2020年07月06日

ジャパンダートダービー予想1

カフェファラオとバーナードループの再戦。この2頭に続くのがミヤジコクオウ、ダイメイコリーダ、ダノンファラオか。
ダイメイコリーダは前走ハイペースで2着に粘ったので、ミヤジコクオウに敗れたものの結果以上に評価できる内容だったと思う。ただカフェファラオがいればユニコーンS同様に前に行く馬が潰される可能性があるので、展開は向かなさそう。前が潰れたところを差してこれるミヤジコクオウのほうが今回も有利と見る。
キタノオクトパスは2勝が1700mと1600mだったのに対して、1800mは3連敗。大井2000mがプラスに働くとは思えない。
正直、フルフラットがここに出てきたのは予想外。マテラスカイ、モズスーパーフレアを輩出しているスパイツタウンの仔で2000mのジーワンに挑戦してくるというのは、勝算があるようには思えない。それでも武を起用してまでここに出てくる狙いは何なのか。

1枠1番エメリミット山口達56
2枠2番カフェファラオレーン56
3枠3番バーナードループルメール56
4枠4番ゴールドボンバー矢野56
4枠5番フルフラット56
5枠6番リコーシーウルフ藤田凌56
5枠7番ブラヴール本橋56
6枠8番ガミラスジャクソン鴨宮56
6枠9番ダノンファラオ坂井56×
7枠10番キタノオクトパス田辺56
7枠11番ミヤジコクオウ56
8枠12番ダイメイコリーダ池添56
8枠13番コージーサンラッド本田正56

posted by ナイト at 20:21| Comment(0) | 2020年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください