないか。初の関西遠征、鞍上丸山など不安要素も多いので捨てる。
新馬でアルムブラストに勝っているのはエレナアヴァンティ。ただ前走のマーガレットSがスローの逃げ切り、しかも雨も味方して前が残ったようなレースで、強さを感じなかった。
デンタルバルーンはデビューから2連勝だったが、首を上げたり尻尾を振ったりと、気の悪いところを見せ続けていて、前走は1400mで暴走して大失速。逃げ切るスピードはあるかもしれないが、最後まで真面目に走れば、という前提条件が付いてしまうので狙いにくい。
本命はビップウインク。前走は中山1200mの大外枠から完勝と強い競馬をした。今回も大外枠になってしまったが、もう一度を期待したい。
対抗にビアンフェ。550キロの超大型馬なだけに、平坦京都よりは坂のあるコースや洋芝のようなパワーのいる馬場が向きそうなところが不安。とはいっても、レコード決着の京王杯2歳Sで2着に来ているので、スピードで大きく劣るわけではないだろう。
マイネルグリットは重賞を勝っているので力はあるが、切れる脚よりはしぶとく脚を伸ばすタイプなのでこちらも馬場の助けが欲しいところ。
ケープコッドは京都も徐々に内が荒れてくるはずで最内枠が不安。また末脚の切れるタイプでもないので好位に付けられればいいが、ここ最近のように控える競馬なら差し届くか怪しい。
ワンスカイは前走は稍重で完勝。新馬はタイムが遅かったが良馬場で圧勝だったので、良馬場でどれだけ走るか見てみたい。
名前を挙げていなかったが、穴はグリンデルヴァルト。ここ2走の直線での末脚が強烈で、展開がハマればもしかするとゴール前で外から飛んでくるかもしれない。

◎ビップウインク 16
○ビアンフェ 12
▲ワンスカイ 5
☆グリンデルヴァルト 13
△マイネルグリット 4
△ケープコッド 1
ワイド各100円 12-16 5-16 13-16 4-16 1-16 5-13
自信度★★☆☆☆


ヴァルコス、ウインカーネリアンの2頭を穴で狙おうと思っていたら、見事に外の2つに入ってしまった。これでは狙えない。
かといって、内で狙える穴馬もいない。アルジャンナは少し考えたが、新馬の内容に比べてここ2走が物足りなく、状態が万全とは思えない。
あとは、ワーケア、ヴェルトライゼンデ、ダーリントンホール、ガロアクリークの中から、枠、距離、時計勝負と不安要素が多いガロアクリークを捨てる。ヴェルトライゼンデは距離が延びるのは良いとのことだし、ダーリントンホールは距離は分からないが跳びが大きく東京コースは合いそう。
サトノフラッグは外枠なので捨てるか迷ったが、弥生賞の強さを発揮できればチャンスはあると期待して一応押さえる。東京でレコード勝ちの実績があるのも怖い。
サトノインプレッサ、マイラプソディは武に捨てられた馬だし、レクセランスは北村友にすら捨てられた。このあたりは厳しいだろう。
前哨戦を勝っているビターエンダー、ディープボンドの2頭は、皐月賞ですでに勝負付けは済んでいると思う。強いて言えば、枠もいいので東京が得意のビターエンダー。

1枠1番サトノインプレッサ坂井57
1枠2番アルジャンナ浜中57
2枠3番ワーケアルメール57
2枠4番レクセランス石橋57
3枠5番コントレイル福永57
3枠6番ヴェルトライゼンデ池添57
4枠7番ブラックホール石川57
4枠8番ビターエンダー津村57
5枠9番ダーリントンホールデムーロ57
5枠10番コルテジア松山57
6枠11番ガロアクリーク川田57
6枠12番サリオスレーン57
7枠13番ディープボンド和田57
7枠14番マイラプソディ横山典57
7枠15番サトノフラッグ57
8枠16番マンオブスピリット北村友57
8枠17番ヴァルコス三浦57
8枠18番ウインカーネリアン田辺57
posted by ナイト at 20:53| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください